くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

そうめんかぼちゃとは?茹で方は?おすすめの食べ方やレシピ

そうめんかぼちゃ

色鮮やかなそうめんかぼちゃは暑い夏にササッと喉越しよく食べられる美味しい野菜です。

その特徴でもある、食感を活かした美味しいおすすめの食べ方や、調理の仕方、
おすすめレシピなどをご紹介します。

スポンサーリンク

そうめんかぼちゃってどんな野菜?

そうめんかぼちゃは、「金糸瓜」というかぼちゃの仲間の野菜です。

茹でたり加熱するとその果肉が繊維状になって麺のようになることから、「そうめんかぼちゃ」と呼ばれています。

収穫時期は夏ですが、12月頃まで保存も効くので長く楽しむことが出来ます。

スポンサーリンク

そうめんかぼちゃのおすすめの食べ方は?

そうめんかぼちゃは、シャキシャキとした食感を活かしてさっぱりとした味付けで食べるのがおすすめです。

暑い夏に、食欲のない時にはこれが一番おいしく食べられます。

名前の通り、そうめんや春雨の麺のかわりにそうめんかぼちゃに置き換えて食べたり、
さっぱりとサラダにするのがおすすめです。

そうめんかぼちゃは味も香りもほぼないので、どのような素材とも相性がいいので使いやすいです。
先ほど麺のかわりにと述べましたが、海外ではパスタの代わりになったり、砂糖を加えてスイーツになったり
することもあるようです。

そうめんカボチャの茹で方は?

そうめんかぼちゃを手に入れたら、まずは茹でてそうめんのようにします。

そうめんかぼちゃの茹で方

1. そうめんかぼちゃを半分に切る(縦でも横でもOK)
2. 大きい鍋にお湯を沸かして、沸騰したらその中にそっと入れる
3. 約20分間、茹でる
4. 茹で上がったらすぐに冷水に取って、フォークなどを使って果肉をほぐす

 ※ 冷水に浸しながらほぐすと、そうめんのようにほぐれていきます。
   果肉が全部取れたらざるに上げて水を切ります。

そうめんカボチャのレシピは?酢の物、スープ、サラダ?

そうめんかぼちゃのおすすめレシピを紹介します。

そうめんかぼちゃのさっぱり酢の物

☆材料(2人分)

そうめんかぼちゃ   1/8個分
砂糖        大さじ2
酢         大さじ2
レモン汁       少々
みょうが(細く刻む)  1個

☆作り方

1. そうめんかぼちゃを沸騰したお湯に入れ20分間茹でて、冷水に取ってほぐす
2. ザルにあげてしっかりと水を切る
3. 砂糖と酢、レモン汁を入れて和え、お好みでみょうがも合わせる

一番スタンダードなさっぱり食べられるレシピで、箸休めにもおすすめです。
少し醤油をいれても美味しくいただけます。

そうめんかぼちゃとカリカリ揚げのサラダ

☆材料(4人分)

そうめんかぼちゃ    1/4個
水菜          1/2袋
玉ねぎ(紫玉ねぎでも)  1/8個
にんじん(細めのもの)  3cm
油揚げ(油抜きする)   1枚
みょうが・ねぎ(お好みで) 適量
めんつゆ(ストレート)   適量

☆作り方
1. そうめんかぼちゃを沸騰したお湯に入れ20分間茹で、冷水に取ってほぐす
2. 水菜は洗って3cm幅に切り、玉ねぎは薄切りにして水にさらす
3. にんじんは出来るだけ細い千切りに、みょうがとねぎも細かく刻む
4. 油揚げをフライパンで焦げ目をつけてから、細切りにする
5. 1~4を器に盛り、めんつゆを適量かける

※ そうめんかぼちゃと野菜がさっぱり食べられるレシピです。カリッと焼いた油揚げの食感と
  シャキシャキのそうめんかぼちゃや他の野菜の食感が楽しいレシピです。
  味付けはめんつゆオンリーなので簡単に調理できます。

