くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

大豆イソフラボンの効果!豊胸やニキビ改善や美肌にも!妊娠や更年期障害は?

大豆

大豆イソフラボンには、
悪玉コレステロールを減少させて
血流を促進するレシチンや、
脂肪吸収を抑制して
血中の脂質を洗い流してくれるサポニンなどの
成分が含まれています。

大豆イソフラボンの働きと
女性ホルモンのエストロゲンの働きは
よく似ています。

エストロゲンは、
女性の健康や美しさや
若々しさを手助けしてくれますが、
加齢とともにこのエストロゲンは
分泌量が減少してしまいます。

その後、
更年期を経て閉経を迎えるのですが、
この時に体や心に変化がみられることがあります。

更年期障害」です。

大豆イソフラボンには、
更年期障害、生理不順、骨粗しょう症、
前立腺ガンなどの改善
効果が期待できるといわれており、
女性だけではなく男性にとっても
有効な成分であると考えられています。

他にも女性ホルモンをコントロールする働きもあるため、
月経前症候群(PMS)や更年期障害などの
女性特有の症状を緩和する効果にも期待されています。

ポリフェノールは
抗酸化物質ということで広く知られていると思いますが、
マメ科の植物に含まれる
ポリフェノールのなかのイソフラボンのうち、
大豆由来のものが「大豆イソフラボン」と呼ばれます。

大豆イソフラボンには活性酸素を抑制する働きもあり、
様々な不調を予防し改善する効果があります。

スポンサーリンク

大豆イソフラボンの効果・胸を大きくする?

大豆イソフラボンの効果のひとつに、
胸を大きくする、
豊胸の効果があるとされています。

乳房は母乳を出すために必要となる乳腺を守るため、
脂肪細胞が乳腺を包み込む状態となっています。

つまり、胸が大きい=脂肪細胞の数が多い、
ということになります。

脂肪細胞は、
乳腺の発達によって増加するといわれています。

エストロゲンには
乳腺細胞の増殖を促進する働きがあり、
乳腺の発達に欠かすことができません。

生理前になると何故か胸が張る、
という方は多いのではないでしょうか。

その理由は、
エストロゲンの分泌量は排卵の前(=生理前)
にピークを迎えるためだったのです。

大豆イソフラボンとエストロゲンは
よく似た分子構造をしています。

つまり、
大豆イソフラボンとエストロゲンは
よく似た働きをするので、
摂取することで乳腺細胞の増殖を促進できるのです。

スポンサーリンク

大豆イソフラボンの効果・ニキビ改善や美肌に繋がる?

大豆イソフラボンは、
女性ホルモンのなかのエストロゲンと
よく似た分子構造を持っています。

体内のエストロゲン不足時には、
エストロゲンの代わりとなり作用します。

美肌のためには、
エストロゲンの働きは大変重要です。

コラーゲンやヒアルロン酸などの
美肌を保つために必要な成分は、
エストロゲンの分泌量が少ないと
充分に作ることができなくなってしまいます。

その結果、
肌のハリや弾力が損なわれ外からの刺激に弱くなります。

つまりダメージを受けやすくなるのです。

そして、
このことがニキビや肌荒れの原因となってしまうのです。

生理前になると肌のトラブルが増える方も多いかと思いますが、
ニキビや肌荒れにも、
大豆イソフラボンは効果があるのです。

エストロゲンの代用となるばかりではなく、
エストロゲンの分泌量をコントロールする作用もあるのです。

大豆イソフラボンには
ホルモンバランスを整えてくれる働きがあるのです。

大豆イソフラボンには抗酸化作用もありますので、
健康で美しい肌を維持することに繋がります。

大豆イソフラボンの効果・妊娠や更年期障害にも良い?

大豆イソフラボンはホルモンへの影響力がありますので、
過剰摂取に対して注意が必要です。

食品安全委員会が(国民栄養調査・ヒト臨床研究)に
基づいて設定している数値では、
1日の上限70~75mg
特定保健用食品・サプリメントから摂取する場合は、
1日30mg
と決められています。

通常の食事であれば過剰摂取の心配はありませんが、
サプリメントを利用する場合には
注意が必要となります。

妊娠中や授乳中の女性が
サプリメントの摂取を考えた場合、
事前に医師に相談することをお奨めします。

更年期障害は、
閉経に伴って
女性ホルモンが減少することが原因となって起こります。

大豆イソフラボンの構造と働きは、
女性ホルモンのエストロゲンとよく似ていますので、
大豆イソフラボンを摂取すると
体内に女性ホルモンが増加したと錯覚を起こします。

そのため、
エストロゲンの分泌量が低下してしまう更年期の女性は、
更年期のつらい症状が軽減されるといわれています

大豆の食べ過ぎは太る?適量は!下痢・便秘・腹痛・腰痛や甲状腺の影響も

豆乳の栄養素や成分、カロリーは?効能は?阻害とは?妊婦にはいい?

豆腐の食べ過ぎは下痢や病気に?ダイエットは?妊娠中は?

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , ,

  関連記事

大豆
大豆の食べ過ぎは太る?適量は!下痢・便秘・腹痛・腰痛や甲状腺の影響も

体によい栄養満点食材「大豆」加工品も多く手軽に栄養を摂る事が出来るので、多く食事 …

ズッキーニ
ズッキーニの栄養やカロリー!効果は?加熱は?妊婦や子供には?

ズッキーニは、日本ではあまり、なじみのないお野菜ですが、 その栄養成分やカロリー …

こごみ
こごみの栄養やカロリーは?ゆで方や食べ方を説明!!おすすめレシピ

春になると、あちこちの山で山菜が顔を出します。 今日は、その中でも比較的癖がなく …

数の子
数の子の塩抜きのやり方!冷蔵庫・常温?時短方法は?真水ではダメ?

数の子の塩抜きについてお教えします。 お正月のおせちに欠かせないメニューです。 …

塩麹
塩麹の魚や野菜、きのこ、肉類への美味しい使い方やレシピをご紹介!

人気のある調味料「塩麹」ですが、買ったり作ってみたけど以外と使い方に困ってるなん …

みょうが
みょうがの栄養成分・カロリーは?どんな効果がある?妊婦さんには良い?

暑い季節、みょうがを素麺や冷奴の薬味として召し上がる方が多いのではないでしょうか …

むかご
むかごの常温・冷蔵庫・冷凍庫での保存方法と期間!保存食レシピ!

むかごは旬の時期以外ではあまり見かけません。 むかご好きでも、一度にたくさん手に …

離乳食セット
離乳食の初期・中期・後期の野菜の進め方・注意点!いつか何を食べる?

離乳食を始めるのはいつからといえば 生後5~6か月になれば離乳を始められます。 …

ブロッコリー
ブロッコリーの栄養やカロリー・効能!カリフラワーと比較!妊婦には?

茹でたものをお弁当の彩りに入れたり 野菜サラダに加えたりすると きれいな濃いグリ …

醤油麹
醤油麹の特徴や作り方は?使い方は?塩麹との使い分けは?

一時のブームに終わらず便利な調味料として市民権を得た塩麹。その姉妹的な存在である …