くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

ブラッククミンシードとは?栄養成分やカロリー!効果は?食べ方!

ブラッククミンシード

「死以外には何でも効く」といわれる
万能薬、ブラッククミンシードの栄養や効能とは?

シード(seed)というのは、種のことです。

では、ブラッククミンとは?

あまり聞き馴染みのないものかもしれません。

死以外に本当に何でも効くのか?とあなたも疑問に思っていると思います。

ブラッククミンシードの栄養や効能、成分や食べ方など、ブラッククミンシードを様々な目線から述べました。

これを見て、ブラッククミンシードの秘めたる魅力にあなたも気付けたら・・・と思います。

2016年のヒット予測の「食べるコスメオイル」でランクインしたともされるブラッククミンシード。

「 一家にに1ブラッククミンシード」なんて時代がもうすぐ来るかもしれませんね!

スポンサーリンク

ブラッククミンシードとは?

日本名で、「匂黒種草」(においくろたねそう )と呼ばれています。

欧米では、様々な名前で呼ばれてもいます。
欧米ではもう既に流行っているブラッククミンシードとは。

名前のまま、見た目は黒い種です。
朝顔の種によく似ている見た目をしていて、大きさが朝顔の種よりも小さいものとなります。

ブラッククミンシードとは、「二ゲラ・サティヴァ」 という薄い青色の花の種です。

カレーの香辛料として有名なクミンシードとは、また別の植物なのでご注意下さい。

なんと、1600種類の天然化合物が含まれているとされています。

そのブラッククミンシードの歴史は古代エジプトに遡ります。
古代エジプトでも、既に万能薬として重宝されていた。とされています。

エジプトでは、怪我や傷の治療に使われていたり、または女王の肌や髪の毛の美容ケアに使われていたそうです。

事実、ツタンカーメン王のお墓の中からもブラッククミンシードが見つかっています。

アメリカのブラックシードに関する研究では、健康上のメリットが立証されているといいます。

古代エジプトからも、アメリカの研究からも、ブラッククミンシードによる効果や効能が立証されています。
ただの今流行りのものでは無いことが分かりますね!

スポンサーリンク

ブラッククミンシードの栄養成分とは?

ブラッククミンシードの栄養成分は、様々含まれていますが、まず代表的なものは下記の通りです。

・各種ビタミン
(A,B1,B2,B6,Cなど)
・ミネラル
(カルシウム、カリウム、鉄、マグネシウム、亜鉛など)
・オメガ6
(代表的なものはリノール酸などの必須脂肪酸)
・オメガ9
(オレイン酸やエルカ酸といった不飽和脂肪酸)
・チモキノン
・アミノ酸15種

など・・・

※チモキノンとは・・・

アルツハイマー病の原因であるアミロイドβの神経細胞毒性を保護する作用のあるもの。
(=アルツハイマー病を予防する効果が期待できる物質。)

脳を保護する働きがあるからと言われています。
高齢化社会になっている日本では、ブラッククミンシードがこれから注目視されるのではないかと言われています。

すごいですね。
代表的なものだけでもこれだけのものがあるのです。
合計すると、なんと100以上の栄養素が入っているのです。

普段の食事や生活で不足しがちなカルシウムや亜鉛などが含まれているので、健康な毎日を過ごす私たちには欠かせない存在ではないのでしょうか?

人間を対象にしたブラッククミンシードの一日あたりの摂取量が2gとそこまで多くないところも、ブラッククミンシードの優れているところです。
ブラッククミンシードの存在は、有難いですね。

ブラッククミンシードの栄養の効果や効能は?

栄養満点なブラッククミンシード、その気になる効果や効能は一体なんでしょうか。

ブラッククミンシードに含まれる栄養成分から期待される効果とは・・・?

