くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

アロエヨーグルトの栄養やカロリーや効能は?妊婦は食べて大丈夫?

アロエ

アロエヨーグルトといえば森永乳業ではありませんか?

緑色と白色のパッケージでお馴染みの森永アロエヨーグルト!
もちろん他のアロエヨーグルトも負けてはいません!
アロエと聞くと少し苦そうなイメージで少し躊躇してしまいませんか?

ですが、アロエヨーグルトには沢山の嬉しい効果や栄養素が詰まっているのです。
整腸作用があるヨーグルトと謎でいっぱいのアロエ。
その2つが合体するとどうなるのかを見ていきましょう!

スポンサーリンク

アロエヨーグルトの栄養やカロリーってどうなってるの?

アロエヨーグルトに使われているアロエは、食べられないアロエと違い、アロエベラといいます。

そんなアロエベラという食用のアロエが入ったアロエヨーグルトの栄養素。
アロエには、アミノ酸やミネラル・ビタミン・多糖類酵素など多岐に渡ります。
アロエだけでこの栄養素が入っているのです。

更にヨーグルトには、カルシウム・ビタミンB2・リン・パントテン酸などの沢山などの様々な成分です。
もうお分かりですよね?
アロエヨーグルトはとても体に良いのです!

苦いというイメージからあまり好まれるイメージはありませんが、健康に毎日を過ごしたい私達にとって欠かせないサポートアイテムなのです。

そうです、アロエヨーグルトは食べないと損なのです!
気になるカロリーも、例で上げると・・・
「森永乳業アロエヨーグルト(125g)」で111kcalと低カロリーなので食べるべきでしょうか!

今では糖質ゼロのアロエヨーグルトも出ているので、是非ともお試しになってみてはいかがですか?
ダイエットにも最適でしょう。

スポンサーリンク

アロエヨーグルトの効能とは?

アロエヨーグルトはその名の通り、アロエとヨーグルトが入っています。

アロエには、美肌になるため・健康であるための成分が沢山入っています。
まず、肌に関する成分からの効能が、

1、紫外線の光老化から肌を守る効果
2、肌の潤いを保つ効果
3、肌のハリと弾力を保つ効果
4、コラーゲンの合成を促進する効果

この4つとなっています。
まさに肌のスペシャリストですね。

そして、更に健康に関する効果が、

1、便秘解消の効果
2、免疫力を高める効果
3、抗酸化効果

となっています。
体の内側も整えてくれるのです。
願ったりかなったりですよね。
もちろんヨーグルトの便秘解消効果もありますし、先程述べた嬉しいアロエの効能もあるので便秘に悩みやすい女性にとっては嬉しい効果ですね!
アロエヨーグルトにはもちろんダイエット効果もあります。
朝食に取ることがとてもオススメですね。

妊娠中でもアロエヨーグルトは食べても良いの?

元気で健康な子供で産まれてきて欲しい・・・
それはどの妊婦さんでも同じ願いでしょう。
私もそうでした。

何よりも健康で産まれてきてくれればと願い続けていました。
そんな妊婦さんにとって、自分が食べるものが赤ちゃんに与える影響の大きさは充分ご存知だと思います。

アロエヨーグルトもその中のうちのひとつです。
食べても大丈夫なのか・・・?
不安になりますよね。

巷ではアロエヨーグルトを妊婦中に食べると良くないという噂まで聞きます。
ですが、安心してください。
アロエヨーグルトは、お腹にいる赤ちゃんに害を与えることはありません。

妊婦さんに悪影響を与えてしまうのは、アロエの外皮です。
アロエヨーグルトにはアロエの外皮は全く入っていません。
ですから、安心してアロエヨーグルトを食べて頂いて構いません。

食べすぎは肥満体になってしまうので良くないですが、妊婦さんにとってアロエヨーグルトはとても心強い味方なのです。

腸内環境を整えてくれますので便秘解消にもなりますし、カルシウムが丈夫な骨を作ってくれるだけでなく、妊婦さんが陥りがちなイライラも解消してくれます。

ですから、妊婦中はアロエヨーグルトは1日に2杯程までに留めて食べるようにいたしましょう。

あなたはアロエヨーグルトの凄さを見逃してはいませんでしたか・・・?
アロエは外皮も含めると確かにとても苦味のあるものなので、毎日食べれるようなものではありません。

しかし、アロエヨーグルトに入っている食べられるアロエ(アロエベラ)は、アロエベラの葉の内側の透明なゲルの部分しか入っていないので食べても苦くありません。

ヨーグルトの甘みも相まって美味しく食べられます。
今はまだアロエヨーグルトを出しているところは少ないかと思われますが、そんな今から流行を先取りしてアロエヨーグルトをとって体の内側も外側も綺麗になってみてはいかがでしょうか?
高いものではありませんし、オススメです。

アロエは火傷や傷の修復、保湿・ニキビ・アトピー、虫刺されに効果的

 

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , ,

  関連記事

ザクロ(石榴)の写真
ざくろの効能!胸が大きく?肌に良い?更年期の症状緩和!

昔は、学校の帰りなどにも見かけたザクロ。 今はもはやあまり目にしなくなってしまい …

生姜
酢生姜の作り方!黒酢生姜は?甘くないレシピや効果は?

酢生姜を使ったダイエットや、 冷え性解消方法が人気ですが、 実際どう作ったらよい …

ミューズリー
ミューズリーとは?栄養やカロリー、効果は?おすすめの食べ方!

朝食といえば ご飯にお味噌汁・卵焼きなどだったのは ずいぶん昔のことになったよう …

おしるこ
おしるこの小豆からの圧力鍋での作り方!動画でレシピを紹介

甘くて美味しいおしるこ! 鏡開きの日や冬のイベント、 もちろんおやつにと食べる機 …

油・オイル
グレープシードオイル(ブドウ種子油)のカロリーや栄養、効果・注意点?

グレープシードオイルは、 ブドウの種子を乾燥させ圧搾し精製されます。 このオイル …

ピクルス
初心者も簡単!キュウリ・キャベツ・大根のピクルスの作り方!保存期間?

一瓶あるとなかなか便利なピクルス。 そのまま食べても美味しいですね。 マヨネーズ …

生姜湯
生姜湯の効能は?風邪や喉の痛みへの効果は?飲む時間はいつ?妊婦は?

冷え性解消など身体を温める飲物として おすすめの「生姜湯」 生姜はそのまま食べる …

おせち料理とお雑煮
おせち料理の詰め方は?仕切り方はどうする?

お正月に食べるおせち料理は、 三が日主婦が台所に立たなくてもいいように作る保存食 …

銀杏
殻付き銀杏の電子レンジや封筒を使った食べ方は?実はフライパンのほうが美味しい?

わりとクセのある銀杏は、あまり私たちの口へとなかなか運ばれないですが、料理の引き …

パプリカ
パプリカの栄養やカロリー!効果は?赤、黄、オレンジ色の違いは?

パプリカは、いろいろな色があります。 今回は、パプリカの栄養やカロリー、効果など …