くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

七草粥を食べる時期はいつ?由来と春の七草の種類は?地方では?

七草粥
1年の健康を願って食べる「七草粥」は、
クリスマスや、年末年始の忘新年会や、お正月に疲れた胃を整える為に食べる
古くからの日本の風習ですよね。

七草粥ってどうして食べられる様になったのでしょうか?
そしてなぜ七草なのでしょうか?

七草粥の意味を知ると、
納得の理由が見えて来ますよ!

近年では食べられる事も少なくなった様ですが、時期が来ると七草がスーパーに並びます。
ぜひ、よき風習・身体によい七草粥を食べましょう!

スポンサーリンク

七草粥の種類、由来は?なぜ春?

七草粥を食べる時期は正月7日(1月7日)気温としてはまだ春とも呼べない時期ではありますが、
七草粥に入れる”七草”は、”春の七種(ななくさ)”とも呼ばれます。

古く中国の人日に7種類の野菜(七草)を入れた
羹(あつもの)を食べる習慣が日本へと渡り、
平安時代から始まって、江戸時代には一般的に定着しました。

正月最初の「子の日」に野原に出て、若菜を摘むという風習があり、
そして旧暦と新暦のズレもあって今の春とは異なっていたのです。

つまりは春の七草と呼ばれる植物は旧暦で言う春なので、
今の時代では到底春のものと考えられませんが、古い時代の暦では春の訪れを感じさせるものでした。

スポンサーリンク

七草粥の種類、七草とは?

ご存知の方も多いと思いますが、

・セリ
・ナズナ
・ゴギョウ
・ハコベラ
・ホトケノザ
・スズナ
・スズシロ

この7種類を刻んで入れて炊いたのが七草粥です。

前日の夜にまな板に乗せて、囃し歌を歌いながら包丁で叩いて
翌日の朝の粥に入れられました。

囃し歌は「鳥追い歌」という、江戸時代中期以降の新年に女太夫たちが
歌った歌でありそれが由来しているとされています。

七草粥の種類、地方では?

七草粥は全国地域に分布しているわけではなく、
やはり地方によっては七草が採れなかった地域もあり、
必ずしも七草粥を食べていた訳ではありませんでした。

気候や雪の関係で東北地方などでは七草を使わず粥を炊いていたり、
山形県では七草粥の代わりに、
豆腐・納豆・油揚げ・味噌と4種類の大豆製品の入る
納豆汁が食べられていました。

今では食材の流通も広まり、各地で七草粥を楽しめる様になりましたが、
全国規模で食べられていた習慣ではないということですね。

しかし、1月7日に身体に優しく
滋養があるものを食べるという習慣は
各地様々な形で残っているのも事実です。

また、同じ様に読む「七種粥」は、1月15日の小正月の朝に食べるもので、
粟や小豆など七種類の穀物を入れて炊いたお粥をいいます。

今でも小豆粥や赤粥なんて言われたりしますが、
こちらも無病息災とともに、その一年の豊作を願うものとして食べられている風習です。

スポンサーリンク

 - 健康・医療, 野菜 , , ,

  関連記事

赤ちゃんのおしりと脚
子供や乳幼児の便秘改善や予防方法は?効果的な食べ物や飲み物を紹介

乳幼児が便秘となった場合の対策として、まずは食事改善と運動、 それでも便が出ない …

ほうれん草
ほうれん草の選び方と茹で方は?

11月から3月の寒い冬にかけては、 ほうれん草が旬です。 ほうれん草は緑黄色野菜 …

喉が詰まる
喉が詰まる、声が出しにくい感じの原因は?動悸や咳、胸が痛い病気は?何科?

風邪や咳が出る訳でもないのに突然喉が詰まる感じに悩まされる事があります。 息がし …

冷え性
指先が冷たい原因は病気?男性も冷たくなる?症状や対策は?

手の指先が冷たい時には、手をさすったり手袋をしたりして温めることが多いと思います …

免疫
免疫力とサプリ!ラクトフェリンやプロポリスは?免疫を高める食事!

風邪や日々の健康に大切である「免疫力」 食事であげる方法も有りますが、 さらにプ …

アスパラ菜
アスパラ菜とは?おすすめの食べ方は? 栄養やカロリーは?

アスパラ菜をご存知ですか? アスパラが成長したものでしょうか? アスパラ菜は、実 …

春菊
春菊の栄養成分の効果は?

お鍋の定番食材の1つでもある「春菊」 独特な味・香りをもつ葉野菜で、 いかにも「 …

食中毒のウィルスや細菌で腹痛に苦しむ男性の絵
卵や牡蠣貝での食中毒の潜伏期間は?

毎年夏になると、食中毒の症状に悩まされる問題が起きます。特に熱が通りきっていない …

食中毒のウィルスや細菌で腹痛に苦しむ男性の絵
食中毒を起こしやすい食べ物!効く食べ物!予防する食べ物は?

食中毒を予防するためには 「菌を付けないこと」 「増殖させないこと」 「殺菌する …

かゆい幼児
幼児のあせも!頭に出来た場合は?予防や対策・治療薬やローション!

夏といえば汗をかく季節ですが、 あせもの季節でもありますよね。 幼児はあせもをか …