くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

パクチーは美肌や加齢臭改善、アンチエイジング、デトックスの効能が

パクチーのサラダ
最近テレビでも話題のパクチーは、一年草のせり科のハーブです。
「パクチー」はタイでの言い方で、英語では「コリンアンダー」、ベトナムでは「ザウムイ」、中南米では「ラントロ」、中国では「香菜」(=シャンツァイ)と呼ばれています。
その独特な香りから好き嫌いが分かれがちなパクチーですが、世界で食されている香辛野菜で栄養価が高くて注目を浴びています。

スポンサーリンク

パクチーの効能は?話題なのはどうして?

パクチーは独特な香りがあります。この香りが好きという人と苦手っていう人に大きく別れるみたいです。

この香りによって胃腸を整えたり、消化促進、体内のガス発生の抑止、食欲増進といった消化器系に効果が得られます。

暑い国で非常に好まれて使われていることからも食欲増進への効果は保証つきと言ってもいいでしょう。
夏バテなどで食欲が無いという時には摂取すると良いですよ。

この他の効能としては、二日酔いの防止や炎症を抑え関節痛やのどの痛みへの鎮静効果、偏頭痛の緩和、といったことが期待できます。

パクチーの葉にはβカロテンが豊富に含まれていて抗酸化作用(防腐効果)があり、がん予防や肝機能を回復させたり、アンチエイジングにも効果を発揮するのです。

パクチーはビタミンA、B2、C、Eといったビタミン類を筆頭にカルシウム、鉄分を多く含み、デトックスや美肌効果があります

このようにパクチーは多くの栄養素を含んだ食材なので、注目を集めています。

香辛料としての摂取ではありませんが、パクチーの汁で口をゆすぐことで、免疫力の低下によって発症する口内炎の症状の緩和が見込めます。

この他にも消臭効果で加齢臭の予防・改善などの効能もあります。

そして、今注目を集めている理由のは、内部被曝した放射性物質を体の外へ排出してくれる効能があるようです。3・11での東京電力福島第一原子力発電所の事故以来この放射性物質の排出効果がとても注目を浴びています。

スポンサーリンク

パクチーのデットクス効果で美肌になろう!

先述したとおり、パクチーにはデットクス効果があります。

その抜群のデトックス効果に最近注目が集まっています。

私たちは、普通に生活している中で、知らず知らずの内に体内に鉛や水銀、アルミニウムなどの有害ミネラルや重金属と呼ばれる成分を溜め込んでしまっています。

これらの成分が溜まっていくことで、角質代謝が悪化し、吹き出物やクマ、くすみなどが出やすくなります。

パクチーに豊富に含まれるビタミン類が、脳や脊髄といった体内に蓄積していった有害ミネラルや重金属を細胞から離れさせ、排出する作用があります。

重金属の堆積は体内の酵素の働きを阻害し、体内に活性酸素が発生します。過度に活性酸素が発生すると血管や細胞を傷付け、老化が進んでしまいます。

この活性酸素の発生の抑止、抗酸化作用がすぐれているのが断トツでパクチー、ということが最近判明しました。

さらに腸内ガスの排出を促し、便通を良くする働きがあるので、美肌作りには大変優れた食材です。

せっかく美肌になれることがわかったならば、より効果的にパクチーを摂取したいですよね?

効果的に有害ミネラルや重金属を排出するためには、含硫成分を含む食品と一緒に食べるのがいいようです。

含硫成分とは、ネギやニラ、ラッキョウなどのネギ属野菜類に共通する独特な臭い成分、アリシンやアリイン、アホエンのことです。

つまり、体内からきれいになるデトックス効果や美肌効果を望むなら、ネギやタマネギなどと一緒に食べるのが効果的なおすすめなパクチーの食べ方です。

臭みをお互いに打ち消し合うので、パクチーの独特な香りが苦手な人にとっても食べやすくなります。これで、これからは無理なくパクチーを普段の食事で取れそうですね。

パクチーハウスというパクチー専門店が東京、神奈川(横浜)、大阪、名古屋などの都会で流行っているようなので、どのような下ごしらえをして、どのような調理方法で食べるのかを一度食べに行くのも良いと思います。

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ ,

  関連記事

アスパラガス
アスパラガスのカロリーや栄養や成分・効能は?食べ過ぎは?臭くなる?

茹でたり炒めたりして美味しいアスパラガス、身体にいいといわれているけど、どんな栄 …

山くらげ
山くらげとは何?栄養やカロリー、特徴や効果や効能!戻し方や食べ方!

漬物や煮物といった総菜でみる「山くらげ」とは、どんな食材かご存知ですか? コリコ …

ニンジン
にんじんの保存方法は常温?冷蔵?冷凍?葉は?期間や保存食をご紹介

栄養満点で、いろんな料理に大活躍のにんじんですが、冷蔵庫に入れておいたら、いつの …

ごま
ごまの種類や栄養やカロリー、効果は?妊婦さんには?食べ合わせは?

ごまは、遠い昔から日本人には馴染みのある食品です。 おかずなどにぱらぱら振り掛け …

にんにく
にんにくの食べ過ぎの症状下痢、腹痛、貧血、臭いおならの対処方法は?

「にんにくを食べるとスタミナがつく」とはよく言われていること。 確かに、にんにく …

ウィートグラス
ウィートグラスパウダーの効果は?飲み方やどれくらいの量を飲むの?

ウィートグラスパウダーはご存知ですか? ウィートグラスパウダーは海外で、 地球で …

サッパ
サッパ(ママカリ)の食べ方!釣り方やおろし方、料理方法は?

「サッパ(ママカリ)」の食べ方というと、 甘酢漬けでいただく事を思い浮かべますが …

牡蠣貝
牡蠣の食べ過ぎ?適量は?病気や下痢や腹痛などの症状は?アレルギーは?

”海のミルク”とされ栄養価の高い「牡蠣」 好みはありますが、好きな方ならオイスタ …

ニラ
ニラの栄養やカロリー・効能は?加熱すると変わる?おすすめの食べ方!

寒くなってくると美味しくなるのが鍋料理ですね。 色んな鍋料理がありますが、 ニラ …

さくらんぼ
さくらんぼアレルギーの原因や対処法・症状!喉のかゆみや腹痛も!

山形県が生産量日本一で国内の70%以上ものシェアを誇る「さくらんぼ」。 佐藤錦な …