くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

厄年の女性のやってはいけない事!厄払いとは?いつどんな事をする?

住吉大社

誰しも人生の転機はいくつか訪れるもの。

長い人生の中でちょうど転機が訪れ、
健康面や仕事、対人関係などで
あまりよくないことが起こりやすい年代というのがあってそれを厄年と呼びます。

その厄年には謹んで過ごすという風習が昔からあり、
現代にも伝わっています。

厄年というと、悪いことが起こると思われる方も多いようですが、
実際にはどのように過ごせばいいのか?
また、厄年の方が厄払いをするにはどうするのか?
ご紹介します。

厄年の男性のやってはいけない事!大厄に注意!厄払いとはいつ、何をする?

スポンサーリンク

厄年の女性がやってはいけないこととは?

厄年というのは、その昔平安時代の陰陽師、安倍清明によって広められたと言われています。

長い人生を歩む中で、人生の転機が訪れ、身の回りで災いの起きやすい年として広く知られています。

その年の間は謹んで過ごした方がいいと言われますが、
実際にはやってはいけないことは何なのでしょうか?

一般的には、
新しいことに挑戦したり、
新しい仕事を始めたり、
家を建てるとか

結婚、
引っ越しは避けた方がいい
と言われているのですが、
現代の世の中で、なかなかこれは難しい場合も多いです。

厄年については色々な捉え方があるのですが、
全ての事を避けては通れません。

例えば、病気になりやすいからしっかりと健康管理をするというようなことや
厄年ということを気にし過ぎることで日常生活に差し支えないように厄払いをきちんとするとか
家を新築したり、結婚したりする場合も、慎重に考えてことを進めるなど、
それまでよりも色々なことに気を配りながら、過ごすのがよいのではないでしょうか?

自分自身の事だけでなく、自分の家族や親しい人にもその気配りをし、
例えば両親など家族にも健康管理をするように薦めたりすることもよいでしょう。

そうやって様々な災いを少しでも防ぐことが出来れば八方塞がりになるなどということはないでしょう。

災いがやってこないように、色々気を配りながら、厄払いもして気持ちよく過ごせば
怖がることはないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

厄年の女性 前厄、後厄とは?早生まれの場合は?

それでは次に、厄年の女性はいつなのか?また前厄や後厄とは?
早生まれの場合はどうなるのか?など、厄年の年齢についてご紹介します。

女性の厄年は、「19歳」「33歳」「37歳」「61歳」 の4回あります

この年齢のことを本厄と呼び前厄、後厄はその年齢の前後のことを言います。

例えば本厄が19歳なら18歳を前厄、20歳を後厄といいます。
この前厄、後厄を含める3年間の事を総称して、厄年と言います

2016年の女性の厄年に該当する生まれ年を早見表で見てみると

1999年(H11年)・1998年(H10年)・1997年(H9年)生まれの18・19・20歳

1985年(S60年)・1984年(S59年)・1983年(S58年)生まれの32・33・34歳

1986年(S56年)・1985年(S55年)・1984年(S54年)生まれの36・37・38歳

1957年(S32年)・1956年(S31年)・1955年(S30年)生まれの60・61・61歳

以上の方が該当します。
年齢は数え年で数えます。数え年とは生まれる前の母親のおなかの中に宿った時点を0歳と考え
生まれた時を1歳とする数え方です。

厄年は数え年で考えるので、数え年という考え方が1月1日の新しい年に変わった瞬間に
その年に生まれた人全てが一つ年を取るとなっているので、
例えば2016年の場合は1999年に生まれた女性すべてが前厄になると考えます。

なので早生まれの方の場合は、同級生であっても厄年が訪れるのが一年ずれるということになります。

厄年の数え方にはいくつか説があって、
先ほどの1月1日を節目とするのではなく
節分を節目と考え、その次の日の立春からと考える場合もあるようです。

また、満年齢で考えるというところもあるようなので、そのあたりは経験された方に聞くなどして確認する方がよいでしょう。

女性の場合、4回ある厄年のうち、
33歳の年を大厄といい、
一番気を付けなければならない年齢と言われています。

ちょうど、結婚したり、子供を出産したり、
育児に忙しく、無理をしがちな年齢です。

いつも以上に気を配り、過ごさなければなりません。
特に大厄の時には、厄払いをすることをお勧めします。

厄年の女性、厄払いとは?いつ、どんなことをするの?

