くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

味噌汁の塩分、厚生労働省の一日の塩分量は?高血圧や妊婦には?

味噌汁

身体にいい「味噌汁」ですが、
塩分の摂り過ぎにならないか心配になりますよね。

実際どれくらいの塩分が含まれているの?
美味しいと感じられる塩分てどれくらい?

味噌汁の塩分について今回は
様々な面からご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

味噌汁の塩分、厚生労働省の一日の塩分量や地域差は?

厚生労働省では一日の塩分摂取量(食塩相当量)を
2015年4月より改訂し従来の量より男性は-1g、
女性は-0.5gした数を推奨しています。

男性・・・8.0g未満
女性・・・7.0g未満

地域差により塩分量が高い地域と
そうではない地域とがあります。

塩辛いもの(漬物や珍味・干し物)などをよく摂る地域、
今までは寒い地域の方が高血圧率が高いとされ、
中でワーストだったのが長野県でしたが、
近年は塩分を控える様な指導が入り奪回しました。

 

そうとはいえ、味噌汁が高血圧に影響するかどうか?
日本高血圧学会報告では日本人の生活を4年に渡り調査し、
味噌汁を1日2杯以上飲む人にはそうでない人に比べて
高血圧リスクが0.18倍も大幅に下がるという結果を出しています。

さらに味噌汁での血圧上昇は他の塩分を摂取した時と比べ
味噌に含まれた塩分は血圧があがりにくいという結果も。

発酵熟成度の高い味噌に多く含まれる「メラノイジン」という成分に
血圧を上げる酵素を抑制する働きをもつともいいます。

スポンサーリンク

味噌汁は高血圧にいい?妊婦には?

味噌汁は1日3食飲む事で、
糖尿病など生活習慣病の予防に有効と言われています。

改定前である2003年に厚生労働省研究班によれば、
お味噌汁は1日3杯以上飲むと乳がんの発生率が40%も下がるとし、
それは大豆イソフラボンによる働きであるとしていました。

しかし、大豆イソフラボンの過剰摂取は
逆に乳がんリスクをあげるということはご存知でしょうか。

女性ホルモン様作用をすることもあり、
日常的にサプリメントで摂っている方もいる近年、
摂りすぎれば身体に影響を及ぼし、
妊娠中の女性ホルモンの乱れにも繋がるともいいます。

大豆製品は味噌以外にも豆腐や納豆や醤油などもあるので
摂りすぎる可能性は多いにあります。

 

イソフラボンをサプリメントで摂取している場合は、
1日1杯に留めておいた方がよさそうですね。

味噌汁の塩分の求め方や計算式は?濃度は?

味噌汁1杯の塩分量はどれくらいかご存知でしょうか。

味噌汁1杯分の塩分量は平均約1.2~1.5g
160mlで味噌が約大さじ1としています。

 

だしの素などにも塩分が含まれているので
塩分量に差が出てしまいます。

味噌汁の塩分濃度は0.08~0.1%とされ、
更に味噌に記載のある食塩相当量によります。

塩分量の計算式

160(ml)×0.08(%)=1.2g
160(ml)×0.1(%)=1.6g
隣りますので、塩分の制限のある方は、
計算してみてください。

味噌汁の基本の作り方!一人分の簡単な作り方は?ジャガイモや大根は?
味噌汁の保存、冷蔵庫や冷凍での保存方法や期間は?冬の常温は?
味噌汁の栄養や具の組み合わせ!わかめ・豆腐・ほうれん草やサツマイモ

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , ,

  関連記事

マッシュルーム
マッシュルームの保存方法は?保存期限は?オリーブオイルで保存食!

普段何気なく食べているマッシュルームですが、「あれ?意外と知らないかも!?」と思 …

サムゲタン
サムゲタンとは?食べ方!簡単に手羽先で作る具材は?レシピは?

韓国料理で人気の「サムゲタン」 お店で頼んでみたものの、 身近な料理ではないので …

にんにく
にんにくの食べ過ぎの症状下痢、腹痛、貧血、臭いおならの対処方法は?

「にんにくを食べるとスタミナがつく」とはよく言われていること。 確かに、にんにく …

足裏のマッサージ
朝・夜に足がだるい原因は?妊娠中に足がだるいのはなぜ?風邪の時には?

足が重くだるいと何をするにも やる気が起きませんよね。 こうした症状が慢性的に …

こしあぶら
山菜こしあぶらの旬の時期は?見分け方やカロリーや栄養や効果を紹介

春は山菜がおいしい季節ですね。山菜の代表「タラの芽」は天ぷらなどにしていただくこ …

そば
そばの食べ過ぎは太る?妊娠中は?アレルギーの危険!

のどごしがよく、体によい「そば」 そばって食べ過ぎると良くない事はあるのだろうか …

カリフラワー
カリフラワーの保存方法や期間!保存食はピクルス!大量消費のレシピ!

ブロッコリーに比べると地味な存在ですが、 カリフラワーの栄養素は がんの予防効果 …

牛乳
牛乳の栄養成分や効能は?加熱すると変わる?吸収出来ない?

牛乳は栄養があると言われ続けていますが、その栄養とはどんなものかご存知ですか? …

キウイフルーツ
キウイのアレルギー?原因は?食べ過ぎ?花粉症の関係!赤ちゃんには?

手頃で食べやすく美容によい「キウイ」 輸入も進んで通年食べられるくだものですが、 …

そうめんかぼちゃ
そうめんかぼちゃとは?茹で方は?おすすめの食べ方やレシピ

色鮮やかなそうめんかぼちゃは暑い夏にササッと喉越しよく食べられる美味しい野菜です …