くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

ミューズリーとは?栄養やカロリー、効果は?おすすめの食べ方!

ミューズリー

朝食といえば
ご飯にお味噌汁・卵焼きなどだったのは
ずいぶん昔のことになったようです。

朝はパン、という人でも
いろんな種類がありますから
トースト派ばかりではありません。

朝食はシリアル、という人も多くなっています。

種類も豊富で食べ方もいろんな方法があります。
お砂糖と牛乳で食べる、
というばかりではありません。

温かくして食べたり豆乳やヨーグルトをかける
という食べ方もよく知られていますね。

おやつの代わりやお菓子の材料としても人気の素材です。

そんなシリアルの中でも最近注目を集めているのがミューズリーです。

グラノーラと比べてまだまだ知名度が低いようですが、
こちらのほうがお気に入りという人も増えてきているようです。

グラノーラとよく似ているので同じ商品と勘違いして
まだ試していない、
という人もいるかもしれませんね。

スポンサーリンク

ミューズリーとは?栄養は?どんな食べ方をするの?

ミューズリーは
スイス生まれのシリアルです。

オーツ麦にドライフルーツやナッツ類が
混ぜられたものです。

グラノーラの原料とよく似ていますが、
植物性油脂やシロップなどをかけて
オーブンで焼きあげてあるグラノーラと違い、
ミューズリーは「未調理」です。

そのためにシロップや砂糖のような
しっかりとした甘味がありません。

ミューズリーの栄養価の
大きなポイントは主原料であるオーツ麦になります。

オーツ麦は「穀物の王様」とも言われ、
カルシウム・亜鉛・食物繊維・鉄分が豊富です。

もちろん
一緒に混ぜられている
ドライフルーツやナッツ類の栄養も
見過ごすことはできません。

ドライフルーツ・ナッツ類にも
食物繊維や各種ミネラル類・ビタミン
豊富に含まれています。

食物繊維やミネラルが豊富というところは
ダイエットをしている人や貧血に悩む女性にも
ありがたい食品だと言えるでしょう。

食べ方は他のシリアルと同じように
牛乳や豆乳・ヨーグルトなどを
かけて食べるのが普通です。

そのままでも食べられますが、
調理されていないためにモサモサして食べにくいと感じられるかもしれません。

ドライフルーツやナッツも混ぜられているので、
自然な甘さや香ばしさを楽しめます。

物足りなく感じる場合は
バナナや各種のベリー類などを
付けたして食べる方法も人気です。

甘味を足したければハチミツを少しかけると
食べやすくなります。

スポンサーリンク

ミューズリーのカロリー!ダイエット・マクロビに使う?

フルーツをたくさん混ぜたもの・
ナッツ類を中心に混ぜてあるもの、など
ミューズリーにもいろんな種類があります。

気になるカロリーは
100グラムあたりで約370Kcalとなっています。

グラノーラの場合は
同じ100グラムあたりで約440Kcalです。

ダイエットするならミューズリーのほうが
いいと言えますね。

もちろんカロリーだけでなく糖質についても
ミューズリー 約24グラム・
グラノーラ 約65グラムなので
糖質制限ダイエットをしている人も安心して食べられるものです。

マクロビを実践している人にもミューズリーはおススメです。

グラノーラのようにシロップを混ぜて焼く、
というような加工をしていないので混ぜられているドライフルーツやナッツの自然な美味しさを楽しむことができます。

マクロビになら豆乳をかけたり
ココナッツミルク・アーモンドミルク・
ライスミルクといったものを
試してみてもいいのではないでしょうか。

クッキーやケーキなどのお菓子を手作りするときに
材料の一部として使うこともできます。

美容や健康にいい素材として簡単で美味しいレシピが
ネットでもたくさん見つかります。

私の個人的なお気に入りレシピは
フローズンヨーグルトに
ミューズリーを適当に混ぜて
一晩冷凍庫で寝かせたものです。
ミューズリーが適当に水分を含んで柔らかくなります。