年頭の祈祷

厄年の年齢に該当する方は、厄払いなどどうすればいいのか?
いつ、どんなことをするのか?気になるところですね。
厄年の女性のための、厄払いについてご紹介します。

厄払いは神社やお寺で受けることができます。

先ほども述べたように、所によって厄年の数え方が違う場合があるので、
事前に調べることをお勧めします。

年末頃になると、その次の厄年の該当年齢の早見表が
神社やお寺に掲示されることもあるので、確認したり直接問い合わせるのがいいでしょう。

厄払いの時期は、年が変わってからならいつでも出来ます。
節分の時期に訪れる方も多いですが、
初詣を兼ねて、その時に厄払いをすることも出来ます。

厄払いに神社やお寺に行く際には、服装にも気をつけましょう。
華美になりすぎず、肌の露出も控え、カジュアルすぎる服装も避けたいところです。

女性ならワンピースやスーツ、出来れば襟のついたきちんとした感じのものが好ましいです。

それに合わせて靴などものフォーマルなものが良いでしょう。

祈祷をしてもらう場所には靴を脱いで上がることが多いので、靴下やストッキングなどにも気を配りたいところですね。

厄払いをしている神社やお寺に出向いて、
社務所などで厄払いをしてほしいことを伝えれば
どのようにすればいいのか教えてもらえます。
受付で名前を書いて、そこで祈祷料を支払えばあとは指示に従っていれば大丈夫です。

案内に従って祈祷をする場所へ入ったら私語は慎みましょう。

神主さんが太鼓をたたいたり、祝詞をあげたり、御幣をもってお祓いをしたりします。

参拝者が一人ずつ榊を備え参拝するところも多いです。
参拝方法は神主から説明があるのでしっかりと聞いて、指示に従うようにしましょう。

祈祷が一通り終わると神主さんからの言葉があり、帰る際に御札やお守りなどをいただきます。

これは神社の場合ですが、お寺ではまた違いますし、神社でも所によって違う場合もあります。

 

女性の厄年についてご紹介しました。
厄年の数え方も、数え年で数える場合が多いですがその区切りが正月だったり節分だったり
また満年齢で数えるところもあることを覚えておきましょう。

該当する年齢になったら、いつも以上に色々気を配りながら過ごし、

気持ちをスッキリとさせるためにも厄払いをするのがお勧めです。
年の初めに気持ちも新たにスタートするにも厄払いしておきましょう。

スポンサーリンク

 - 生活 , , ,

  関連記事

甘茶
花祭りとは?お釈迦様?誕生日の由来花の種類は?教えとは

春に行われる行事「花祭り」ってご存知ですか? お寺や仏教系の幼稚園などでは春の行 …

茶色のセーターの女性
セーターの虫食いの原因や対策、予防方法は?

季節が変わって衣替えをすると 必ずと言っていいほど見つかるのが「虫食い」ですよね …

寝ている赤ちゃん
夏の赤ちゃんの布団の選び方のポイント!生地は?蹴る場合には?

始めて夏を迎える赤ちゃんにとって 暑い時の布団って結構考えますよね。 暑過ぎはし …

洗濯物
黄砂の洗濯物の影響は?洗い直しは必要?部屋干しも!外干しの注意点!

黄砂が飛ぶ季節、困ることのひとつに“洗濯物”がありますよね? うっかり外に干して …

泣いている子ども
仕事や職場で泣かない方法!面接であがり症の場合!卒業式や葬式では

泣かない・・・と決めても泣いてしまう事ってありますよね。感情の高ぶりによるもので …

入浴剤
入浴剤の作り方、材料による効果!重曹やクエン酸では?バスソルトは?

リラックス出来るバスタイムに、 自分で作る入浴剤で楽しんでみませんか? 案外と簡 …

足裏のマッサージ
食べ過ぎに効く手・背中・足・足裏のツボ!症状改善や食欲抑制効果!

BBQにお盆や帰省、旅行など、いろんなイベントなどで、楽しいけれど、食べ過ぎ・飲 …

灯油缶
灯油の場面別におい消し方法!車内に!洋服・絨毯・フローリングに!

灯油を車で買いにいったり、 灯油をストーブに入れたり、 などという場合にこぼして …

赤ちゃんの入浴
冬場の赤ちゃんのお風呂、毎日必要なの?時間帯や温度は!泣いた時の対処

赤ちゃん誕生は、家族にとって幸せな瞬間ですよね。けれど、子育ては新米夫婦にとって …

引っ越しのため荷物を整理する2人
引越し費用の相場は?一括見積で値切り交渉!費用を安く押さえるコツやポイント

引っ越しとなると何かと出費がかさむものです。引越し費用は定価というものがありませ …