くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

ミューズリー、グラノーラ、オートミールの違い!効果で選ぶなら?

グラノーラ

簡単に食べられてヘルシーな朝食として
シリアルを利用する人は多いでしょう。

最近は気軽なスーパーから
輸入食品を扱うデパートや専門店で
いろんな種類のシリアルを購入することができます。

選択肢が多いのは選ぶほうからすると
楽しくてワクワクしますね。

ただたくさんありすぎてどれにしたらいいのかわからない、
ということもよくあります。

特にダイエットのためとか
健康維持のため美容効果をねらって、など
はっきりとした目的をもって選ぶ場合
一番「効果のあるもの」を選びたい
というのは当たり前でしょう。

あるいは話題だから試してみたいけれど
挑戦してみたら口に合わなかった、
結局使い切れなくてずっと残っている
というパターンもでてくるかもしれません。

スポンサーリンク

オートミール・ミューズリー・グラノーラの原料の違い!製造方法の違い

オートミールの原料は
オーツ麦(燕麦)です。
オーツ麦のみで作られています。
脱穀してからひき割りにしたり、
蒸してからローラーで押しつぶして
調理しやすく加工してあります。

ミューズリーは
オートミールと同じオーツ麦が主原料です。
これにいろんなドライフルーツや
各種のナッツを加えたものになります。
加えられているドライフルーツやナッツ、
その割合はは各メーカーによって違いがあります。

砂糖を加えて甘味を追加してあるタイプのものもありますが、基本的には
オーツ麦・ドライフルーツ・ナッツからできています。

グラノーラもオーツ麦が主原料となっています。
違うのはこのオーツ麦にナッツなどを加え、
メープルシロップやオリーブオイルなどを加え、
オーブンで「焼き上げる」
という処理が入ることです。

その後、ドライフルーツをトッピングしたものが主流です。

オートミール<ミューズリー<グラノーラの順で
味がしっかりとついたものになります。

そのほかの違いとして「食べ方」があります。

オートミールは「調理して」食べるものです。

お湯で煮てお粥状にして
そこに砂糖やハチミツをかけ
牛乳をかけて食べます。

もちろん最初から牛乳などで煮る
という方法もあります。

スコットランドでは
「塩味」にするのが伝統です。

ミューズリー・グラノーラは
その他のシリアルと同じように
牛乳などをかけて食べます。

オートミールは調理した
温かいものを食べるものですが、
ミューズリーやグラノーラは
そのまま食べるものです。

スポンサーリンク

栄養・カロリーの違いや効果の違い

オートミールはオーツ麦100%ですから
栄養はオーツ麦の栄養になります。

オーツ麦の栄養は
食物繊維・カルシウム・鉄分・たんぱく質となります。

カロリーは100グラムあたりで380Kcalです。

ミューズリー・グラノーラについても
主原料がオーツ麦ですから主な栄養素は
オートミールと同じになります。

ミューズリー・グラノーラの栄養で
オートミールとの大きな違いは
ドライフルーツやナッツの栄養も採れることになります。

最も一般的に混ぜられているのは
レーズン(干しブドウ)です。
干しブドウにはカルシウム・マグネシウム・鉄分・食物繊維といった栄養素が豊富に含まれています。

ミューズリーやグラノーラに入っている
ナッツ類で代表的なのは
ビタミンE・ビタミンB2・ナイアシン・葉酸などです。

ヘーゼルナッツも
よく入っているナッツのひとつですが、
こちらにはオレイン酸・ビタミンEが豊富に含まれています。

一般的なミューズリーのカロリーは
100グラムあたりで
約370Kcalです。

グラノーラのカロリーは
100グラムあたりで
約440Kcalとなります。

このふたつのカロリーの違いは
グラノーラが
「シロップなどをかけてオーブンで焼く」
という処理がされているからです。

3つのシリアルは
それぞれ食物繊維が豊富なので
便秘解消効果が期待できる、
オーツ麦由来のミネラル成分で
体調を整えることが期待できる
ということが共通しています。

ミューズリーやグラノーラは
それに加えてドライフルーツやナッツの栄養素からくる
美肌効果や健康効果が期待できます。

ミューズリー、グラノーラ、オートミールでダイエット・美容健康効果で選ぶならどれにする?

