くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

報恩講とは?封筒の表書きは?お布施の相場は?

寺

浄土真宗の寺院や門徒にとって最も大切な法要である「報恩講」をご存知でしょうか?

代替わりしたらお寺から「報恩講」の案内を受け取って、戸惑った経験のある方もいるかもしれません。

報恩講とはどんな行事なのか、どんなマナーがあるのか、などをここで押さえておきましょう。

スポンサーリンク

報恩講とは?ほんこさんって呼ばれている??

報恩講とは、仏教の各派において寺院や門信徒によって宗祖や派祖の恩徳に報いるために営まれる法要のことを言います。

浄土真宗であれば、開祖である親鸞聖人の命日(11月28日)、または秋~冬にかけて行われます。

真宗大谷派は11月21日~28日に、
浄土真宗本願寺派西本願寺では1月9日~16日に営まれています。

報恩講は、長ければ1週間ほど続くこともあってか、寺院での法要という寺院や門徒にとっての行事というだけでなく、その地域全体のお祭りような雰囲気もあります。

そのせいか、親しみをもって地域によってさまざまな呼び方があるようです。

一例を挙げると、
「報恩講さま」
「ほんこさま」
「お取越(とりこし)」
「お仏事(ぶつじ)」
「お七夜(しちや)」
「お引上(ひきあげ)」などがあります。

どの呼び方にも、敬称が付いていることからも、いかに地域で親しまれてきたかが伺えますね。

スポンサーリンク

報恩講に持参するお包み、封筒の表書きは?

始めて報恩講へ参る場合、お包みはどうしたら良いのか困る人も多いと思います。

聖人の恩徳に報いるということであれば、祝儀袋なのか、
聖人の命日ということであれば、不祝儀袋なのか、
というところから迷ってしまいますね。

結論から言えば、仏教では祝儀・不祝儀という考えはないので、どちらでも構わないようです。

ですが、一般的慣習では、お念仏に出あえたことを慶ぶという意味で祝儀袋を用いるようです。

そして、封筒の表書きには、報恩講という行事への懇念を表す「報恩講志」や「ご仏前」、「お供え」、
広く本尊へお供えという意味で「お布施」としても良いでしょう。

報恩講のお布施の相場

お布施というと気になるのがその金額ですよね。

やはり、相場程度はお包みしたいと思うものです。
ですが、親鸞聖人の教えからいうと、お布施の金額に決まりも相場もありません。

また、一般的にどれくらい渡しているのか、というのも、地域性やお寺との関係性によってもそれぞれ渡す金額が異なってくるので一概にはなかなか言えません。

関東辺りでは、5000円が一番多いと言いますが、3000円や1万円という方もいるようです。
一方北海道では、1000円という地域もあるようです。

報恩講に参加する場合は、檀家さんや近所の方に聞いてみたほうが一番良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

 - 生活 ,

  関連記事

初夢
富士や鷹・なすび、元カレや告白、虫や死ぬ初夢の意味は?

正月を迎えて初めて見る夢「初夢」ですが、初夢も本来縁起の良い物を見れば、縁起が良 …

サーキュレーター
サーキュレーターの冷房・暖房の効果的な使い方!ロフトや吹き抜けの置き場所!

お部屋の中の空気を循環させたりするのに とっても便利なサーキュレーター。 実際の …

桜
夢占い!桜の夢は?蕾と咲き始めと満開、神社や桜吹雪の意味?

桜は春先に豪勢なピンクの花が咲く日本の代表的な樹木です。 実在の桜は三月頃に咲く …

大腸
腸活とは?腸活マッサージやヨガの効果!注意することは?

日常食べた食物は、胃で溶かされた後に腸へ達し栄養や水分を吸収され、消化された食物 …

牛乳
牛乳パックの簡単工作!椅子や踏み台!幼稚園や高齢者のおすすめは?

牛乳パックを使った工作は、夏休みのお子さんの宿題や再利用の点からもおすすめのDI …

洗濯物
黄砂の洗濯物の影響は?洗い直しは必要?部屋干しも!外干しの注意点!

黄砂が飛ぶ季節、困ることのひとつに“洗濯物”がありますよね? うっかり外に干して …

びわ
びわ茶の作り方、飲み方は?妊婦には?ダイエットには?副作用は?

びわは、バラ科の常緑高木で、楽器の琵琶に似た葉っぱとオレンジ色の甘い実がなります …

洗濯機
洗濯機の排水口の掃除の方法!防水パン、トラップは?真下の場合は?

洗濯したはずの衣類から 何だか嫌な臭いがしている時、 ありませんか。 洗濯機を掃 …

妊婦
妊娠中に食べ過ぎると良くない食材は!腹痛・胃痛・お腹が張る場合

妊娠中は、何かと食事に気をつけなければなりませんが、「食べ過ぎるとよくないよ!」 …

子どものカラオケ
子供や大人の音痴を直す方法!合唱や、カラオケでうまく歌える方法

友人や仕事仲間でのお付き合いで、歌を歌う機会というのは意外に多いものです。 歌が …