くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

子供の目の下のクマの5つの原因と対処法は?何かの病気?

子供の目

大人になって、社会に出て、
睡眠不足で目の下にクマが
できる方は多いですね。

けれど、子どもにもクマができる子どもがいます。
安心してください。

よく寝かせていても、クマができる子どもはいます。
睡眠時間と子どもにクマができるのとは、
現時点では関わりないといわれています。

スポンサーリンク

目の下にクマができる原因は?何かの病気?

子どもなのにどうしてクマができるのか。
大きく分けて、次の原因があります。
・貧血
・食事アレルギー
・アトピー
・体質
・ドライアイ

子どもの場合は、クマができても、
大きな病気にかかわることはあまりないです。

けれど、アトピーなら、ざらざらした肌になってしまう
こともありますし、
貧血なら、疲れやすいようです。

対処するにこしたことはないでしょう。

スポンサーリンク

子どもにおける目の下のクマ

たとえば、貧血が原因の場合、
「栄養バランスを考えているわ」、という方もいらっしゃると
思いますが、
良く動く、活発な子どもだと、鉄分が不足した状態に
なることもあるそうです。

意識して、鉄分を食卓に出してあげてください。

ドライアイは、テレビやゲーム、スマホなどが原因していることも
多いと思います。

日本小児科学会は、現代の日本の子どもがテレビを
見ることをあまり推奨していません。

この機会に、絵本に切り替えるものよいかもしれませんね。

あとは、体質は、生まれながら、皮膚が薄く肌の色が白いために、
クマができる子どももいるそうです。

これは、大人のクマのできる方と同じですね。

アトピーも体質なので、クマというよりは、アトピーを改善することで、目の下のくまも改善していきます。

食事アレルギーも、毎日一緒に食事をする親が
気づいてあげないといけないですね。

子どもの目の下にくまができたら?対処法は?

貧血が原因の場合は、食事を意識するしかありませんね。

鉄分の多いものを食卓に出してあげてください。

食事アレルギーの場合は、母親が注意深く、
子どもが何を食べたら
クマの程度がひどくなるか

見てあげてください。

アトピーはかゆくなっても、
こすらない、

ひっかかないことが大切なようです。

体質の場合は、血行不良などもあるそうなので、
子どもを十分に遊ばせてあげることも必要かもしれません。

ドライアイの場合は、意識してまばたきをすることだそうです。
それか、テレビを控えるのも良いかもしれませんね。

いずれにしても、
上記の対策をとっても改善しない場合は、
一度はご近所の、優しい小児科医を探されて、
診察を受けてください。
話しやすい小児科医の先生が良いですね。

スポンサーリンク

 - 生活 , ,

  関連記事

フローリング
油汚れや黒ずみのフローリングの掃除!重曹やクエン酸、酢おすすめは?

フローリングの掃除方法ってご存知でしょうか?なんとなく拭き掃除はしているけど、ツ …

防虫剤
防虫剤の置き方や入れ方とは?安全性やおすすめは?雛人形や兜は?

衣替えの際に入れる防虫剤ですが、ただ闇雲に入れるだけでは意味がなく、本来の性能を …

幼稚園児
小学校受験、子供の女の子と男の子の服装は?父母は?国立の場合は?

小学校受験時の服装は、学校の色にあったものなどが必要ですが、初めての事だけにわか …

黄砂
黄砂の時期はいつからいつまで?ピークは?対策は花粉症と同じ?

春が来ると、私たちを悩ませるものに一つに黄砂があります。 車が、干していた洗濯物 …

花粉症
鼻うがいの効果・風邪予防や鼻炎、花粉症、蓄膿症に!痛くない方法!

「鼻うがい」。聞いただけで鼻の奥がつんと痛くなりそうですが、鼻の中がとても綺麗に …

コンセント
盗聴器の発見機!機械のレンタルは?検知精度は?おすすめは?

近年では家庭内で盗聴器が仕込まれている なんてことも少なくない様です。 自身の人 …

涙
涙を止める方法は?ツボは?目薬や手術?

涙が出るという状況は、悲しかったり嬉しかったり、時には何もないのに涙が出るといっ …

コンタクトレンズ
コンタクトレンズのハードとソフトの違い!メリット・デメリットや値段は?

コンタクトレンズを購入する際に、 「ソフト」と「ハード」がありますが、 その名前 …

ゴキブリ
ゴキブリ赤ちゃんの駆除方法!似ている虫?一匹だけ!大量発生時は!

ゴキブリは約3億年前から世界中に生息する「生きている化石」とも言われる昆虫です。 …

災害
避難所と避難場所、一時集合場所の違い!定義は?避難するタイミングは?

昨今日本各地で大きな災害が起こっています。それは決して他人ごとではなく、いつ自分 …