くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

子供の目の下のクマの5つの原因と対処法は?何かの病気?

子供の目

大人になって、社会に出て、
睡眠不足で目の下にクマが
できる方は多いですね。

けれど、子どもにもクマができる子どもがいます。
安心してください。

よく寝かせていても、クマができる子どもはいます。
睡眠時間と子どもにクマができるのとは、
現時点では関わりないといわれています。

スポンサーリンク

目の下にクマができる原因は?何かの病気?

子どもなのにどうしてクマができるのか。
大きく分けて、次の原因があります。
・貧血
・食事アレルギー
・アトピー
・体質
・ドライアイ

子どもの場合は、クマができても、
大きな病気にかかわることはあまりないです。

けれど、アトピーなら、ざらざらした肌になってしまう
こともありますし、
貧血なら、疲れやすいようです。

対処するにこしたことはないでしょう。

スポンサーリンク

子どもにおける目の下のクマ

たとえば、貧血が原因の場合、
「栄養バランスを考えているわ」、という方もいらっしゃると
思いますが、
良く動く、活発な子どもだと、鉄分が不足した状態に
なることもあるそうです。

意識して、鉄分を食卓に出してあげてください。

ドライアイは、テレビやゲーム、スマホなどが原因していることも
多いと思います。

日本小児科学会は、現代の日本の子どもがテレビを
見ることをあまり推奨していません。

この機会に、絵本に切り替えるものよいかもしれませんね。

あとは、体質は、生まれながら、皮膚が薄く肌の色が白いために、
クマができる子どももいるそうです。

これは、大人のクマのできる方と同じですね。

アトピーも体質なので、クマというよりは、アトピーを改善することで、目の下のくまも改善していきます。

食事アレルギーも、毎日一緒に食事をする親が
気づいてあげないといけないですね。

子どもの目の下にくまができたら?対処法は?

貧血が原因の場合は、食事を意識するしかありませんね。

鉄分の多いものを食卓に出してあげてください。

食事アレルギーの場合は、母親が注意深く、
子どもが何を食べたら
クマの程度がひどくなるか

見てあげてください。

アトピーはかゆくなっても、
こすらない、

ひっかかないことが大切なようです。

体質の場合は、血行不良などもあるそうなので、
子どもを十分に遊ばせてあげることも必要かもしれません。

ドライアイの場合は、意識してまばたきをすることだそうです。
それか、テレビを控えるのも良いかもしれませんね。

いずれにしても、
上記の対策をとっても改善しない場合は、
一度はご近所の、優しい小児科医を探されて、
診察を受けてください。
話しやすい小児科医の先生が良いですね。

スポンサーリンク

 - 生活 , ,

  関連記事

睡眠
安眠方法を紹介!飲み物は?赤ちゃんや高齢者の場合!夜行バスや飛行機?

毎日、安眠出来ていますか? なかなか寝付けない時には困ってしまいますよね。 寝不 …

赤ちゃん服
赤ちゃんの冬の服装、肌着は?室内・外出では?新生児は月齢別に紹介

寒い思いをさせてはいけないという気持ちから、 赤ちゃんの冬の服装はかなり注意して …

灯油缶
灯油の場面別におい消し方法!車内に!洋服・絨毯・フローリングに!

灯油を車で買いにいったり、 灯油をストーブに入れたり、 などという場合にこぼして …

赤ちゃんの入浴
冬場の赤ちゃんのお風呂、毎日必要なの?時間帯や温度は!泣いた時の対処

赤ちゃん誕生は、家族にとって幸せな瞬間ですよね。けれど、子育ては新米夫婦にとって …

赤ちゃん布団
春の赤ちゃんが布団を嫌がる原因は暑い?蹴る対処法は?枚数は?

赤ちゃんは体温調節の機能がまだ未熟。 そして、自分で暑い・寒いを訴えることができ …

黄砂
黄砂の時期はいつからいつまで?ピークは?対策は花粉症と同じ?

春が来ると、私たちを悩ませるものに一つに黄砂があります。 車が、干していた洗濯物 …

免疫
大人や子供の免疫力を高める食べ物!デザイナーフーズ・ピラミッドとは?

私たちの身体の中には、病原菌やウィルスなどの外敵や、体内に発生した害をもたらす細 …

お中元
お中元の相場は?習い事、会社や上司・取引先へはどんなものを贈る?

お中元の準備を・・・と デパートなどへ行くと毎度 いくらのものを贈ろうか悩みます …

手紙
縦書きの手紙や封筒の基本と書き方!拝啓と前略は?お礼や詫び状では?

目上の方に出したりお礼状などでは横書きよりも縦書きにすることがマナーです。 日頃 …

サラダ
ロカボ(ローカーボ)ダイエットとは?メニューや効果は?リバウンドは?

最近テレビや雑誌などでも話題となっている「ロカボダイエット」とはどんなダイエット …