くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

パプリカの栄養やカロリー!効果は?赤、黄、オレンジ色の違いは?

パプリカ

パプリカは、いろいろな色があります。
今回は、パプリカの栄養やカロリー、効果など、

詳しくご説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

パプリカの栄養・カロリーは?加熱しても大丈夫?

パプリカは、赤、黄、オレンジ色と色は様々ですが、栄養価はとても高いパプリカです。

パプリカは100gあたり、389kcalもあり、栄養成分自体も豊富です。

 

ピーマンに含まれているビタミンは、加熱に弱い部分がありますが、
パプリカに関しては、崩れにくい特徴があります

その理由は、ビタミンPの効果によるもので、酸化を防ぐ働きがあるためです。

加熱して摂取することによって、栄養が吸収されやすくなるため、ぜひ加熱をお勧めします

油でいためてもいいので、ぜひ、食べてくださいね。

スポンサーリンク

パプリカの栄養の効果・効能は?赤、黄、オレンジ色の違いは?

では、種類ごとにご説明します。

赤パプリカ

完熟した状態の肉厚な野菜で、主に含まれている成分の効果は、βカロテンよりも

さらに効果の高い抗酸化作用が含まれているのです。

血流をよくする効果や疲れを回復する効果、新陳代謝が良くなる効果と効果絶大です。

黄パプリカ

ビタミンCや老化を防ぐルテインが含まれています。

シミそばかすも防ぐ成分ははいってるので、女性は是非とっていただきたい食品です。

オレンジパプリカ

オレンジパプリカは、ビタミンEも含まれていますが、赤パプリカと黄パプリカ両方の栄養素を含んでいます。

そして、それ以上に栄養価が非常に高いです。何倍もの量が含まれているとなると、摂取せずにはいられないですよね♪

女性には特にうれしい効果ばかりですので、すすんで摂取してくださいね。

パプリカの栄養は妊婦や子供には?

貧血にならないような工夫がいる妊婦さんにはパプリカが最適なものとなります。

それ以外にも、赤ちゃんに必要な栄養素を豊富に含んでいます。

苦みもないため、食べやすいそのうえ、栄養価も高いです。

ピーマンが苦手なお子さんでも、パプリカなら食べられる子供さんも多いはずです。

パプリカは、彩も鮮やかでいろいろな料理に使うことが出来ます。

生で食べることもできるし、炒めても、煮てもなんにでも使えます。

サラダやパエリア・野菜炒めやカレーなどにもと大活躍できます。

色々な料理で使ってみてくださいね。

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , , ,

  関連記事

ナスビ
ナスの栄養やカロリー・効能は?きゅうりと比較!妊婦や子どもには?

夏野菜のナスは、 浅漬け、炒め物、揚げ物と 色々な料理と相性の良い野菜ですが、 …

ふきのとう
ふきのとうのカロリーや栄養成分は?健康効果効能は?人気レシピは?

ふきのとうの旬は、春先です。ふきのつぼみの部分となります。自生している天然物です …

葉が付いているかぶ
かぶの保存方法は根と葉で違う!離乳食の場合は?保存食レシピを紹介!

おいしそうなかぶを買っても葉はすぐ傷んでしまいます。葉も食べられるのは知っている …

お茶・ティーポット
ウーロン茶の飲みすぎ、カフェインは?症状は胃痛や下痢?寝る前は?

ウーロン茶といえばダイエットに気を付けている方は よく飲んでいる印象がありますが …

トマト
チョッピーノスープとは?作り方やおすすめアレンジレシピは?

コストコで今人気のチョッピーノスープを知っていますか?チョッピーノスープはどんな …

くるみ
くるみアレルギーの原因や症状・対策は?クルミオイルは?

香ばしく美味しい「くるみ」ですが、少しの量でもアレルギーを起こす事があります。 …

ハンバーグとニンジングラッセ
にんじんのグラッセのレンジの簡単な作り方!保存方法や離乳食には?

ハンバーグなどの肉料理の付けあわせの定番に 人参のグラッセがあります。 にんじん …

うなぎ蒲焼
土用はいつ?丑の日の意味や由来は?ウナギ以外の6つの食べ物!

夏の暑い時期に迎える”土用の丑の日” ウナギの蒲焼きやうな重などこの日はウナギを …

油
亜麻仁油の効能!摂取量!副作用は?認知症、アトピー、不妊症に効果!

芸能人も多く使ってその効能が話題の 「亜麻仁油」 注目されるその秘密、 効能とは …

こしあぶら
山菜こしあぶらの旬の時期は?見分け方やカロリーや栄養や効果を紹介

春は山菜がおいしい季節ですね。山菜の代表「タラの芽」は天ぷらなどにしていただくこ …