くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

陽春の候の時候の挨拶はいつ使う?意味や読み方!入学祝いの例文

桜
出会いと別れが多い春には、
挨拶状などのお手紙をお送りする機会も多いと思います。

そんな春には新たな門出の報告や祝福をしたり、
相手に環境の変化があったならばその緊張を和らげたりするようなお手紙を送りたいですね。

そんなお手紙を彩る時候の挨拶から、
今回は「陽春の候」ついて解説していきます。

スポンサーリンク

「陽春の候」はいつからいつまで使う時候の挨拶?

時候の挨拶とは、“拝啓”などの頭語に続く礼儀文です。
季節感を表し、季節に応じた心情を表現します。

「陽春」とは、“春の盛り”を意味します。

陽春には陰暦を正月という意味もありますが、
時候の挨拶とはその頃の実際の季節感を表現し、
挨拶とするものなので、「春の盛り」という意味合いで用いる方が適切でしょう。

現在、春とは一般的に3月~5月です。

ですから、「春の盛り」と言えば、春の真ん中である4月頃を指すと考えると分かりやすいと思います。

ですが、「陽春」という字からが感じられるとおり、4月でも陽気が感じられないようであれば使うのは不自然です。

「陽春の候」とは春の陽気が感じられる4月上旬から4月いっぱいの時期でしょう。

3月の上旬、中旬、下旬の時候の挨拶 ビジネスや学校、PTA、お礼状、招待状での使い方は?

4月の上旬、中旬、下旬の時候の挨拶 ビジネスやお礼状、招待状での使い方は?

地方によってもその季節感は違います。
相手の住まいの季節感に合わせて使いましょう

スポンサーリンク

「陽春の候」の意味と読み方

春の時候の挨拶のひとつ「陽春の候」は「ようしゅんのこう」と読みます。

「陽春」とは、字のごとく“陽気の満ちた暖かい春”“春の盛り”という意味です。
そして「候」とは、季節や時季を表しています。
ですから「陽春の候」と言うと、「暖かい春の陽気が満ちた季節になりました。」という挨拶になるのです。

「陽春」だけで言えば、陰暦のお正月である1月という意味もあります。
ですが、時候の挨拶として季節感を表現し心情を込めるとすれば、「陽春」は「春の盛り」という意味だと考えるが妥当でしょう。

余談ですが、「陽春の候」と似たものに「春陽の候」があります。
「春陽の候」は「春の日差しを感じられる頃」という意味です。

つまり、陽春の春の盛りより以前の時季を指しています。
非常に似た「陽春の候」と「春陽の候」。
使い分けに注意してくださいね!

「陽春の候」の季節の挨拶を使った入学祝いの例文

「陽春の候」を使用した具体的なお手紙の例文を紹介しましょう。
今回は、ぽかぽか陽気を表す「陽春の候」ということで、入学祝いのお手紙を例に挙げます。

————————————
拝啓 陽春の候、皆々様にはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

 さて、ご令息太郎君も小学校ご入学ですね。
ついこの間お誕生だと思っておりましたのに、すくすくとご成長する姿にお二人もお喜びのご様子が目に浮かぶようです。
誠におめでとうございます。

 つきましてはご入学のお祝いに、まことに僅少で恐縮なのですが、図書券を同封させていただきました。
何もかもお揃いのお宅様のことと存じますが、お役に立てて頂ければ幸いです。

まずは取り急ぎお祝いまで。
                               敬具

●月●日
○○○○(署名)
■■■■様(宛て名)

追伸 ぴかぴかのランドセルを背負った太郎君のお姿を拝見に、近々お邪魔させていただきます。

———————————–

いかがでしょうか?

今回、結びの文を「まずは取り急ぎお祝いまで。」としましたが、先の時候の挨拶「陽春の候」と合わせて「春爛漫の今日この頃、どうぞご家族皆様お健やかにお過ごしください。」などとするのも良いですね。

入学祝いのお手紙には「陽春の候」という時候の挨拶は、明るい雰囲気と希望に溢れた感じがぴったりですね。

入学式の時期には、桜もまだ咲いていない地域もあります。
そのような地域にお手紙送る際には、違う時候の挨拶を選ぶよう注意した方がいいかもしれません。

春暖の候はいつ頃使う時候の挨拶?意味や読み方は?例文を紹介!

スポンサーリンク

 - 季節 , , ,

  関連記事

紅葉
深秋の候の時期はいつからいつまで?晩秋の候との違いは?例文を紹介!

季節を表現した時候の挨拶ですが、実際に生活をする上での暦とは季節にずれがあるよう …

色づき始めた紅葉
立冬とはいつ?何を食べる?

目次1 立冬とはどんな意味?2 立冬の食事で何を食べる?3 立冬の候の意味や時期 …

立春
立春とは?いつ?意味は?子供向けの簡単な説明!立春大吉の由来は?

2月のカレンダーや手帳に書いてある「立春」という言葉。 真冬なのになぜ「春」って …

ゆず,柚子
ゆず湯の作り方と効能

入浴剤でもいろんな香りと効能のあるものが気軽に手に入りますが、 日本には昔から「 …

晩夏
晩夏の候の意味は?いつ使う時候の挨拶文?拝啓で始まる例文!

晩夏と聞いてどのようなことが思い出されるでしょうか。もしも蝉の鳴き声を想い出した …

クリスマスツリー イルミネーション
12月の上旬、中旬、下旬の時候の挨拶 ビジネスやお礼状、招待状での使い方は?

12月はお歳暮やクリスマスプレゼントのお礼、 今年1年の感謝の気持ちを伝えるなど …

イルミネーション
寒冷の候の季節の挨拶を使う時期はいつからいつまで?拝啓から始まる例文

季節を表現した時候の挨拶には様々なものがあり、同じ季節の中でも使われるものが限ら …

夏雲と風鈴
就職の内定先への残暑見舞いの書き方やマナー・注意事項!例文を紹介

今回は知っておくと役に立つ、内定先への残暑お見舞いの書き方についてご紹介したいと …

かぼちゃ
冬至の食べ物といえばかぼちゃと小豆のいとこ煮!由来は?地域の違い?

冬至は、1年の中で一番昼が短く、夜が長い日です。 そして、冬至を境にだんだんと昼 …

紅葉と緑
11月の上旬・下旬の時候の挨拶・季節の挨拶は?ビジネスや招待状では?

簡単な用事はメールで済ませても、改まった場面ではやはり手紙を書くことも多いですよ …