・抗酸化作用による老化防止
・免疫力強化
・動脈硬化やガンの予防
・肝臓を保護し、働きを高める効果
・糖尿病の治療
・ピロリ菌の除菌
・ダイエット効果
・しわやシミなどの予防
・痛み止め
・抗菌、抗炎症作用

などです。
挙げるとキリがない程と言われます。

ブラッククミンシードは、多くの異なる生物的経路をポジティブに調整する効果があるというのだそうです。
今や、3人に1人がなっているとされるガンの予防にもなるのです。

何より、必須脂肪酸やビタミンEなどの抗酸化作用により、生活習慣病の予防や改善に繋がると言われているのです。

それに加え、メラニン形成を抑制し、皮膚を活性化させることで、美肌効果までも促進させるので女性は是非ともとっておきたいものではないでしょうか?

女性に嬉しい効果はそれだけに収まりません。
ブラッククミンシードは、空腹時の血糖値を下げる効果まであるので、ダイエットにも非常に良いのです。

毎日ティースプーン1杯分を摂取するだけで良いのです。
あるのであれば、サプリメントとして摂るのも良いですね。

効率的にブラッククミンシードの栄養成分を摂れること間違いなしです。
ブラッククミンシードからは、無限大の可能性を感じますね!

ブラッククミンシードの弱点?デメリット?

死以外に何でも効くとされているブラッククミンシード。
そんな神的な存在の弱点とは一体なんなのでしょうか。

メリットがあれば、必ずデメリットもあるというものです。
神ではないので、完璧ということはないのです。
デメリットとは・・・?

「味」です。
見落としていましたね。
「ザ・薬」みたいな表現があっているという味なのだと言われています。

癖のある味で、お世辞にも美味しいとは言えない味をしていることは確かです。
好きな人は好きかもしれません。

ナツメグに似ている味だとも言われています。
香味絡みはあると言われています。
ですから、カレーのスパイスや中華などに使うと良いとされています。

ブラッククミンシードのこの味から、種を直接摂取することはあまりオススメ出来る方法ではありません。
効率良く、効果的にブラッククミンシードの栄養成分を摂る方法とは一体なんでしょうか?

オイルにすると良い?!

ブラッククミンシードをそのまま食すという手もありますが、肌や髪の毛のケアといった外側から使うものが良いとされています。

やはり、その場合はオイルになっているものを使いましょう。

種のままよりも、使い勝手も良いです。

オイル状のままで、飲んでも食べても、つけても非常に優秀なオイルです。これはオススメですね。

オイルだと、直接皮膚に塗布することも出来るので、アトピー性皮膚炎などの体の中に原因が潜んでいる皮膚の疾患にも抜群に効果があります。

体の内側から直接原因にアプローチ出来ますし、外側からは皮膚に塗布してケアすることができます。
早い変化が見れること間違いなしです!

ブラッククミンシードのオイルには、添加物や余計なものも入っていないので、美容には欠かせませんね。

やはりオイルにしても、匂いがかなりキツイので他のキャリアオイルに10?20%混ぜるのが良いとされています。
オイルは、筋肉痛や肩のマッサージオイルとして使うと非常に効果的です。

顔に、洗顔をした後に塗布しても良いですね。

 

ブラッククミンシードの食べ方(摂り方) 

ブラッククミンシードは、カレーなど香辛料のスパイスとして使うことが一般的とされています。

インド料理の定番のスパイスとされてもいるです。
ブラッククミンシードは、引き立て役として使うことが良いでしょう。

スパイスと聞くと、使い方がわかりづらいかもしれません。

簡単には、スパイス料理に使って食べる方法が良いでしょう。
他のスパイスと一緒にカレーなどを作る時に、投入するやり方が良いでしょう。

ブラッククミンシードの味がメインに来ないように、隠し味として使って食べましょう。

もっと知りたければ、インドの定番料理を調べると良いでしょう。(キーマカレーなどのスープカレー)

ブラッククミンシードの価格は?入手方法は?

