くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

プロテインの種類の特徴や効果の違いや使い分け!ホエイ?ソイ?

プロテイン

以前はプロテインと言うと、運動選手やボディビルダーのような特に筋肉を必要とする人達が摂るもの、というイメージがありましたが、
最近は私達のような普通の人達でも、定期的に摂取している人が増えているようです。

今回はよりプロテインを身近なものとして知るため、その種類や特徴を中心に紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

プロテインの種類はどんなものがある?

そもそも「プロテイン」とはタンパク質のことです。
ただ、日本では「プロテイン」というと、高タンパク質のプロテインサプリメントのことを指すことがほとんどで、ほぼ同義語のように使われています。

まずはどんな種類があるのか見ていきましょう。

ホエイプロテイン

よく市販のヨーグルトのふたを開けると、上に溜まっている水分が「ホエイ」=乳清です。

乳から乳脂肪分やガゼインを除いた水溶液で、水溶性のタンパク質や乳糖ミネラル分が豊富に含まれています。
このホエイを利用して作られたものがホエイプロテインです。

ガゼインプロテイン

「ガゼイン」とは、牛乳やチーズに含まれているリンタンパクの一種です。
このガゼインを使ったものがガゼインプロテインです。
○ソイプロテイン
原料として大豆タンパクを使ったプロテインです。

エッグプロテイン

こちらも名前の通り、鶏卵などの卵白を原料に使ったプロテインです。

このように、使われているタンパク質によって種類別されています。

スポンサーリンク

プロテインの種類の特徴や効果の違いは?

それでは、次にそれぞれのプロテインの特徴について簡単に説明したいと思います。

ホエイプロテイン

他の製法で作られたプロテインよりも粉っぽさがなく飲みやすいので、あまり飲んだことがない方でも抵抗なく飲めます。

また、比較的安価なのも人気の理由の一つです。
摂取した後の消化が速く、体内でのタンパク質の合成を促進する効果があります。

ただし消化が速い分エネルギーとして消費されやすいので、筋肉の維持や発達を目的にする場合はこまめに摂取するのがおすすめです。

ガゼインプロテイン

ホエイプロテインに比べると消化&吸収がゆっくりなので、長時間にわたって体内にタンパク質を補給することができます。

また、タンパク質が不足して筋肉が分解されてしまうのを防ぐ効果もあります。

他のプロテインに比べて少し値段は高めのものが多いようです。

ソイプロテイン

ソイプロテインに使われている大豆タンパクは、分解&吸収に時間がかかるため満腹感が得やすく、長時間の効果が期待できます。

また、タンパク質だけではなくイソフラボンも豊富に含まれているので、抗酸化作用やホルモンバランスを整えるなど、健康・美容にも良い働きがあります。

ただ若干粉っぽさが残ってしまうため、他のプロテインに比べると飲みにくさを感じる方もいるかも知れません。

エッグプロテイン

エッグプロテインに含まれているタンパク質である「アルブミン」は、身体の組織になりやすい性質があるので、効率よく筋肉を作る効果が期待できます。

プロテインの種類による使い分けは?

このように、プロテインは原料によって、その特徴や効果も色々変わってくるので、自分に最も適したプロテインを買うためには、自分が何を目的としてプロテインを摂るのか、また価格や飲みやすさなど何を優先するのか考えて選びましょう。
目的別によるおすすめのプロテインをまとめてみました。

筋肉を付けたい方

ホエイプロテイン→筋肉を使う運動を行った直後に摂取しましょう。糖質を含むドリンクに溶かして飲むとより高い効果を得ることが出来ます。

エッグプロテイン→こちらも筋肉の生成に効果的ですが、残念ながら日本ではほとんど販売されていないようです。海外サイトなどからの購入をお勧めします。

ダイエットしたい方

ソイプロテイン→腹持ちがよく栄養価も高いので、食事と置き換えたりおやつ代わりに摂取するのがお勧めです。

ガゼインプロテイン→こちらも腹持ちが良いため、ダイエットしている時のおやつ代わりや栄養補給に摂取するのがお勧めです。
ダイエットしていない方でも、タンパク質の補給として飲むのも良いでしょう。

いかがだったでしょうか?
身体や生命の維持・発達に必要不可欠な栄養素であるタンパク質。

食事で摂るのが理想ですが、1日に必要な量を摂るのはなかなか大変なもの。

そんな時はプロテインのような便利な物に頼るのもありかも知れません。

筋肉を付けたい方はもちろんのこと、食生活が不規則な方、ダイエットしたい方も、ぜひ一度試してみてくださいね!

筋肉痛の原因!ストレッチやサプリメントで予防!プロテインは?

縄跳びと筋肉への効果、子供には?太ももやふくらはぎや背中や腕には?

スポンサーリンク

 - スポーツ , ,

  関連記事

縄跳び
縄跳びと筋肉への効果、子供には?太ももやふくらはぎや背中や腕には?

縄跳びを使ってダイエットをしたり、身体を鍛える事ってありますよね。 ボクサーが縄 …

ランニング 長距離走
長距離走のトレーニング方法!呼吸やフォーム!子どもの場合の注意点

最近、マラソンやランニングがブームになっていることもあって、 街でも走る人の姿を …

エアロバイク
エアロバイクのダイエットに効果的なやり方や時間!トレーニングは?

エアロバイクは自転車漕ぎの要領で、 フィットネスジムなどでも手軽に出来る 有酸素 …

水中ウォーキング
水中ウォーキングの効果・消費カロリーは?ダイエットや腰痛・膝痛は?

プールで泳がずに歩行を続ける「水中ウォーキング」はご存知でしょうか。今回は水中ウ …

ウォーキング
ウォーキングの正しい痩せるやり方!歩き方「骨盤ウォーキング」は?

手軽な運動の1つである「ウォーキング」 運動不足の方でも始め易いと思いますが、 …

ゾンビ
ゾンビ体操の効果とやり方!血管には?メリットは?ダイエットは?

元宝塚男役の紫吹淳さんが実践して、 結果を出したという「ゾンビ体操」ってご存知で …

ボディービル 胸板
胸板を厚くする筋トレは腕立て伏せ・ベンチプレス!水泳が効果的!期間は?

胸板が厚いといえばやはり水泳選手が思い浮かびます。 女性でも男性に負けないくらい …

エアロビクス
エアロビクスのやり方や効果は?トレーニング方法や上達の方法は!

エアロビクスは有酸素運動の1つではありますが、 どうトレーニングしたらよいのでし …

ストレッチ
パーソナルトレーニングジムとは?料金相場は?ダイエット効果は?

トレーニングセンターなどの前を通ると、身体を鍛えるため若者から高齢者まで、一人で …

柔道
柔道着の値段の相場は?下着は着る?着方やたたみ方や臭い時の洗濯洗濯は!!

いざ着ようと思うと以外と忘れてる柔道着の着方。また、必須科目などで柔道を始められ …