くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

ズッキーニの栄養やカロリー!効果は?加熱は?妊婦や子供には?

ズッキーニ

ズッキーニは、日本ではあまり、なじみのないお野菜ですが、

その栄養成分やカロリー、効果などをここではご紹介します。

スポンサーリンク

ズッキーニの栄養・カロリーは?加熱しても大丈夫?

まず、ズッキーニとは、どのような野菜かというと、
ウリ科カボチャ族の分類になるため、かぼちゃの一種となります。

ズッキーニのカロリーは可食部100gあたり14kcalと低エネルギーです。

栄養素はタップリです。βカロテンが豊富に含まれています。

βーカロテンは、身体に入るとビタミンAに変わります。しかし、このビタミンAは脂溶性ビタミンなので、取り過ぎはよくありません

1/3が小腸で吸収されるため、残りのものだけがビタミンAに変換されるのです。

カリウムも含まれています。それ以外にも食物繊維やミネラル、ビタミンB群も豊富です。

ズッキーニは、水分量も少ないため、加熱するほうが向いています。

歯ごたえは、なすのような感じです。

脂溶性ビタミンも含んでいるため、油を使った料理で、栄養素吸収をより高めるとよいです。

スポンサーリンク

ズッキーニの栄養の効果・効能は?

では、ズッキーニの効果効能は、どのようなものがあるかというと、高血圧の予防にも効果があり、癌なども防ぎやすい効果を持ち合わせています。

それ以外にも貧血を防いだり、骨粗しょう症なども防ぎつつ、骨を強くする効果があるため、欠かせない栄養素となることは間違いありません。

意外なのは、血行が良くなり、便秘解消できる作用があることです。

ズッキーニは、美容効果もあります。

ビタミンB群を多く含んでいるため、美容効果も期待ができます。

ダイエットにも最適ですよ♪
是非積極的に食べてみてください。

スーパーでも少しずつ販売されているところもあります。

旬は6月~9月頃です。

ズッキーニの栄養は妊婦や子供には?

上記でお話しした栄養素以外に妊婦さんに必要な栄養素を豊富に含んでいます。

葉酸や鉄分、カルシウムや食物繊維なども豊富です。

便秘解消効果もあるため、妊娠中の便秘や不快感なども解消できます。

子供にも豊富な栄養素が含まれているため、食べさせるとよいです。

1つだけ注意点があり、苦み成分に、食中毒原因となるものが含まれています。

その名称は「ククルビタシン」という物質です。

ごく微量ですが、何らかの形で食中毒を起こす可能性があるので、火をきちんと通してくださいね。非常に苦みが強いため、もし、強い苦みが感じられたときは、即食べるのをやめましょう

かぼちゃの栄養や効能は?カロリーは?ダイエットに効果あり?妊婦には?

バターナッツかぼちゃとは?特徴や栄養おすすめのレシピは?

 

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , ,

  関連記事

長芋 山芋 自然薯 大薯 とろろ
長芋のアレルギーの症状は?起きた時の対処方法!離乳食にも大丈夫?

長芋のアレルギーの症状は?起きた時の対処方法!離乳食にも大丈夫? とろろにしてご …

グラノーラ
ミューズリー、グラノーラ、オートミールの違い!効果で選ぶなら?

簡単に食べられてヘルシーな朝食として シリアルを利用する人は多いでしょう。 最近 …

うなぎ蒲焼
土用はいつ?丑の日の意味や由来は?ウナギ以外の6つの食べ物!

夏の暑い時期に迎える”土用の丑の日” ウナギの蒲焼きやうな重などこの日はウナギを …

明日葉
明日葉の栄養や効果は?むくみ予防やセルライト除去に効果的!!

普段、食事の栄養やバランスは気にしていますか?カロリーやビタミン・食物繊維など、 …

日本茶
煎茶のおいしい入れ方!急須での入れ方は?お湯の温度は?冷煎茶は?

皆さんは「煎茶」を入れる時に、 どの様な手順で入れていますか? もしかしたらその …

豆腐
簡単に網を使う豆腐の水切り方法、キッチンペーパーは?レンジで時短!

最もポピュラーな食材「豆腐」 料理の方法によっては水切りが必要ですが、 水切り方 …

高野豆腐
高野豆腐の栄養やカロリー・効果は?タンパク質は?妊婦や離乳食には?

最近ではヘルシーな食材として食卓にあがる様になった「高野豆腐」ですが、どの様な栄 …

グレープフルーツ
グレープフルーツの栄養は?剥き方や食べ方!砂糖で?スプーンでは?

グレープフルーツはさっぱりとした酸味と苦味が ダイエット中の食欲を抑える働きをも …

納豆
納豆を食べ過ぎると太る?体臭は?痛風や脱毛に!妊婦や赤ちゃんは?

好き嫌いはあるものの、 古くより日本の食卓にあがる「納豆」 発酵食品を食べる健康 …

ゆでたまご
ゆで卵の殻の綺麗な剥き方!タッパーやコップを使う!息を吹きかける!

お弁当に、サラダに、煮卵、おでん・・・、と いつも大活躍のゆで卵。 毎日のように …