くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

妊婦の足ツボ、禁忌や影響は?つわりやむくみには?土踏まずはダメ!

足ツボ

妊娠中は、どうしても足がつったり浮腫んだり、
腰痛などに悩むため、足つぼなどで緩和させたい!と
思う事がありますが、「控えるべきだ」という声も。

妊婦の足つぼはよくないのでしょうか?
いろいろな方向から見て行きましょう!

スポンサーリンク

妊婦の足ツボ、禁忌や影響は?

妊娠中は、いつもの身体とは違うため、
様々な禁止事項が付いて回ります。

無理に動いては行けなかったり、
薬、食べ物や嗜好品にも一部禁止されるものもあります。

中でも足つぼは、たくさんのツボがあり、
本来ならどこをどう刺激してもよいものですが、
初期の妊婦さんの場合、
生理を順調にさせるためのつぼを
刺激する事で、流産に繋がったり

デトックス効果のあるつぼなどは、
赤ちゃんも一緒に流れるなんて話を耳にします。

女性ホルモン分泌を過剰にすることで、
自律神経も過敏になることで、
効果が強く出てしまったりするという意味で、
妊婦さんの足つぼは辞めた方がよいともされています。

ただ、実際には信憑性がなく
たまたま足つぼをした事によって、
残念な結果を迎えてしまったという事例から
こうした話が広まったらしく、

例えば残念ながら中絶を望む場合に人工中絶がありますが、
足つぼで流産してしまうのであれば足つぼを行えば
よいのではないか?ということです。

つまり、この事から足つぼが妊婦さんに絶対悪い
とは言い切れないのです。

しかし、全て行っても良いという訳ではありません。

スポンサーリンク

妊婦の足つぼ、つわりやむくみは?痛い場合は?

つらい「つわり」や「むくみ」を軽減するつぼがあります!

つわりに効果のあるツボ

内関(ないかん)
手首の付け根(内側)の中央から指2つ分下にあるつぼ。
吐き気などに有効。優しく押してみましょう。

むくみに効果のあるつぼ

足の三里
膝を曲げた際に出来る膝のくぼみ部分。
むくみや、足がつった時に効果のあるつぼ。

裏内定(うらないてい)
左足の指の人差し指を曲げて、先端が付く部分にあるつぼ。
多少強めに押しても大丈夫です。

つぼは、痛いところが悪い部分であるといいますが、
妊婦さんの場合、痛みを感じた場合は
あまり強く押さないか、
気持ちよく感じる程度の強さがよいでしょう。

妊婦の足つぼ、臨月は?土踏まずは?マッサージは?

臨月に限らず、妊婦さんが押さない方がよいつぼは、
子宮の反射区”と呼ばれる部分。

足の内側が子宮・外側が卵巣の反射区なのですが、
内側は丁度、土踏まずも含まれる部分になります。

そうした「反射区」という部分については、
マッサージを行わないほうがよいとされています。

妊婦さんの足つぼマッサージは、
足の裏は避けて、ふくらはぎや足の指程度に
留めておいた方が無難といえます。

スポンサーリンク

 - 妊娠・妊婦・産後 ,

  関連記事

体温計
基礎体温を上げる方法や低い原因は?食事や漢方・サプリ・ストレッチ

妊娠を望む場合やダイエットや健康など そうした際に基礎体温を上げると効果的である …

赤ちゃんとお母さん
妊婦の食事の注意!食べたほうが良い食事、食べないほうが良い食材!

妊婦さんは、お腹の赤ちゃんや自身の体に気を配って食材を選ばなければなりません。 …

妊婦
新型出世前診断とは?費用や特徴!メリットデメリットは?

2013年から、日本でも新型出生前診断が開始されました。日本医学会が実施施設とし …

野菜
妊婦は青汁を飲んで大丈夫?ノンカフェイン?人気の青汁は!効果は?

栄養と身体のバランスを保つため、 妊婦さんの食事は注意する必要があります。 そこ …

胸が痛い女性
乳腺炎の予防や対策にはどんな食べ物がいい?飲み物はハーブティー!

授乳中のお母さんとって気になる病気の一つである乳腺炎。 乳房に局所的な痛みが生じ …

妊婦
妊娠糖尿病の原因はつわりや食事?治療は?胎児が先天奇形に?

妊娠をすると、個人差はあるものの 悪阻をはじめ今までには無かった症状や、 体調の …

胸が痛い女性
乳腺炎や白斑の治し方!キャベツ湿布?食べ物の注意事項、葛根湯は?

乳腺炎は、授乳中の女性によく起こる病気です。 多くの場合、産後6週間以内に起こり …

腰痛
腰のマッサージやストレッチのやり方!テニスボールは?妊娠中は?

腰の疲れやコリを取り除くといえば、 「マッサージ」ですよね! マッサージも正しく …

赤ちゃん
羊水混濁とは?原因は母胎感染?影響やリスクは?新生児敗血症とは?

お腹の赤ちゃんの成長に大切な羊水が濁る(混濁)どうして羊水が濁ってしまうのでしょ …

妊娠 妊活
妊活とルイボスティーや食事!サプリは?男性は?

妊活は早めに行う方が有効で、 女性だけではなく男性も行う必要があります。 最も体 …