くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

大根の食べ方、甘い方、辛い方は?サラダ・煮物には?

大根と大根葉

とっても馴染みのある野菜「大根」

大根は部位によって使い方をわけると
より美味しくいただけるのをご存知ですか?

1本そのまま買った時はもちろん、
最近では切り分けて販売している事も多いですが、
そうした際に作る料理に応じた
部位を買ってみてはいかがでしょうか。

今回は大根の部位の食べ方について
ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

大根の食べ方・部位「葉」は?

なかなかスーパーでは葉付きの大根に
出会う事は少ないのですが、
もしも手に入ったら葉付きはおすすめ。

大根は淡色野菜に分類されていながら、
葉の部分は緑黄色野菜に分類されているのです。

私達が「大根」と呼んでいる部分は、
実際には「根」でありそれぞれによい成分を含みます。

葉においてはβカロテンが豊かであり、
より吸収率を高めるには「油」との相性バツグン。

炒め物やチャーハン、お味噌汁やスープにしたり、
汁気を少なめに炒め煮にして作るふりかけなどで
楽しむ事が出来る部位です。

我が家では細かく刻んで塩を軽く振って浅漬けにし、
水気を切ってごはんに加え少々油を加えて
菜飯風のおにぎりとしてお弁当に持って行く事があります。

スポンサーリンク

大根の食べ方、甘い方は?サラダには?

大根1本を葉に近い上の部分とその中央、
そして先端と3つに分けて甘い部位はどこか?

大根は先端に向かうほど辛味が増し、
上部に向かうほど甘いとされています。

つまり上部が甘いということで、
サラダや大根おろしといった生で食べるのに
適しているといいます。

もちろん辛味のある大根おろしが好きという方であれば、
下側先端部分を使うのがおすすめです。

甘味のある上部が欲しかったけど、
真ん中の部分しかなかったとしても、
瑞々しく辛味も少ないので生食にしても美味しい部分です。¥

味の好みは人様々、
ここで部位に分けた食べ方をご紹介しておりますが、
決っている事ではないので大根の特徴を捉える
といった感じで知って頂ければ幸いです。

ちなみに、大根の辛味は「アリルイソチオシアネート」といい、
大根おろしの様に細胞を壊す様におろしにすると作られ、
抗菌作用があるとされている成分です。

つまりカットしてサラダにするといった場合には
それほど辛味を感じる事は少ないのですが、
水分は少なめである部位になります。

下の部分は漬物や味噌汁の具材といった
食べ方がすすめられています。

大根の食べ方と部位、煮物の使用は?

煮物に適している部分は、
大根の真ん中部分であるといいます。

水分を多く含んでいる部分であることで柔らかく、
おでんの具材やブリ大根、ふろふき大根といった
煮物にとっても適しているといいます。

真ん中の部分は生で食べてもクセがなく、
ある意味万能な部位であるとも思います。

大根おろしにしても瑞々しく、
その水気にも消化酵素である「ジアスターゼ」を含み、
そのまま捨ててしまうのはもったいない!

ちょっぴりお醤油を垂らして飲んでみては?
個人差もあるので初めての方はしょっぴり、
また、大根のよい作用をする成分においては、

すりおろしてから時間が経過すると消えてしまうというので、
食べる直前にすりおろした方がおすすめです。

初心者も簡単!キュウリ・キャベツ・大根のピクルスの作り方!保存期間?

味噌田楽の作り方!タレのレシピ!こんにゃくや大根、なすの下ごしらえ

大根葉の栄養と効果は?

大根の栄養やカロリーは?ダイエット効果や健康に関する効能は?

 

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ ,

  関連記事

こんにゃく
こんにゃくの栄養やカロリーと効能?グルコマンナンとは?妊婦には?

海草とならび、低カロリーな食材として知られているこんにゃく。 さて、このこんにゃ …

ふきのとう
ふきのとうのカロリーや栄養成分は?健康効果効能は?人気レシピは?

ふきのとうの旬は、春先です。ふきのつぼみの部分となります。自生している天然物です …

らっきょう
らっきょうの効果!食べ過ぎでおならが出るのはなぜ?腹痛や下痢に注意

美味しくてついつい食べすぎてしまうらっきょうですが、食べすぎてお腹が痛くなったこ …

銀杏
殻付き銀杏の電子レンジや封筒を使った食べ方は?実はフライパンのほうが美味しい?

わりとクセのある銀杏は、あまり私たちの口へとなかなか運ばれないですが、料理の引き …

年越しそば
年越しそばの意味 由来は?いつ食べる?タイミングは?

1年の締めくくりの食べものといえば「そば」。 「年越しそば」ですよね。 大晦日の …

餃子
おいしい餃子の焼き方、フライパンにくっつく生餃子や冷凍のコツは?

手作りや冷凍などでもお馴染みの「餃子」 上手に焼く焼き方をご存知でしょうか。 「 …

メロン
メロンアレルギーの症状!喉がイガイガ・蕁麻疹・咳、原因は?花粉症の関係

高級果物の定番として知られているメロンですが、食べると口の中がムズムズしたり、喉 …

ブロッコリー
ブロッコリーの茹でる場合、生の場合の冷蔵・冷凍の保存方法!期間は?

ブロッコリーはとても栄養価の高い野菜です。 含まれている栄養素は 風邪の予防や …

スイートポテト
スイートポテトの作り方、トースターやオーブンで簡単!人気レシピ

秋には旬を迎えるさつまいも、芋掘りなどでもたくさん手に入ったりしますが、そんな時 …

枝豆
枝豆の茹で方!冷凍保存も出来る?時間は?砂糖を入れると美味しく?

夏に欠かせない枝豆、家で茹でるとなぜか水っぽくなってしまって塩気が感じられなかっ …