くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

ヤーコン茶とは?入れ方、作り方は?栄養や効果は?副作用は?

ヤーコン

ヤーコン茶とはどのようなものか、皆さんはご存知でしょうか?

初耳の方もいらっしゃるかもしれませんので、今回は、ヤーコン茶の

栄養や効果などを詳しくご説明しますね!

スポンサーリンク

ヤーコン茶とは?入れ方、作り方は?

まずヤーコンとは何かというと、アンデス原産のキク科の根菜です。

根の方は、サツマイモに似ていてます。

そして、このヤーコン茶になる部分が、根のサツマイモに似た部分ではなく、葉っぱの部分となります。

市販のヤーコン茶は、煮だしパックが多いので、やかんに入れて、

3分ほど煮出した後に15分じっくり蒸らしてから飲むとより、効果が得られます

味的には、可もなく不可もなくという味のようなので、味に物足りなさを

感じる場合は、ブレンドして飲むのもありかもしれませんね。

人によっては、苦みを感じる方もいるようです。

ヤーコン茶の作り方として、葉茎から作る場合は次のような方法を用いてくださいね。
動画を紹介します。

ヤーコン茶の栄養や効果、効能は?

ヤーコン自体に天然成分のインスリン(イヌリン)が含まれています。

これは、血糖値を下げる効果があるため、糖尿病の方にも効果が絶大です。

葉っぱには、ポリフェノールやカテキンが多く含まれていますので、

体にもとても効果が期待できます。

美肌効果もありお肌がすべすべになるので大人気のお茶となっています。

中性脂肪やコレステロール値が下がり、脂肪肝も防ぐことが出来ます。

体重減少も期待できるため、ダイエット効果も存分にありますよ♪

腸内環境も整えてくれる効果のあるヤーコン茶は、妊婦さんも子供さんも飲めますよ♪

カフェインも含まれていないので、積極的に飲んでくださいね。

動脈硬化の改善や健康効果がたくさん期待できますが、飲み過ぎには十分注意が必要です。
食物繊維が豊富な食べ便秘解消にもなりますが、人によっては、腹痛や便がゆるくなったり下痢になったりする場合もあるようです。

食物繊維が豊富に含まれているため、便秘解消にも役立っています。

そして、抗がん作用もあるため、がん予防にも一役かっているんです。

凄い効果が期待できますよね。

スポンサーリンク

ヤーコン茶の副作用は?

ヤーコン茶そのものに、副作用の報告は、とくにはありません。

しかし、飲む場合に少し注意は必要です。

アレルギー体質の方は、注意が必要です。
アレルギー反応を起こす場合もあるため、

少しずつ飲んでみてくださいね。

びわの栄養やカロリーは?効能は?お茶も妊婦にうれしい効果が!

宮古ビデンスピローサ茶の効果・成分・副作用は?妊婦は飲める?

カモミールティーの効果、飲み過ぎの副作用?妊婦、授乳中は?時間は?

 

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , ,

  関連記事

生姜湯
生姜湯の効能は?風邪や喉の痛みへの効果は?飲む時間はいつ?妊婦は?

冷え性解消など身体を温める飲物として おすすめの「生姜湯」 生姜はそのまま食べる …

大豆
大豆の食べ過ぎは太る?適量は!下痢・便秘・腹痛・腰痛や甲状腺の影響も

体によい栄養満点食材「大豆」加工品も多く手軽に栄養を摂る事が出来るので、多く食事 …

マカダミアナッツ
マカダミアナッツオイルの栄養・効果?使い方・食べ方?注意点は?

一昔前は「油は体に悪い!」といった風潮が大勢でしたが、 昨今では、健康に美容に良 …

アマランサス
アマランサスとは?栄養は?食べ方は?レンジを使った簡単下ごしらえ

次々と話題になる“スーパーフード”。 チアシード、キヌアに続いては、「アマランサ …

カリフラワー
カリフラワーの保存方法や期間!保存食はピクルス!大量消費のレシピ!

ブロッコリーに比べると地味な存在ですが、 カリフラワーの栄養素は がんの予防効果 …

豆腐
豆腐の食べ過ぎは下痢や病気に?ダイエットは?妊娠中は?

カロリーが控えめで腹持ちもいいので、ついダイエットや健康の為にと食事に、豆腐を食 …

ピーナッツ 落花生
ピーナッツの栄養には驚くべき抗酸化作用が!生活習慣病予防にも効果あり!

お肌の手入れをサボるとすぐに調子が悪くなって…、そして最近お肌の調子やお化粧の乗 …

さつまいも
さつまいもの保存方法!冷蔵・土に埋める・切った後!保存食レシピは?

一般的にさつまいもの収穫は、 夏の終わりから秋にかけてとなります。 芋掘りなどで …

くるみ
くるみオイルの栄養やカロリーと効果は?おすすめの使い方!

kur 最近オリーブオイルを筆頭に、ココナッツオイル、アマニ油、えごま油など色々 …

コーヒー
カフェインは交感神経を刺激、覚醒・血管拡張の効能!副作用の危険性も!

私たちの身近にあるカフェインは、 眠気覚ましや、 日頃の水分として摂取することが …