そうめんかぼちゃとベーコンのあったかスープ

☆材料(4人分)

そうめんかぼちゃ     1/4個
じゃがいも(小さめ)     2個
ベーコン(長いもの)    3~4枚
水           500ml
コンソメ          2個
塩コショウ         少々

☆作り方

1. そうめんかぼちゃを沸騰したお湯に入れ20分茹で、冷水に取ってほぐす
2. じゃがいもは皮を剥いて1cmの角切りに、ベーコンは5mm~1cmの幅に切る
3. そうめんかぼちゃを適当な長さに切る
4. 熱した鍋にサラダ油をしき、ベーコンを炒める
5. 水とじゃがいもを入れて煮る(アクはとっておく)
6. 煮立ったらそうめんかぼちゃとコンソメを入れて煮る
7. 一煮立ちしたら塩コショウで味を整える

※ 冬まで保存が効くそうめんかぼちゃを、寒くなったころに楽しむレシピです。

 

そうめんかぼちゃの茹で方やほぐし方、おすすめの食べ方やレシピをご紹介しました。

夏に収穫時期を迎えますが冬まで保存が効くので、暑い夏にはサッパリとしたレシピで
寒い冬には温かいスープで楽しむのがおすすめです。
調理法も簡単なので誰でもすぐに作ることが出来るので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

かぼちゃの栄養や効能は?カロリーは?ダイエットに効果あり?妊婦には?

バターナッツかぼちゃとは?特徴や栄養おすすめのレシピは?

ズッキーニの栄養やカロリー!効果は?加熱は?妊婦や子供には?

 

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , ,

  関連記事

サッパ
サッパ(ママカリ)の食べ方!釣り方やおろし方、料理方法は?

「サッパ(ママカリ)」の食べ方というと、 甘酢漬けでいただく事を思い浮かべますが …

アーモンド
アーモンドのカロリーや栄養や効果と注意点は?妊婦や子供には?

最近、健康や美容によいとしてアーモンドミルクが話題になっていますね。 その原料で …

ナスの田楽味噌
味噌田楽の作り方!タレのレシピ!こんにゃくや大根、なすの下ごしらえ

味噌を使った料理に「味噌田楽」がありますね。 甘めのとろりとした田楽味噌がおいし …

豆乳
豆乳ヨーグルトの簡単な作り方!玄米や乳酸菌、ケフィアでは?効果は?

ヨーグルトは牛乳だけに限らず、豆乳からも作れるのはご存知でしょうか? 大豆製品は …

牛乳
牛乳の栄養成分や効能は?加熱すると変わる?吸収出来ない?

牛乳は栄養があると言われ続けていますが、その栄養とはどんなものかご存知ですか? …

葉が付いているかぶ
かぶの栄養やカロリー!妊婦や子どもによい効果も!大根と似ている?

春の七草「すずな」でもあるかぶ。日本人にとってもなじみ深い野菜の一つです。しかも …

竹の子
竹の子のあく抜き方法は糠!!鷹の爪は必要?保存方法や保存期間は?

春の訪れを感じる食材といえば筍(竹の子)。 天ぷらに、煮物に、筍ご飯もおいしいで …

玉ねぎ
玉ねぎの栄養やカロリー、効果は?加熱したり、水にさらすとどうなる?

生でも煮ても、焼いても、炒めてもおいしい玉ねぎ。 料理の隠し味としても大活躍の、 …

くるみ
くるみアレルギーの原因や症状・対策は?クルミオイルは?

香ばしく美味しい「くるみ」ですが、少しの量でもアレルギーを起こす事があります。 …

むかご
むかごの旬は?栄養やカロリー・効能は?妊婦や子どもに必要な訳は?

むかごは、山芋や長いもといった やまのいも類の葉の付け根にできる球芽です。 9月 …