くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

大豆イソフラボンの効果!豊胸やニキビ改善や美肌にも!妊娠や更年期障害は?

大豆

大豆イソフラボンには、
悪玉コレステロールを減少させて
血流を促進するレシチンや、
脂肪吸収を抑制して
血中の脂質を洗い流してくれるサポニンなどの
成分が含まれています。

大豆イソフラボンの働きと
女性ホルモンのエストロゲンの働きは
よく似ています。

エストロゲンは、
女性の健康や美しさや
若々しさを手助けしてくれますが、
加齢とともにこのエストロゲンは
分泌量が減少してしまいます。

その後、
更年期を経て閉経を迎えるのですが、
この時に体や心に変化がみられることがあります。

更年期障害」です。

大豆イソフラボンには、
更年期障害、生理不順、骨粗しょう症、
前立腺ガンなどの改善
効果が期待できるといわれており、
女性だけではなく男性にとっても
有効な成分であると考えられています。

他にも女性ホルモンをコントロールする働きもあるため、
月経前症候群(PMS)や更年期障害などの
女性特有の症状を緩和する効果にも期待されています。

ポリフェノールは
抗酸化物質ということで広く知られていると思いますが、
マメ科の植物に含まれる
ポリフェノールのなかのイソフラボンのうち、
大豆由来のものが「大豆イソフラボン」と呼ばれます。

大豆イソフラボンには活性酸素を抑制する働きもあり、
様々な不調を予防し改善する効果があります。

スポンサーリンク

大豆イソフラボンの効果・胸を大きくする?

大豆イソフラボンの効果のひとつに、
胸を大きくする、
豊胸の効果があるとされています。

乳房は母乳を出すために必要となる乳腺を守るため、
脂肪細胞が乳腺を包み込む状態となっています。

つまり、胸が大きい=脂肪細胞の数が多い、
ということになります。

脂肪細胞は、
乳腺の発達によって増加するといわれています。

エストロゲンには
乳腺細胞の増殖を促進する働きがあり、
乳腺の発達に欠かすことができません。

生理前になると何故か胸が張る、
という方は多いのではないでしょうか。

その理由は、
エストロゲンの分泌量は排卵の前(=生理前)
にピークを迎えるためだったのです。

大豆イソフラボンとエストロゲンは
よく似た分子構造をしています。

つまり、
大豆イソフラボンとエストロゲンは
よく似た働きをするので、
摂取することで乳腺細胞の増殖を促進できるのです。

スポンサーリンク

大豆イソフラボンの効果・ニキビ改善や美肌に繋がる?

大豆イソフラボンは、
女性ホルモンのなかのエストロゲンと
よく似た分子構造を持っています。

体内のエストロゲン不足時には、
エストロゲンの代わりとなり作用します。

美肌のためには、
エストロゲンの働きは大変重要です。

コラーゲンやヒアルロン酸などの
美肌を保つために必要な成分は、
エストロゲンの分泌量が少ないと
充分に作ることができなくなってしまいます。

その結果、
肌のハリや弾力が損なわれ外からの刺激に弱くなります。

つまりダメージを受けやすくなるのです。

そして、
このことがニキビや肌荒れの原因となってしまうのです。

生理前になると肌のトラブルが増える方も多いかと思いますが、
ニキビや肌荒れにも、
大豆イソフラボンは効果があるのです。

エストロゲンの代用となるばかりではなく、
エストロゲンの分泌量をコントロールする作用もあるのです。

大豆イソフラボンには
ホルモンバランスを整えてくれる働きがあるのです。

大豆イソフラボンには抗酸化作用もありますので、
健康で美しい肌を維持することに繋がります。

大豆イソフラボンの効果・妊娠や更年期障害にも良い?

大豆イソフラボンはホルモンへの影響力がありますので、
過剰摂取に対して注意が必要です。

食品安全委員会が(国民栄養調査・ヒト臨床研究)に
基づいて設定している数値では、
1日の上限70~75mg
特定保健用食品・サプリメントから摂取する場合は、
1日30mg
と決められています。

通常の食事であれば過剰摂取の心配はありませんが、
サプリメントを利用する場合には
注意が必要となります。

妊娠中や授乳中の女性が
サプリメントの摂取を考えた場合、
事前に医師に相談することをお奨めします。

更年期障害は、
閉経に伴って
女性ホルモンが減少することが原因となって起こります。

大豆イソフラボンの構造と働きは、
女性ホルモンのエストロゲンとよく似ていますので、
大豆イソフラボンを摂取すると
体内に女性ホルモンが増加したと錯覚を起こします。

そのため、
エストロゲンの分泌量が低下してしまう更年期の女性は、
更年期のつらい症状が軽減されるといわれています

大豆の食べ過ぎは太る?適量は!下痢・便秘・腹痛・腰痛や甲状腺の影響も

豆乳の栄養素や成分、カロリーは?効能は?阻害とは?妊婦にはいい?

豆腐の食べ過ぎは下痢や病気に?ダイエットは?妊娠中は?

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , ,

  関連記事

ぬか漬け
ぬか漬けの食べ方、きゅうりや水なすは?サンマやニシンは?洗う?

ぬか漬けは古くから日本にある発酵食品であり、 ぬかによる美容効果や便秘解消といっ …

キャベツ
キャベツの保存方法や保存期間、保存食のザワークラウトのレシピは?

冷蔵庫の隅に干からびたレタスやキャベツが転がっていた、そんな経験はありませんか。 …

卵
アレルギーに関係した7品目の特定原材料とは?準ずる物は20品目

日本人のうち、3人に1人は何らかのアレルギーを持つと言われています。 よく知られ …

マカダミアナッツ
マカダミアナッツオイルの栄養・効果?使い方・食べ方?注意点は?

一昔前は「油は体に悪い!」といった風潮が大勢でしたが、 昨今では、健康に美容に良 …

棗
なつめの栄養やカロリーは?妊婦さんに嬉しい効能!副作用は?

なつめは私たちが普段あまり口にすることはなかなかないのですが、ドライフルーツとし …

ジャガイモ
ジャガイモの芽の毒食べた!症状は?加熱で大丈夫?致死量とは??

じゃがいもは比較的保存期間も長く、色々な料理に活躍してくれる常備野菜の1つですが …

ピーナッツ 落花生
ピーナッツの食べ過ぎで腹痛・下痢や胃痛・頭痛に!鼻血に?

  ついつい食べ過ぎてしまうピーナッツ、美容にもよいとされていますが、 …

ティーポット
烏龍茶の効能や入れ方!やかんでは?簡単・冷たい入れ方!台湾では?

烏龍茶をおいしく入れる方法をご存知でしょうか。 いつもなんとなく入れてて、 なん …

はまぐり
はまぐりの砂抜きの方法や時間は?時短テク!!開かない原因は?

お吸い物や酒蒸しなどがおいしいはまぐり。 潮干狩りでもお馴染みですね!はまぐりの …

キウイフルーツ
キウイの追熟方法!リンゴ・バナナ・みかんでできる?追熟剤とは?

キウイは、日本では一年中買うことができる栄養たっぷりの果物です。 でも、中には買 …