くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

グラノーラとは?栄養やカロリー・効果?ダイエット・マクロビには?

グラノーラ

忙しい朝にも朝食はしっかりと食べたいものです。

そういうときにシリアルはとても便利な食品ですね。

以前はシリアルといえばコーンフレークが主流でしたが現在はたくさんの種類があります。

普通のスーパーでも国内メーカーの商品から海外の輸入品まで扱っているところもあったりして迷い出すとキリがありません。

それぞれの商品の味もなかなかバラエティ豊かです。

主原料となる穀物の種類に加えて各種のドライフルーツやナッツ、メープルシロップやハチミツでの風味づけなどメーカーごとにいろんな工夫がされています。

日替わりで違うものを毎日食べても飽きることがありません。

その一方で種類がたくさんありすぎてどれがどういうものかわかりにくいというところもあったりします。

グラノーラはシリアルの中でも人気商品です。

スポンサーリンク

グラノーラとは?どんな栄養があるのか・食べ方について

グラノーラは19世紀後半のアメリカで誕生しました。

以前からあったサナトリウムの患者のために開発されたものをケロッグ博士が今親しまれているような形に改良して人気に火が付きます。

オーツ麦・麦・玄米などの穀物に
各種のナッツ類・ドライフルーツを混ぜて
メープルシロップ・ハチミツ・植物性油脂を加え
オーブンで焼いたものです。

グラノーラを食べることで摂取することが期待できる主な栄養素は鉄分・各種ビタミン・ミネラル・カルシウム・食物繊維といったところになります。

特に鉄分は女性にとって欠かせない要素ですから貧血に悩む人はぜひ注目してみてください。

メインの原料であるオーツ麦は穀物類の中でも特に栄養価が高いことで注目されています。

このオーツ麦にいろんな種類のナッツ類やドライフルーツを合わせることで様々な甘味や風味が混ざり合っているのです。

他のシリアルと同じようにグラノーラを食べるときには
牛乳かヨーグルトをかけて食べる、というのが多い食べ方です。

カロリーが気になるという場合は豆乳などでもいいでしょう。

アイスクリームと合わせて食べる、という意見もあります。

グラノーラの栄養にはたんぱく質が不足しているので
牛乳などをかけるのは不足を補えるいい方法です。

グラノーラはそれ自体にほのかな甘みがあるのでそのまま食べても十分に美味しいです。

実は「そのまま食べるのが好き」そのまま派も案外多いのです。

せっかく買ったけれど好みに合わなくて食べ切れない場合も利用する方法はあります。

パウンドケーキに混ぜ込んだりクッキー生地に混ぜ込んだり手作りお菓子の材料として使うのがおススメです。

いろんなメーカーがグラノーラを製造していますが、
ホームページをのぞいてみると牛乳をかけたりして食べる以外の面白くて簡単なレシピがたくさん掲載されています。

スポンサーリンク

グラノーラのカロリーは?ダイエット・マクロビに利用するには

グラノーラを食べる量は
50グラムから60グラムとされています。

主なメーカーの商品で
50グラムのカロリーを見てみると
約190Kcal~220Kcal前後ということで
ご飯1膳分よりも低くなっています。

この数字だけ見るとダイエットするなら
グラノーラがいい、ということになります。

ただ忘れてならないのは含まれる「糖質」です。

ご飯1膳150グラムの糖質は(精白米・白ご飯の場合)
55.2グラムとなっています。
比べてグラノーラは低いもので約29グラム・高いもので約39グラムです。

数字だけ見るとここでもグラノーラに軍配が上がります。

ところがご飯の糖質は多糖類に分類されるデンプンです。

この糖質はゆっくりと吸収されるタイプで活動のためのエネルギーとして消費されることができます。

グラノーラの糖質は配合されているドライフルーツや
使われているシロップ類の
果糖・ブドウ糖・砂糖・乳糖・麦芽糖になります。
これらは単糖類・二糖類に分類されます。

