くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

グレープシードオイル(ブドウ種子油)のカロリーや栄養、効果・注意点?

油・オイル

グレープシードオイルは、
ブドウの種子を乾燥させ圧搾し精製されます。

このオイル、食用だけではなく
美容にも効果的といわれ、
使い方次第で体全体に使用できる、優れものなのです。

アロマのベースオイルとしても使われており、
実に様々な使い方があるのです。

スポンサーリンク

グレープシードオイル(ブドウ種子油)とは?特徴や栄養成分

グレープシードオイルとは、
カロリーは大さじ1杯で約130kcal
不飽和脂肪酸を豊富に含んでいます。

不飽和脂肪酸は、
オメガ3、オメガ6、オメガ9に分かれます。

グレープシードオイルは
オメガ6に属し、代表的な脂肪酸はリノール酸となります。

リノール酸は
人が体内で合成することができないため、
食べ物から摂取することが必要な必須脂肪酸です。

しかし、
体に必要な成分なのですが
過剰摂取は危険だといわれています。

それは、
悪玉コレステロールの働きを低下させるのと同時に、
善玉コレステロールの働きも
同時に低下させてしまうからなのです。

だったらリノール酸を含むオメガ6を摂取するのは止めよう、
と考えてしまいますが、
体内で合成できない必要な必須脂肪酸なので、
適量を摂取するよう心掛ける必要があります。

スポンサーリンク

グレープシードオイル(ブドウ種子油)の効果・効能

グレープシードオイルに含まれているビタミンEは、
オリーブオイルと比較して約2倍以上だといわれています。

オイル類は酸化しやすいものですが、
グレープシードオイルに多く含まれる
ビタミンEには抗酸化作用があり、
酸化防止に効果的となります。

また、血行を促進するため
生活習慣病予防に対しても
効能があるといわれています。

美容に使用する場合ですと、
刺激性や粘性が低く保湿効果が高いので
敏感肌や乾燥肌だけではなく、
脂質肌などあらゆるタイプの肌に
使用することができます。

グレープシードオイルを
美容目的で使用したい場合は、

クレンジングとして使用できます

オイルが軽いため、
使用感はサラリとした感触なので
エステでも使用されています。

髪や頭皮に使用できます

他のオイルと比較しても軽いオイルです。

頭皮のマッサジーに使用すれば
抜け毛対策に効果があるといわれています。

また、にグレープシードオイルを髪につけると
髪のパサつき予防に効果があるそうです。

やり方は、
髪を乾かす際に少量をなじませてから
ドライヤーで乾かします。

お肌のトラブルにも効果的

グレープシードオイルで作られた石鹸で洗顔すると、
ニキビ予防に効果的だといわれています。

酸化しにくいといわれている
グレープシードオイルですが、
保存状況や時間が経過すれば
酸化は当然進みます。

グレープシードオイルや石鹸が古くなり
酸化臭がするようでしたら、
ただちに使用は中止してください。

グレープシードオイル(ブドウ種子油)の使い方や食べ方

グレープシードオイルは無味無臭で
さらりとした油です。

素材の味を邪魔しないので
様々な料理に使うことができます。

あらゆる調理に使えますが、
天ぷらなどの揚げ物には特におすすめです。

熱を通しやすい性質で、
揚げ物もカラリと揚げることができます。

ドレッシングを手作りする時に
オリーブオイルの臭いが気になる方には
グレープシードオイルはおすすめです。

オイルをグレープシードオイルに変えると、
気になるオイル臭は軽減します。

他にも、グレープシードオイルにヨーグルトを加えると
マヨネーズの代用となるなど
グレープシードオイルのレシピも色々とあります。

グレープシードオイル(ブドウ種子油)の注意点

グレープシードオイルは、
リノール酸(多価不飽和脂肪酸)約65%と、
オレイン酸(一価不飽和脂肪酸)約18%が主成分です。

注意点はリノール酸が多いこと、
そしてトランス脂肪酸が多いことです。

ただし、
トランス脂肪酸がでるのは
高温で加熱処理されたものだけで、
低温圧搾で作られたグレープシードオイルは、
トランス脂肪酸の心配はないともいわれています。

トランス脂肪酸は
悪玉コレステロールを増してしまいます。

その結果、
心臓病、脳梗塞、動脈瘤などを
起こしやすくするといわれています。

リノール酸は、
酸化することで有害な過酸化脂質を作る
といわれています。

過酸化脂質は細胞のサビであると考えられ、
細胞膜を脆い状態にして細胞の老化を促し、
発がんに向かうスピードを早める、
といわれています。

過剰摂取しないよう
適量の摂取を心掛けることが必要です。

グレープシードオイルは、
含まれているビタミンEが酸化防止するため、
酸化防止剤が含まれていません。

保存方法次第では酸化しやすいため、
冷暗所で空気に触れないように
保存してください。

グレープシードオイルは、
コストコなど多くのお店で
手に入れることができます。

スイートアーモンドオイルの効能や使い方!選び方や注意点

アルガンオイルの効能は?効果的な使い方!選ぶ時のポイントを紹介

くるみオイルの栄養やカロリーと効果は?おすすめの使い方

アボカドオイルの美容効果は?スキンケア、肌、髪、手作り石鹸?

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , ,

  関連記事

バナナ
バナナの食べ過ぎは太る?カロリーは?カリウムは?病気やアレルギーは?

バナナは栄養も満点で、あまくておいしいのでついつい1本2本と食べてしまいますが、 …

冬瓜
冬瓜の栄養やカロリー効能は?ダイエット・妊婦や子どもには?

夏が旬の冬瓜ですが、なぜか名前に冬がついています。 夏野菜なのに「冬」。少し不思 …

しめじ
しめじの冷凍保存はまずい?臭い?食感も悪い?コツを紹介!弁当レシピは?

値段も手頃で、いつでも買える、 そしてどんな料理にも使えるしめじ。 つい便利で作 …

むかご
むかごの旬は?栄養やカロリー・効能は?妊婦や子どもに必要な訳は?

むかごは、山芋や長いもといった やまのいも類の葉の付け根にできる球芽です。 9月 …

銀杏
殻付き銀杏の電子レンジや封筒を使った食べ方は?実はフライパンのほうが美味しい?

わりとクセのある銀杏は、あまり私たちの口へとなかなか運ばれないですが、料理の引き …

すき焼き
すき焼きの関東風と関西風の違いは?作り方、食べ方、肉、具は?

色々なお祝いや新年会・忘年会の時に、何故か食べたくなる料理の一つにすき焼きがあり …

チャプチェ
チャプチェの簡単な作り方!本場韓国のおすすめのおいしいレシピは?

韓国では定番のお惣菜のチャプチェ。昨今の韓流ブームの中で日本でもおなじみの韓国料 …

くるみ
くるみアレルギーの原因や症状・対策は?クルミオイルは?

香ばしく美味しい「くるみ」ですが、少しの量でもアレルギーを起こす事があります。 …

さつまいも
さつまいもの栄養やカロリー!効果は?妊婦にはいい?かぼちゃ、ジャガイモの比較

さつまいもといえば、 ご飯のおかずとして、おやつとして、 天ぷら、焼き芋、大学い …

パプリカ
パプリカの栄養やカロリー!効果は?赤、黄、オレンジ色の違いは?

パプリカは、いろいろな色があります。 今回は、パプリカの栄養やカロリー、効果など …