くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

子供の目の下のクマの5つの原因と対処法は?何かの病気?

子供の目

大人になって、社会に出て、
睡眠不足で目の下にクマが
できる方は多いですね。

けれど、子どもにもクマができる子どもがいます。
安心してください。

よく寝かせていても、クマができる子どもはいます。
睡眠時間と子どもにクマができるのとは、
現時点では関わりないといわれています。

スポンサーリンク

目の下にクマができる原因は?何かの病気?

子どもなのにどうしてクマができるのか。
大きく分けて、次の原因があります。
・貧血
・食事アレルギー
・アトピー
・体質
・ドライアイ

子どもの場合は、クマができても、
大きな病気にかかわることはあまりないです。

けれど、アトピーなら、ざらざらした肌になってしまう
こともありますし、
貧血なら、疲れやすいようです。

対処するにこしたことはないでしょう。

スポンサーリンク

子どもにおける目の下のクマ

たとえば、貧血が原因の場合、
「栄養バランスを考えているわ」、という方もいらっしゃると
思いますが、
良く動く、活発な子どもだと、鉄分が不足した状態に
なることもあるそうです。

意識して、鉄分を食卓に出してあげてください。

ドライアイは、テレビやゲーム、スマホなどが原因していることも
多いと思います。

日本小児科学会は、現代の日本の子どもがテレビを
見ることをあまり推奨していません。

この機会に、絵本に切り替えるものよいかもしれませんね。

あとは、体質は、生まれながら、皮膚が薄く肌の色が白いために、
クマができる子どももいるそうです。

これは、大人のクマのできる方と同じですね。

アトピーも体質なので、クマというよりは、アトピーを改善することで、目の下のくまも改善していきます。

食事アレルギーも、毎日一緒に食事をする親が
気づいてあげないといけないですね。

子どもの目の下にくまができたら?対処法は?

貧血が原因の場合は、食事を意識するしかありませんね。

鉄分の多いものを食卓に出してあげてください。

食事アレルギーの場合は、母親が注意深く、
子どもが何を食べたら
クマの程度がひどくなるか

見てあげてください。

アトピーはかゆくなっても、
こすらない、

ひっかかないことが大切なようです。

体質の場合は、血行不良などもあるそうなので、
子どもを十分に遊ばせてあげることも必要かもしれません。

ドライアイの場合は、意識してまばたきをすることだそうです。
それか、テレビを控えるのも良いかもしれませんね。

いずれにしても、
上記の対策をとっても改善しない場合は、
一度はご近所の、優しい小児科医を探されて、
診察を受けてください。
話しやすい小児科医の先生が良いですね。

スポンサーリンク

 - 生活 , ,

  関連記事

防虫剤
防虫剤の置き方や入れ方とは?安全性やおすすめは?雛人形や兜は?

衣替えの際に入れる防虫剤ですが、ただ闇雲に入れるだけでは意味がなく、本来の性能を …

花粉症
鼻うがいの効果・風邪予防や鼻炎、花粉症、蓄膿症に!痛くない方法!

「鼻うがい」。聞いただけで鼻の奥がつんと痛くなりそうですが、鼻の中がとても綺麗に …

手紙
横書きの場合の手紙・封筒の書き方は?ビジネスの場合は?

手紙を書く時、今では書き易さから横書きが多く一般的になってきています。 ただ、文 …

引っ越しのため荷物を整理する2人
初めての一人暮らしの引越手続きリスト!結婚や転勤時の引っ越しリスト

スムーズな引っ越しのためには、引っ越しサイトや引っ越しアプリなどを参考にするのが …

赤ちゃんのハイハイ
乳児が誤飲しやすい物とサイズ!シリカゲルや磁石、絆創膏などは?

乳幼児が誤飲するケースが増えているようです。「誤飲(ごいん)」とは、食べ物以外の …

認知症予防食事、ココナッツオイルなどの油は?食べ物、運動は?

年を重ね迎えてしまう可能性のある「認知症」 出来るだけ考えたり指先を使うなど、 …

スポオーツドリンク
スポーツドリンクの飲み過ぎで下痢や腹痛・頭痛の原因?糖尿?量は?

夏場の熱中症対策や、 冬場の風邪やインフルエンザ、ノロウィルスでの下痢・嘔吐対策 …

受験生の勉強
受験生の睡眠時間!最低どのくらい寝ればばいい?理想の理由!平均は?

12月、世間はクリスマスや年越しで何となく浮き足立つ時期ですよね。 でも受験生に …

ブラジャー
男性用ブラジャーをなぜ付ける?理由は?リラックス?効果やサイズは?

「ブラジャー」といえば、女性の専売特許。でも最近、男性の中でもブラジャーを着用す …

火事
火事見舞いとは?のしは?相場や品物は?お返しは?手紙の文例を紹介!

あまり起こってほしくはないことですが、親戚などの身近な方や、友人、親しいおつきあ …