くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

アーモンドのカロリーや栄養や効果と注意点は?妊婦や子供には?

アーモンド

最近、健康や美容によいとしてアーモンドミルクが話題になっていますね。

その原料であるアーモンド、実は「スーパーフード」と呼ばれるほど栄養価に優れているのです。

今回はそんな注目の食材、アーモンドの栄養やその効果について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アーモンドの栄養やカロリーは?

それではアーモンドにはどんな栄養素が含まれているのでしょうか。

まず、アーモンドには「ビタミンE」が100g中に約31mgも含まれていて、数ある食品の中でも非常に高い含有量となっています。

また、良質な不飽和脂肪酸である「オレイン酸」や、現代人に不足しがちなカルシウム・マグネシウム・亜鉛・鉄分といったミネラルも豊富に含まれています。

食物繊維も、ごぼうの2倍というから驚きです。

アーモンドのカロリーは100gで約600kcal
大体10粒で60kcalと覚えておくと良いですね。
それでは、それぞれの栄養にはどんな効果があるのか次に見ていきましょう。

スポンサーリンク

アーモンドの栄養の効果や注意点は?

ビタミンEの効果

 ●抗酸化作用がある→心臓病、脳卒中などの生活習慣病の予防につながる。
 ●血行をよくする→肩こり、頭痛、冷え性などの症状を改善してくれる。
 ●皮膚の健康を保つ→肌を若々しく保ってくれる。
○オレイン酸の効果
 ●悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増やす働きがある。
 ●血液をさらさらにしてくれる。
 ●心筋梗塞や動脈硬化を予防してくれる。

ミネラルの効果

 ●カルシウム→骨や歯の形成に欠かせない栄養素。骨粗しょう症の予防にも効果的。
 ●マグネシウム→細胞の活動に欠かせない栄養素。カルシウムの吸収にも助ける。
 ●亜鉛→タンパク質の生成に欠かせない栄養素。皮膚や粘膜、血球などを再生する働きもある。

その他アーモンドに含まれる食物繊維は、便秘解消にも効果を発揮してくれます。
こうやって見ると、本当にアーモンドは健康にも美容にも嬉しい栄養素がたくさん含まれていることがわかりますね!

それでは、アーモンドを摂取する際に気をつけなければいけないことってあるのでしょうか?

注意点

アーモンドは良質な脂肪を含んでいますが、やはり食べ過ぎるとカロリーオーバーになってしまいます。

1日20粒(=120kcalぐらい)を目安に食べるようにしましょう。

また、おつまみコーナーなどで売られているアーモンドは塩や油が加えられていることがあるので、出来れば
生のアーモンドを買ってきて、家で油を使わずに乾煎りしたり、塩でなくスパイスを加えて食べるなど工夫をして
食べると良いですね。

アーモンドの栄養は妊婦や子供には?

アーモンドは栄養がたっぷりなので、ぜひ妊婦さんやお子さんにもお勧めしたい食べ物です。

妊婦さんには

アーモンドには胎児の成長に必要不可欠な葉酸をはじめ、女性ホルモンの分泌を促進するビタミンEが含まれています。
特にアーモンドに含まれているトコフェロールというビタミンEは、胎盤の形成や流産の防止にも効力を発揮してくれます。
また、食物繊維が豊富なので、妊娠中になりやすい便秘の解消にも役立ちます。

子供には

子供の健やかな成長を助けてくれる栄養素もたくさん入っているアーモンド。
小さい頃からおやつがわりに食べさせたい食べ物ですね。

ただ、アレルギーを起こす可能性があるので3歳ぐらいから少しずつあげていくようにしましょう。
また、喉や気管に詰まらせてしまう危険性があるので、はじめは小さめに砕いてあげたり、誤飲を
防ぐ工夫をしましょう。

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , ,

  関連記事

葉が付いているかぶ
かぶの保存方法は根と葉で違う!離乳食の場合は?保存食レシピを紹介!

おいしそうなかぶを買っても葉はすぐ傷んでしまいます。葉も食べられるのは知っている …

ナスの田楽味噌
味噌田楽の作り方!タレのレシピ!こんにゃくや大根、なすの下ごしらえ

味噌を使った料理に「味噌田楽」がありますね。 甘めのとろりとした田楽味噌がおいし …

くわい
おせち料理の慈姑(くわい)の意味や由来は?作り方や栄養や効果は?

くわいとは、どのようなものか皆さんはご存知でしょうか。 今回は、くわいの名前の由 …

そうめんかぼちゃ
そうめんかぼちゃとは?茹で方は?おすすめの食べ方やレシピ

色鮮やかなそうめんかぼちゃは暑い夏にササッと喉越しよく食べられる美味しい野菜です …

グレープフルーツ
グレープフルーツの栄養は?剥き方や食べ方!砂糖で?スプーンでは?

グレープフルーツはさっぱりとした酸味と苦味が ダイエット中の食欲を抑える働きをも …

桃
桃の栄養やカロリー、効果は?皮は?缶詰では?妊婦には?

皆さんは、桃と言ったら何を連想するでしょうか? 桃太郎、桃色、桃栗三年柿八年、桃 …

ウィートグラス
ウィートグラスパウダーの効果は?飲み方やどれくらいの量を飲むの?

ウィートグラスパウダーはご存知ですか? ウィートグラスパウダーは海外で、 地球で …

ゴジベリー クコの実
ゴジベリー(クコの実)の栄養やカロリー?食べ方は?効果や副作用!

「ゴジベリー」という果実をご存知でしょうか。 ミランダ・カーなどセレブも注目して …

アロエ
アロエヨーグルトの栄養やカロリーや効能は?妊婦は食べて大丈夫?

アロエヨーグルトといえば森永乳業ではありませんか? 緑色と白色のパッケージでお馴 …

チンゲン菜
チンゲン菜の保存方法!期間や方法!離乳食や弁当のおかずにも

青菜類は栄養価も高く食物繊維が豊富な野菜なので、積極的に食べたい野菜です。 ただ …