こちらの糖質は吸収されるスピードが早いので
脂肪として蓄積されやすいのです。

このポイントを考えると
グラノーラはダイエットに向いている
ということにはなりません

もちろん全くダメ、ということではありません。
豊富な食物繊維で便秘の解消が期待できますから
そちらの方面からのダイエット効果を狙うということもできます。

オートミールを使うとマクロビ仕様のグラノーラを
手作りすることができます。

ヘルシーおやつの材料としてもいいものです。
「マクロビ グラノーラ」で検索すると
お料理サイトでいろんなレシピが見つかります。

グラノーラの栄養の効果・効能

グラノーラの主原料はオーツ麦です。

主な栄養はカルシウム・鉄分などの
ミネラル類で、プラスして食物繊維が豊富です。

鉄分は女性にとって重要な要素です。
この他、食物繊維による便秘解消効果・
コレステロールを下げる・
血糖値を下げる・疲労回復効果が期待できます。

もちろんフルーツグラノーラなど
ドライフルーツやナッツを
一緒に食べることのできるものは
それらからの恩恵も期待できます。

例えばココナッツが入っているものなら
余分な塩分を排出してくれるカリウム
筋肉疲労をやわらげ
抗ストレス作用もあるマグネシウム
などを採ることができます。

アーモンドが含まれていれば
アンチエイジング効果のあるビタミンE
悪玉コレステロール対策のできる
オレイン酸などです。

グラノーラは
「食事」というよりも
「おやつ代わり」として食べる、
という人もいるように
健康的なスナックとしての使い方も楽しめます。

身体にいいから、といって食べ過ぎるのは
糖質の取りすぎの原因にもなります。

でも適度に楽しむ限り美容や健康に
強い味方になってくれるでしょう。

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , , ,

  関連記事

とうもろこし
スウィートコーンの栄養やカロリー!!効果は?おすすめの食べ方を紹介

スウィートコーンはみなさんがよく知っているとうもろこしです。そのほかにもベビーコ …

さつまいも
さつまいもの保存方法!冷蔵・土に埋める・切った後!保存食レシピは?

一般的にさつまいもの収穫は、 夏の終わりから秋にかけてとなります。 芋掘りなどで …

パクチーのサラダ
パクチーの栄養やカロリーは?便秘解消、美肌、加齢臭予防の効能も

今とっても話題になっているのが、栄養、効能、デトックス効果など、食べないともった …

マカダミアナッツ
マカダミアナッツのカロリーや栄養は?効果は?妊婦や子供には?

最近、小腹が空いたらお菓子ではなく、ナッツを!という言葉をよく聞きませんか? 美 …

離乳食
離乳食を始める基準!どんな栄養が必要?献立や相談は?便秘の対策は

赤ちゃんは、最初に母乳やミルクを飲んで育ちますが、やがて離乳を始めるために離乳食 …

アスパラガス
アスパラガスのカロリーや栄養や成分・効能は?食べ過ぎは?臭くなる?

茹でたり炒めたりして美味しいアスパラガス、身体にいいといわれているけど、どんな栄 …

マッシュルーム
マッシュルームの栄養やカロリー・効果は?妊婦に必要な成分も!

洋食に入っているきのこと言えば、 マッシュルームですよね。 缶詰でも売っていて、 …

モロヘイヤ
モロヘイヤの栄養やカロリー・効果は?人気レシピは?注意は?

野菜の王様の言われるモロヘイヤ(アラビア語)は、日本ではシマツナソと言われ、19 …

ウィートグラス
ウィートグラスパウダーの効果は?飲み方やどれくらいの量を飲むの?

ウィートグラスパウダーはご存知ですか? ウィートグラスパウダーは海外で、 地球で …

ひじき
ひじきのカロリーや栄養の効能!ヒ素が含まれている?離乳食に使える?

ひじきと言えば、健康にいいイメージがありますね! 鉄分が豊富ということはご存じの …