くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

ローヤルゼリーの栄養の効能は?副作用は?後遺症が残る可能性は?

女王蜂

ローヤルゼリーは、
女王蜂のみが食べることのできる特別な食事で、
若い働き蜂が花粉を摂取し体内で作り出します。

ローヤルゼリーは、
10種類以上のビタミン類の他に、
豊富なミネラルと、
9種類もの必須アミノ酸と、
15種類のアミノ酸が含まれている
栄養価の高い食品です。

幼虫期からこのローヤルゼリーを
食べ続ける女王蜂の寿命は、
約3~5年といわれていますが、
女王蜂以外の働き蜂は数か月程度といわれます。

多くの栄養素を含む自然食品なので、
健康や美容のために
多くの関心が寄せられていますが、
体質によってはアレルギーの心配もあります。

レルギー体質の方は、
体質にあっているのか確認する意味でも
少量からの摂取をお勧めします

スポンサーリンク

ローヤルゼリーの効果は?

ローヤルゼリーには、
類パチロンという成分が豊富に含まれています。

これは代謝と発育に影響するホルモンです。

このホルモンをアミノ酸やビタミンが、
さらに効果がでるようサポートしてくれるので、
美容とアンチエイジングに
大きな効果が期待ができます。

他にも、
栄養が豊富に含まれているので、
高血圧やメタボリックシンドロームなどの
生活習慣病の改善にも効果が期待できます。

ローヤルゼリーを摂取することで
・喘息
・花粉症
・肝臓病
・膵臓炎
・睡眠障害
・月経前症候群
・胃痛
・腎臓病
などの症状に改善の効果があるといわれます。

また、
脳卒中の予防、
後遺症にも効果があるとされています。

ローヤルゼリーには、
肝機能を高めて
血液の機能を正常にする働きがあるので、
脳出血によって起こるリスクを
軽減させる効果があります。

他に、
自律神経のバランスを調整する働きもあり、
後遺症の改善に大きく役立つといわれています。

スポンサーリンク

ローヤルゼリーの副作用の症状は?妊婦は?

ローヤルゼリーで副作用が出ることはありませんが、
卵や蕎麦や小麦などのように、
アレルギー反応が出てしまうことはあります

アレルギー体質の方は、
まずは医師へ相談することをお勧めします。

ローヤルゼリーは、
妊婦の摂取は避けることが主流です。

妊娠中は身体が敏感に反応しやすくなっています。

通常は何も問題がなくても、
妊娠中に高い栄養を摂ることで
問題が出る可能性があるのでは、
と考えられる為なのです。

妊婦が摂取しても安全安心だ、
と言い切れるデーターが存在しないのです。

妊娠中はホルモンバランスも変わりますし、
母体から胎児への影響も不明なのです。

どうしても妊娠中に
ローヤルゼリーを摂取したい場合は、
まずは医師へ相談されて下さい。

アサヒローヤルゼリーSAI48 アサヒローヤルゼリーSAI48

ローヤルゼリーの副作用で後遺症などが残る?

ローヤルゼリーの副作用で
後遺症が残ることはありません。

蜂は様々な植物の花粉を集めていますので
何がアレルゲンとなったか特定は難しくなりますが、
ハチミツを食べて気分が悪くなったり、
下痢を起こした経験のある方は、
ローヤルゼリーの摂取は
避けておいたほうが良いと思われます。

ローヤルゼリーは
栄養価の高い自然食品ですが、
発売されている商品には
色々なものがありますので、
含まれる栄養や品質を十分考慮して選ぶように
お気を付け下さい。

蜂の子の栄養!効果は?耳鳴りが改善?サプリメントでの副作用は?

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , ,

  関連記事

油
亜麻仁油の効能!摂取量!副作用は?認知症、アトピー、不妊症に効果!

芸能人も多く使ってその効能が話題の 「亜麻仁油」 注目されるその秘密、 効能とは …

里芋
里芋の保存方法は?冷凍は?農家では土の中?保存期間は?離乳食では?

和風の料理では煮物や汁物が有名ですが 最近はコロッケにしたり 唐揚げにしたりグラ …

さつまいも
さつまいもの栄養やカロリー!効果は?妊婦にはいい?かぼちゃ、ジャガイモの比較

さつまいもといえば、 ご飯のおかずとして、おやつとして、 天ぷら、焼き芋、大学い …

塩麹
塩麹の効能と栄養や成分、塩分や効果的な食べ方は?塩分は高血圧には?

今でも不動の人気「塩麹」家庭でも自作している方が多く、健康によいとされています。 …

トマトジュース
トマトジュースの効能とは?肌や育毛の効果?メタボ対策や血圧にも良い効果が!

トマトを使った健康法や美容法など 色々あり注目されている野菜ですが、 なかなかト …

餃子
おいしい餃子の焼き方、フライパンにくっつく生餃子や冷凍のコツは?

手作りや冷凍などでもお馴染みの「餃子」 上手に焼く焼き方をご存知でしょうか。 「 …

こごみ
こごみの保存方法は冷蔵・塩漬け・乾燥冷蔵!保存食や美味しい食べ方!

春になると様々な山菜が収穫できますが、その中の一つであるこごみをピックアップしま …

ふきのとう
ふきのとうのカロリーや栄養成分は?健康効果効能は?人気レシピは?

ふきのとうの旬は、春先です。ふきのつぼみの部分となります。自生している天然物です …

コーヒー
カフェインは交感神経を刺激、覚醒・血管拡張の効能!副作用の危険性も!

私たちの身近にあるカフェインは、 眠気覚ましや、 日頃の水分として摂取することが …

ピーマン
ピーマンのカロリーや栄養や効果は?種には?妊婦や子供には?

ピーマン嫌いの子供さんも多いですが、今回は、ピーマンの知られざる栄養価や効果効能 …