くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

はまぐりの砂抜きの方法や時間は?時短テク!!開かない原因は?

はまぐり
お吸い物や酒蒸しなどがおいしいはまぐり。

潮干狩りでもお馴染みですね!
はまぐりのお吸い物はひな祭りの時に食べる風習もあります。

これは、はまぐりの貝殻がもともとの組み合わせ以外、
ぴったりと合わないことから、
良い伴侶と巡り合うように」という願掛けからきているのだそうです。

はまぐりがおいしいのは知っているけれど、自分で調理するには砂抜きが面倒、という人も多いでしょう。
今回は、そんなはまぐりの砂抜きについてご紹介していきます。
ひな祭りの食べ物の由来や意味は?はまぐり 菱餅、桜餅 ひなあられ ちらしずし
潮干狩りの時間帯や服装や持ち物・必需品やあると便利なものは?

スポンサーリンク

どんなはまぐりでも砂抜きは必要?砂抜きの下ごしらえ方法は?

潮干狩りで獲ってきたはまぐりを調理する際、砂抜きが必要なのはもちろんですが、
スーパーで「砂抜き済」「砂抜き不要」と書かれているものは、家庭での砂抜きは本当に要ないのでしょうか?

ほとんどの人が経験があると思いますが、貝を食べたとき
「ジャリッ」という砂の食感は一粒でも非常に不快です。

ですから、スーパーで砂抜きの表示があっても、改めて砂抜きすることをお勧めします。

潮干狩りなどで自分で獲ってきたものは、一晩程度砂抜きに時間が必要ですが、
スーパーで購入した砂抜き済のはまぐりの場合、3時間程度の砂抜きで十分です。

砂抜きの方法は、
ボールなどにはまぐりを入れ、塩分濃度3%の水をはまぐりが浸かるひたひたの量入れておきます。

その際は、はまぐり同士が重ならないような容器を選びましょう。
そして、新聞紙や一回り大きいボールなどをかぶせ、薄暗いところに置いておきます。

砂抜きが出来たら、1時間程度水に浸けておき塩抜きをすると料理が塩辛くなることを防げますよ。

スポンサーリンク

はまぐりの砂抜きは時間がかかる!?砂抜きの時短テク

「砂抜き不要」と表示しても、やはり砂抜きの工程は必要ということになると時間がないときは困ってしまいますね。

なんとか、短時間で簡単に砂抜きをする方法はないものでしょうか?

なんと、野菜の洗い方として話題になったいわゆる
50℃洗い」で砂抜きできるそうです。

やり方は簡単です。
45~50℃のお湯に5~10分程度漬けるだけです!

時間があれば、20分程度漬けておいた方いいようです。
その後、4、5回ぬるま湯でもみ洗いすると砂抜き完了です。

この方法で砂抜きすると、
加熱し調理したときにプリプリとした食感しあがり、はまぐり自体のおいしさも引出くれるそうです。

これは、忙しいひとに心強い時短テクですね!
ただし、お湯の温度を間違えて熱くしてしまうと、はまぐりが死んで砂を吐き出さないので温度調整だけは注意が必要です。

砂抜きしたときはまぐりが開かない原因は!?どうして?

砂抜きをするとはまぐりの口がうっすら開いて管のようなもの出てきます。

この状態で砂抜きがされます。
塩水に入れても、まったく口が開かないという時に考えられる原因は、

・塩水に一気にはまぐりを入れてしまった
・水が冷たすぎる
・塩水の濃度が濃すぎる、または薄すぎる(真水)

などです。
塩水の濃度は神経質になるほどはありませんが、
塩分濃度3~7%程度の範囲は守りましょう。

塩水に一気に入れたり、水が冷たすぎたりするとはまぐりが驚いて、口を閉めてしまいます。
この場合は、10~20分放っておくと口を開き出すはずです。

また、貝類は砂抜きをしたり、加熱したりしても開かないものは、死んでいるので食べない方がいいと言われています。

死んだ貝は雑菌が繁殖しやすいためです。

ただ、はまぐりの場合は、開かないからといって死んでいるとは限りません。

2枚の貝をつないでいる蝶番の部分が壊れていたり、貝柱の部分が固いといういったことで開かない場合もあるからです。

ですからはまぐりの場合、調理して口が開かないものは、こじ開けて食べても大丈夫です。

ただし全てが大丈夫だと言いきれないので、心配な人は食べない方が良さそうです。

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , , ,

  関連記事

こごみ
こごみの保存方法は冷蔵・塩漬け・乾燥冷蔵!保存食や美味しい食べ方!

春になると様々な山菜が収穫できますが、その中の一つであるこごみをピックアップしま …

マッシュルーム
マッシュルームの保存方法は?保存期限は?オリーブオイルで保存食!

普段何気なく食べているマッシュルームですが、「あれ?意外と知らないかも!?」と思 …

餃子
おいしい餃子の焼き方、フライパンにくっつく生餃子や冷凍のコツは?

手作りや冷凍などでもお馴染みの「餃子」 上手に焼く焼き方をご存知でしょうか。 「 …

味噌
味噌の種類、栄養の含有量、特徴や塩分濃度の違い、熟成期間や選び方!

古くから日本の食卓にあった「味噌」 種類ってどれくらいあるかご存知ですか? 地域 …

牛乳
牛乳の飲み過ぎは太る?病気やアレルギーは?幼児や子供の量は?

牛乳は古くから健康や子供の成長にと 欠かせないものとされてきましたが、 「飲み過 …

ウィートグラス
ウィートグラスパウダーの効果は?飲み方やどれくらいの量を飲むの?

ウィートグラスパウダーはご存知ですか? ウィートグラスパウダーは海外で、 地球で …

アロエ
アロエヨーグルトの栄養やカロリーや効能は?妊婦は食べて大丈夫?

アロエヨーグルトといえば森永乳業ではありませんか? 緑色と白色のパッケージでお馴 …

おせち料理とお雑煮
おせち料理の詰め方は?仕切り方はどうする?

お正月に食べるおせち料理は、 三が日主婦が台所に立たなくてもいいように作る保存食 …

数の子
数の子の栄養や効能、カロリーは?動脈硬化予防や、内臓脂肪を減少?

寒くなってくると唱えてしまう毎年恒例のこのフレーズ、「1年ってあっという間ねぇ」 …

そば
そばの食べ過ぎは太る?妊娠中は?アレルギーの危険!

のどごしがよく、体によい「そば」 そばって食べ過ぎると良くない事はあるのだろうか …