くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

にんにくの食べ過ぎの症状下痢、腹痛、貧血、臭いおならの対処方法は?

にんにく

「にんにくを食べるとスタミナがつく」とはよく言われていること。

確かに、にんにくには滋養強壮や疲労回復の効果がある栄養素や、その他身体に良い効果を及ぼす栄養素が含まれています。

しかし、効能が強い分、過剰摂取は禁物!
にんにくも食べ過ぎると、副作用が出てしまうのです。

ここでは、にんにくを食べ過ぎた時の症状や対処法についてご紹介したいと思います。

にんにくの臭いを消す調理方法や食べ物・飲み物は?気にならなくなる?

スポンサーリンク

にんにくを食べ過ぎた時の症状は?

それでは、まずにんにくを食べ過ぎるとどのような症状が出てしまうのか見ていきましょう。

下痢・便秘になる

にんにくに含まれている「アリシン」には強い殺菌効果があるため、食べ過ぎると胃腸の中の悪玉菌だけではなく、
ビフィズス菌などの善玉菌も殺してしまいます

その結果消化・吸収作用がうまく働かなくなり、
便秘や下痢といった症状が起こる可能性があります。

胃痛・腹痛が起こる

にんにくには胃の粘膜を刺激して消化を促す効果がありますが、
空腹の時に食べすぎてしまうと逆に胃腸を刺激しすぎてしまい、
胃痛や腹痛の原因となることがあります。

貧血になる

にんにくには血小板が固まるのを抑える作用があり、
血液をさらさらにする働きがあります。

逆に摂りすぎてしまうと、溶血作用が強くなることによってヘモグロビンが減少し、貧血の症状を招くことがあります。

臭いおならが出る

にんにくに含まれる成分が悪玉菌だけでなく善玉菌まで殺してしまうと腸内の食べ物が腐敗し、
お腹の中に臭いガスが充満してしまうため、
強烈な臭いのおならとなってしまうのです。

頭痛がする

にんにくに含まれる成分が赤血球を壊してしまい、
その結果脳への酸素供給が不足して頭痛を引き起こしてしまうことがあります。

体臭・口臭がする

にんにくの臭いの元となる成分は強烈で、食べた後や翌日にも口臭や体臭として残ってしまうことがあります。

スポンサーリンク

にんにくの食べ過ぎによる下痢、腹痛、貧血、臭いおなら、頭痛、体臭への対処方法は?

次に、もし食べ過ぎて色々な症状や副作用が出てしまった場合の対処法をご紹介します。

○下痢・便秘
胃腸内のビフィズス菌などの善玉菌が減ってしまったことに因るものなので、ヨーグルトや味噌、漬物など乳酸菌を豊富に含む食品を摂取し、腸内環境を整えてあげると良いでしょう。

○胃痛・腹痛
胃や腸が刺激が強すぎてダメージを受けているので、良質なタンパク質やビタミン類を摂って、胃の粘膜を保護・修復してあげるようにしましょう。

○貧血
レバーやプルーン、ほうれん草、小松菜、牛肉、豚肉など鉄分を多く含む食品やサプリメントを摂って貧血を回復しましょう。

○臭いおなら
これも善玉菌の減少で起こるものなので、乳酸菌を多く含む食品を摂るなどして胃腸を整えましょう。

○頭痛
脳への酸素不足が原因の場合があるので、
胃腸を少しお休みさせ、横になるなどしましょう。

○体臭・口臭
臭いの元になる「アリシン」はタンパク質を結合すると臭いが消えるので、
牛乳、チーズなど乳製品を摂ったり、こちらも消臭効果のあるカテキンを含む緑茶やコーヒーを飲むのもおすすめです。
パセリやりんごも臭い消しに効果があります。

にんにくはどれくらいの量で食べ過ぎになる?

これまでに紹介したように、食べ過ぎると色々な副作用を発症してしまうにんにく。

でも、適正な量をきちんと摂れば、身体にとってとても良い働きがあるのです。

目安でいうと、成人でしたら1日2片、小さいもので3片。

生のにんにくは刺激がよりつよいので1日1片にしましょう。

お子様は成人の半分量を目安にしてください。

この量を超えないように気をつけながら、にんにくを日々の食事に上手にとり入れてみてくださいね!

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , ,

  関連記事

ニンジン
にんじんの保存方法は常温?冷蔵?冷凍?葉は?期間や保存食をご紹介

栄養満点で、いろんな料理に大活躍のにんじんですが、冷蔵庫に入れておいたら、いつの …

納豆
納豆の成分や栄養価・効果とは?挽き割りは?混ぜる回数で変わる?

納豆は栄養がある!といいますが、 実際栄養ってどんなものが含まれているか みなさ …

生姜
生姜湯の作り方!甘みは砂糖・黒砂糖・はちみつ?生それともパウダー?

身体を芯から温める飲物に「生姜湯」がありますね。飲むとポカポカとしてきてホッとし …

葉が付いているかぶ
かぶの葉や茎の栄養やカロリー!根とは別物!妊婦や子どもに嬉しい効果!

かぶの葉は食べられると知っていても、根の白い部分と違い、使い切れずに余らせてしま …

パクチーのサラダ
パクチーの栄養やカロリーは?便秘解消、美肌、加齢臭予防の効能も

今とっても話題になっているのが、栄養、効能、デトックス効果など、食べないともった …

らっきょう
らっきょうの効果!食べ過ぎでおならが出るのはなぜ?腹痛や下痢に注意

美味しくてついつい食べすぎてしまうらっきょうですが、食べすぎてお腹が痛くなったこ …

味噌汁
味噌汁の塩分、厚生労働省の一日の塩分量は?高血圧や妊婦には?

身体にいい「味噌汁」ですが、塩分の摂り過ぎにならないか心配になりますよね。 実際 …

生姜
酢生姜の作り方!黒酢生姜は?甘くないレシピや効果は?

酢生姜を使ったダイエットや、 冷え性解消方法が人気ですが、 実際どう作ったらよい …

カモミールティー
カモミールティーの効果、飲み過ぎの副作用?妊婦、授乳中は?時間は?

ハーブティには様々な効能や効果があると言われていますが、もっともポピュラーである …

マカダミアナッツ
マカダミアナッツのカロリーや栄養は?効果は?妊婦や子供には?

最近、小腹が空いたらお菓子ではなく、ナッツを!という言葉をよく聞きませんか? 美 …