くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

ゴジベリー(クコの実)の栄養やカロリー?食べ方は?効果や副作用!

ゴジベリー クコの実

「ゴジベリー」という果実をご存知でしょうか。

ミランダ・カーなどセレブも注目している
美容食として人気を集めています。

ゴジベリーの栄養や効果、
合わせて食べ方についてご紹介します。

スポンサーリンク

ゴジベリーの栄養、栄養価やカロリーは?

「ゴジベリー」という名前では
あまり耳馴染みがないのですが、
その正体はなんと「クコの実

赤いドライフルーツとして
見かける事が殆どだと思います。

 

中国では3000年以上より古くから、
漢方薬などで重宝されてきました

およそ100種類のミネラルやビタミンを含むとされていて、
その主な栄養価とは、

・カロテノイド(ゼアキサンチン)
・アミノ酸(ベタイン)
・ビタミンB1、B2、C
・リノレン酸
・鉄分
・カルシウム
・食物繊維
・ポリフェノール

見るからに健康や美容によさそうな
栄養を含んでいる事がわかります。

なお、気になるカロリーは100gでおよそ「363kcal」
あまり量をたくさん食べるとカロリーが気になります。
でもクコの実ばかり100gも食べることってそうはないですよね。

スポンサーリンク

ゴジベリーの栄養、効果や効能、美容には?

ゴジベリー(クコの実)の効果といえば、

・美肌やアンチエイジング
・血行改善
・眼精疲労
・血中コレステロールの改善
・抗アレルギー作用
・発がん抑制作用
・疲労回復 

コレステロールの改善を齎す「β-シトステロール」には
女性の月経前症候群や更年期障害の症状の緩和
さらに男性には男性型脱毛症の治療に効果がある様です。

女性が注目したい部分といえば「美容」ですが、
美容といえば「ビタミンC」

ゴジベリー(クコの実)はオレンジの500倍もの
ビタミンCやポリフェノールを持ち、
美容で注目されるβカロテンやリコピン、ルティンやゼアキサンチン
といった強い抗酸化力を持つ成分を複数含んでいるのが特徴です。

合わせてコラーゲンを構成する「ヒドロキシプロリン」
という成分を含んでいる事からシワやたるみ、
などといった肌悩みにも期待ができます。

 

ゴジベリーの栄養、有効的な食べ方は?副作用は??

ゴジベリーは1日の摂取量を成人で約20g程度
(およそ20粒程度)が適量とされています。

また、糖分などで加工されていない
天然のものを購入する様にしましょう。

効果的な食べ方としてそのまま食べるのもよいですが、
ヨーグルトなどと合わせて食べたり、
クコの実を焼酎で漬けた「クコ酒」や、
お湯をかけてから実はもちろん、
そのお湯自体をお茶の様にしていただく方法があります。

 

美肌効果を望むのであれば、
やはり眠っている間に様々な体の修復や
成長ホルモンが分泌し美容効果ある成分の吸収率も高まるので、
夜、デザート代わりに数粒戴くといった方法もよさそうですね。

また、万が一食べ過ぎてしまった際に
気になる「副作用」ですが、

ナス科クコ属であるので、
ナスやトマトなどを食べて口腔アレルギーが出る方は注意です。

医学的には解明されていませんが、
他に
「生理が早くなる」
「早産の危険性」
「血圧低下」

「血糖値上昇」といった事も言われています。

漢方薬などでも扱われている薬用果実であるので、
そうした副作用を加味しつつ適度に摂取しましょう。

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , , ,

  関連記事

ニラ
ニラの保存方法は冷蔵・冷凍?保存期間は?保存食のニラ醤油レシピ

鍋料理に入れても、炒め物にしても、また生食でも美味しいニラですが買ってきてすぐに …

トマト
チョッピーノスープとは?作り方やおすすめアレンジレシピは?

コストコで今人気のチョッピーノスープを知っていますか?チョッピーノスープはどんな …

マッシュルーム
マッシュルームの栄養やカロリー・効果は?妊婦に必要な成分も!

洋食に入っているきのこと言えば、 マッシュルームですよね。 缶詰でも売っていて、 …

牛乳
牛乳の飲み過ぎは太る?病気やアレルギーは?幼児や子供の量は?

牛乳は古くから健康や子供の成長にと 欠かせないものとされてきましたが、 「飲み過 …

おせち料理とお雑煮
お雑煮の簡単なつくり方と地方のお雑煮紹介

今年ももう残すところあと少しとなりましたね。 ついこの間まで暑い暑いなんて言って …

ステーキ
ステーキの焼き方、焼き加減の種類!安い肉や冷凍肉の焼き方は?

美味しいステーキの焼き方ってご存知ですか? ただ単に焼くだけではそのお肉の旨味を …

生姜
生姜湯の作り方!甘みは砂糖・黒砂糖・はちみつ?生それともパウダー?

身体を芯から温める飲物に「生姜湯」がありますね。飲むとポカポカとしてきてホッとし …

豆腐
豆腐の食べ過ぎは下痢や病気に?ダイエットは?妊娠中は?

カロリーが控えめで腹持ちもいいので、ついダイエットや健康の為にと食事に、豆腐を食 …

すき焼き
すき焼きの関東風と関西風の違いは?作り方、食べ方、肉、具は?

色々なお祝いや新年会・忘年会の時に、何故か食べたくなる料理の一つにすき焼きがあり …

大豆
大豆イソフラボンの効果!豊胸やニキビ改善や美肌にも!妊娠や更年期障害は?

大豆イソフラボンには、悪玉コレステロールを減少させて血流を促進するレシチンや、脂 …