万能薬のブラッククミンシード。
その入手方法が分からないのでは、困りものですね。
やはり、日本ではあまり栽培はされていません。
ブラッククミンシードは大半はオイルとして売られています。

ネットで簡単に購入することが可能です。
ハーブ屋専門店などでも取り扱っているところもあります。

ブラッククミンシードの種状のままですと、大体1kg(1000g)で2000円弱とお手頃な価格で手に入ります。

オイルだと、250mlで大体3500円から4000円程と種状のものより少し価格がアップはします。

食事からスパイスとして活かして体内に摂取する目的で摂るならば、種状のものを、塗ったり、飲んだりと体の内側や外側から摂るならばオイルになったものを買いましょう。

ブラッククミンシードのカロリーは?

ブラッククミンシードのオイルの栄養成分は、

・小さじ1杯(5gあたり)
カロリー 45kcal
脂肪 5g
飽和脂肪 1g
ブラッククミン種子油 5g

とされています。
余計なものが入っていないので、女性には特に嬉しいですね。
少しカロリーが高めと感じるかもしれませんが、その効能を考えれば安いものですね。

 

まとめ

以上、ブラッククミンシードの魅力について述べました。
こんな万能薬であって、しかも、お値段もそこまで高くないことからどんな方にも入手可能だということが分かりますよね?

まだ注目を浴びてはいませんが、女性だけでなく、男性やお年寄りなどにもその効果が期待できるという素敵なブラッククミンシード。

オイルで摂取することがオススメですが、種のまま使っても!
老若男女に愛される存在となるなこと間違いなしです。

体の内からでも外からでも効果的なブラッククミンシード。

あなたも明日からブラッククミンシードを摂りましょう!
たった毎日ティースプーン1杯分ほどで良いところも魅力的ですよね。

私も是非ブラッククミンシードを試してみたいと思います。

見た目も内側もピカピカな人間になって、周りのみんなを羨ましがらせたいと思います。
そこのあなたもいかがですか?

フリーカの栄養成分や効果・効能は?ご飯、サラダのレシピは?

アマランサスとは?栄養は?食べ方は?レンジを使った簡単下ごしらえ

チアシードとは?栄養・カロリー!ダイエットに効果的な食べ方!危険?

 

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , , ,

  関連記事

ヨーグルト
L8020乳酸菌の効果!虫歯、歯周病、口臭予防!

皆さんの日常生活の悩みの中には、虫歯や歯周病などがありませんか? いくら歯を磨い …

チーズフォンデュ
チーズフォンデュの作り方、チーズの種類や量、予算は?子供の場合は?

チーズ好きにはたまらない!チーズフォンデュ。フォンデュ鍋がないし家では無理なんて …

アボカド
スライスやサイコロ、角切り、サラダや刺身、簡単なアボカドの切り方

まったりとそれでいて爽やかな口当たりのアボカド、おいしい果物ですよね! アボカド …

むかご
むかごの常温・冷蔵庫・冷凍庫での保存方法と期間!保存食レシピ!

むかごは旬の時期以外ではあまり見かけません。 むかご好きでも、一度にたくさん手に …

こごみ
こごみの栄養やカロリーは?ゆで方や食べ方を説明!!おすすめレシピ

春になると、あちこちの山で山菜が顔を出します。 今日は、その中でも比較的癖がなく …

玉ねぎ
玉ねぎの保存方法!常温・冷蔵・冷凍?吊るし方のコツ!保存食は?

じゃがいもやにんじんと共に、ご家庭に常備されている方も多い玉ねぎ。みなさんはどう …

ブルーベリー
ブルーベリーの栄養やカロリー、効果?妊婦には?冷凍やジャムの違い

みなさんブルーベリーってどのような果物かご存知ですか? ブルーベリーはあんなに小 …

とうもろこし
スウィートコーンの栄養やカロリー!!効果は?おすすめの食べ方を紹介

スウィートコーンはみなさんがよく知っているとうもろこしです。そのほかにもベビーコ …

油
食用油の賞味期限!未開封では?開封後はどのくらい?処分方法は?

食用油は、使うのを忘れて戸棚の中にしまってあったり、使っているうちにいつのまにか …

味噌煮込みうどん
味噌煮込みうどんの具、食べ方は?本場名古屋では?作り方を紹介

名古屋名物である「味噌煮込みうどん」 各家庭でも思い思いの具を使いレシピがあると …