もちろんザクザクとした食感を楽しむために
食べる直前に混ぜることもあります。
「なんちゃってパフェ風」になります。
フローズンヨーグルトの
フレーバーを変えればバリエーションが楽しめます。

ミューズリーの栄養にある効能・効果

ミューズリーの栄養の主なものは
主原料のオーツ麦の栄養になります。

オーツ麦には
カルシウム・鉄・亜鉛・食物繊維が
豊富に含まれています。

亜鉛・鉄・カルシウムは
特に女性にとって非常に大切な
栄養素です。
鉄分には貧血の解消・
亜鉛には生殖機能を健康に保つといった
効能があります。

これらは性別・年齢を問わず大切です。

もちろん食物繊維が便秘の解消に効果がある
ということはよく知られていますね。

ドライフルーツは
果物の栄養を丸ごととれるために
美容・健康効果も期待できます。

ミューズリーなどシリアルとよく混ぜられている
各種の干しブドウにも
カルシウム・マグネシウム・
鉄分・ビタミンB群・食物繊維が
豊富に含まれています。

注目はカリウム、体内に取り込んだ
余分な塩分を排出してくれます。

ナッツ類には美容効果の高いものや
抗酸化作用の強いものなど
健康効果の高いものが多いです。

オーツ麦・ドライフルーツナッツ類のどれもが
美容・健康効果に優れているうえ、
不足しがちな食物繊維も
豊富なために幅広い年齢層の人に
大きな恩恵があります。

ミューズリーは簡単に始められる
健康習慣として今一押しのシリアルと言っていいでしょう。

オートミールとは?栄養やカロリーは?ダイエット効果?効能は?

グラノーラとは?栄養やカロリー・効果?ダイエット・マクロビには?

腸内フローラの増やし方、増やす食べ物や食品は?検査は?

 

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , , ,

  関連記事

おせち料理とお雑煮
お雑煮の簡単なつくり方と地方のお雑煮紹介

今年ももう残すところあと少しとなりましたね。 ついこの間まで暑い暑いなんて言って …

ピーマン
ピーマンのカロリーや栄養や効果は?種には?妊婦や子供には?

ピーマン嫌いの子供さんも多いですが、今回は、ピーマンの知られざる栄養価や効果効能 …

むかご
むかごの旬は?栄養やカロリー・効能は?妊婦や子どもに必要な訳は?

むかごは、山芋や長いもといった やまのいも類の葉の付け根にできる球芽です。 9月 …

生姜
生姜湯の作り方!甘みは砂糖・黒砂糖・はちみつ?生それともパウダー?

身体を芯から温める飲物に「生姜湯」がありますね。飲むとポカポカとしてきてホッとし …

マッシュルーム
マッシュルームの保存方法は?保存期限は?オリーブオイルで保存食!

普段何気なく食べているマッシュルームですが、「あれ?意外と知らないかも!?」と思 …

油
食用油の賞味期限!未開封では?開封後はどのくらい?処分方法は?

食用油は、使うのを忘れて戸棚の中にしまってあったり、使っているうちにいつのまにか …

日本茶
煎茶・緑茶の違い、効能やカフェインの量は?番茶とほうじ茶の違い!

お茶というと沢山の種類がありますが、 日本のお茶である「煎茶」や「緑茶」 たくさ …

三つ葉
三つ葉の保存方法は?冷凍?乾燥?保存期間や保存食は!

三つ葉は、今やいろいろなものに使われる葉物野菜となりました。 色もきれいで香りも …

お米
新米の時期はいつからいつ頃?ゆめぴりか、秋田小町、南魚沼産は?

暑い夏が過ぎて秋風が吹きだすと、田んぼに植えられた稲も黄金色になり、収穫の時期を …

烏龍茶
ウーロン茶の栄養や効能は?ダイエットには?緑茶・紅茶の比較!

長い事健康茶としても人気の”ウーロン茶” さっぱりするからということで、 脂っこ …