くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

四万六千日とは?由来は?浅草寺のほおずき市や金沢の違いは?

四万六千日
観音様より功徳が得られるという
四万六千日(しまんろくせんにち)」という
行事をご存知でしょうか?

北陸・石川県の金沢や東京浅草寺などでは
縁日が行われるのですが、
どんな行事なのかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

四万六千日とは?由来は?

四万六千日(しまんろくせんにち)とは、
1000日間観音様にお参りしたことと同じ
ご利益を得る事ができるという功徳日をいいます。

観音様の縁日は毎月18日なのですが、
特に7月10日にお参りすることに意味がある
江戸時代より行われて来た行事です。

その数字に居たっては由来は明確ではなく、
いわれの1つとしてお米1升が4万6千粒あるとされていて、
これを人の一生とちなんでいるとも言われています。

四万六千日は年数にして126年、
まずどんなに長寿でもこの年数を毎日1日、
お参りすることは不可能なことですが、
古くは心身を健やかに病気や事故に遭わなければ
この年数は長生き出来るだろうという無病息災を祈り
願った数字であるとも伝えられています。

スポンサーリンク

四万六千日、浅草寺のほおずき市の由来は?

東京、浅草寺ではこの四万六千日の日には、
ほおずき市や縁日が行われます。

ほおずきは生薬として利用され、
平安時代より鎮咳や解熱、利尿作用や咳、
発熱、のどの痛みやむくみなどに
効果があるとされてきました。

そもそも縁日で売られていたもので、
とくに直接の因果関係はない様ですが、
体によいものを売るには縁日は最適であったことが
いつの間にかこの行事には無くてはならない
風物詩となった様です。

本来は東京芝の愛宕神社が発祥の四万六千日ですが、
このほおずき市によって浅草寺の方が盛大になったと言われています。

他にも江戸時代に農家の軒先に赤とうもろこしを吊るしていて、
その農家だけが落雷に合わなかったということから
雷避けとして赤とうもろこしも売っていましたが、
明治時代に不作となり現在ではお札を授与される様になりました。

現在日程は、10日に一番に功徳にあやかりたいという人が多かったため、
前日の9日も含めた2日間が功徳日として認識されています。

四万六千日、金沢では?

金沢でも四万六千日は藩政期より続く行事として、
旧暦7月9日に行われます。

その地殻になると四万六千日と書かれた張り紙を街角でよく見かけるようになります。

由来や意味は同じではありますが、
所変わればやや行われる事に違いがあり、
金沢では四万六千日の日には家の軒先に
とうもろこしを吊るします

この日は参拝後に祈祷を受けた
皮や毛がついたままのとうもろこしを購入し、
自宅の軒先に吊るすという風習なのですが、
その意味はとうもろこしのぎっしりとつまった実に家族の繁栄、
とうもろこしの毛には儲けや魔除けなどに通じている様です。

関東地方の四万六千日にはとうもろこしを下げる風習はありませんが、
思えば浅草寺の赤いとうもろこしを吊るした農家の話しと
重なる様な気もしますね。

スポンサーリンク

 - イベント・行事 , ,

  関連記事

稲穂
新嘗祭とは?いつ?意味や起源は?神嘗祭の違いや勤労感謝の日の関係は?

新嘗祭とは、読み方は(にいなめさい)、(しんじょうさい)です。 新嘗祭の「新」は …

黄色い薔薇のかごに入った花束
いい夫婦の日に贈るプレゼントは何がいい?

いい夫婦の日もありがたくめでたい日です。 どこのデパートや花屋でもキャンペーンだ …

七五三のお参りの神社
七五三のお参りの時期はいつからいつくらいまで?仏滅は?忌中は?

七五三のお参りの時期は確認しましたか? 年齢には数え年と満年齢の二種類あり、どち …

ゆず,柚子
ゆず湯の作り方と効能

入浴剤でもいろんな香りと効能のあるものが気軽に手に入りますが、 日本には昔から「 …

セール
ブラックフライデーの意味や由来!感謝祭やサイバーマンデー?日本は?

「ブラックフライデー」ちょっと怖いイメージの言葉ですね。 同じブラックを使う「ブ …

節分
節分の意味や由来、食べ物(福茶・福豆・蕎麦・恵方巻き)とは?

クリスマスやお正月などの行事に比べて華やかさはないものの、 ユーモラスな豆まき行 …

七五三のお参りの神社
七五三の両親の服装のマナーは?どんな服を選べばいい?

七五三、子供は華やかな衣装で身を包み健康を願う行事です。 ここでうっかりしやすい …

海
潮干狩りの時間帯や服装や持ち物・必需品やあると便利なものは?

春になると潮干狩りのシーズンがやってきます。自分で摂った貝はまた違った美味しさで …

酉の市
浅草の酉の市の由来は?開催期間!屋台の時間やアクセス方法は?

11月酉の日に、各地で開かれる酉の市。一番有名なのはやはり浅草の酉の市ではないで …

お食い初め
お食い初めのやり方!石は?男の子と女の子の違い?関東と関西では?

日本では色々な慣しやお祝いがありますが、 その中で赤ちゃんに行う事柄に 「お食い …