1日の食事のうち
1~2回をダイエット食品にする
置き換えダイエットに使うなら加工をしていない
オートミールやミューズリーが適しています。

オートミールは「牛乳などと混ぜてお粥状に調理する」
手間がかかりますが、
ミューズリーは調理することなく食べることができます。

ただしオートミールは
「煮る」ために温かい食事になりますから
身体を冷やさないという利点があります。

オートミールは食べ慣れるとそれなりに美味しいものですが、
「お粥なのに甘い」ということが
食べにくいという人も多いです。

牛乳と砂糖ではなくて
水を少し多めにして柔らかめに煮て
お茶漬け海苔かインスタント味噌汁を混ぜると
雑炊感覚で食べられてなかなか美味しいものです。

この他にインスタントのカップスープの素を混ぜると
リゾット風になります。

少し水分を少な目にして固めに作ったものを
フライパンで焼いて焼き目をつけ
醤油をかけて食べるのもちょっとあっさり目のお餅のような感覚で
美味しいですよ。

ちょっとしっかり目に焼かないと
なかなかきれいな焼き目が付かないので
焦らずにやってみてくださいね。

調理に時間を取られたくない人は
ミューズリーがおススメです。

普通のシリアルと同じように
牛乳や豆乳をかけるだけで食べることができます。

美容効果を重視して選ぶなら
オーツ麦と一緒に混ぜられている
ドライフルーツやナッツ類の栄養素が欲しいところです。

ですから選ぶのはミューズリーかグラノーラになります。

ただしグラノーラにはシロップなど
甘味が足されていますから
食べ過ぎには用心してください。

豊富なミネラル類や食物繊維は
3つとも優れていますから
健康効果は他のシリアルよりも
高いものだと言えます。

グラノーラは甘味が足されている分
他の二つに比べると
ダイエットにはおススメできませんが、
「身体にいいおやつ」としては優秀です。

ダイエット中でも
甘いものがどうしても食べたい、
というときになどグラノーラバーを食べるというように
使い分けをするといいでしょう。

オートミールとは?栄養やカロリーは?ダイエット効果?効能は?

グラノーラとは?栄養やカロリー・効果?ダイエット・マクロビには?

ミューズリーとは?栄養やカロリー、効果は?おすすめの食べ方!

腸内フローラの増やし方、増やす食べ物や食品は?検査は?

 

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ ,

  関連記事

生姜
生姜湯の作り方!甘みは砂糖・黒砂糖・はちみつ?生それともパウダー?

身体を芯から温める飲物に「生姜湯」がありますね。飲むとポカポカとしてきてホッとし …

玉ねぎ
玉ねぎの栄養やカロリー、効果は?加熱したり、水にさらすとどうなる?

生でも煮ても、焼いても、炒めてもおいしい玉ねぎ。 料理の隠し味としても大活躍の、 …

じゃがいも
じゃがいもが赤やピンク、緑色に変色!防ぐ方法や保存・対処方法は?

切って残ってしまったじゃがいもが変色してしまった事はありませんか? じゃがいもは …

パプリカ
パプリカの栄養やカロリー!効果は?赤、黄、オレンジ色の違いは?

パプリカは、いろいろな色があります。 今回は、パプリカの栄養やカロリー、効果など …

豆乳
豆乳の栄養素や成分、カロリーは?効能は?阻害とは?妊婦にはいい?

近年では牛乳よりも豆乳を飲まれる方が多いですが、どんな栄養と効果があるかご存知で …

ジャガイモ
じゃがいもの保存方法は常温・冷蔵?保存期間は?保存食は?

じゃがいもを上手に保存して、料理に活かすには?保存法から保存食レシピまでをご紹介 …

ふきのとう
ふきのとうのカロリーや栄養成分は?健康効果効能は?人気レシピは?

ふきのとうの旬は、春先です。ふきのつぼみの部分となります。自生している天然物です …

棗
なつめの栄養やカロリーは?妊婦さんに嬉しい効能!副作用は?

なつめは私たちが普段あまり口にすることはなかなかないのですが、ドライフルーツとし …

こごみ
こごみの栄養やカロリーは?ゆで方や食べ方を説明!!おすすめレシピ

春になると、あちこちの山で山菜が顔を出します。 今日は、その中でも比較的癖がなく …

牛乳
牛乳の飲み過ぎは太る?病気やアレルギーは?幼児や子供の量は?

牛乳は古くから健康や子供の成長にと 欠かせないものとされてきましたが、 「飲み過 …