くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

バナナの変色の原因は?防ぎ方は塩水、砂糖水、レモン汁!離乳食には?

バナナ

バナナが変色することは、当たり前ではありますが、
なぜ、変色するのでしょうか?

スイーツを作るときはなるべく変色しない様に
あれやこれやと策を加えますが、
今回は、バナナの変色、防ぎ方についてご紹介します。

スポンサーリンク

バナナの変色、原因や理由は?防止はレモン?食べられる?

購入して皮をむかずに保存しておいたバナナが黒くなるのは
シュガースポット」というもので、
黒い斑点状にキリンの模様の様になります。

これは、バナナが熟して来ると起こるもので、
皮をむいて食べると果肉は何も変化はありませんし
食べる事は可能です。

皮をむいて置いたり切ったりした切り口が、
変色するにはバナナが持つポリフェノールと酸素が反応し、
黒く色を変えてしまいます。

空気に触れなければ起こる事はありませんが、
皮をむいたり切ったりした場合
レモンをしぼってまんべんなくかけておくと良いでしょう。

これには、レモンのビタミンCが先に反応することで、
ポリフェノールの反応を抑える事が出来る事から
ポピュラーな変色を抑える方法です。

ただ、購入から数日して皮をむいたさいに、
果肉が黒い場合は痛んでいるので、
痛んだ部分だけ取り除いて食べてください。

スポンサーリンク

ケーキのバナナの変色の防ぎ方、塩水や砂糖水では?時間は?

ケーキにバナナを使う時には、
見た目にも気を使うので変色は免れたいですね。

レモンをかけるという方法や塩水もよいですが、
それ以外には「砂糖水」を使う方法がおすすめです。

 

砂糖水は粘度があり、水分が蒸発したとしても
濃度のある砂糖がバナナの表面に残って変色を防ぎます。

他にもケーキに使った場合ですが、
フルーツの缶詰に含まれるシロップでも可能です。

砂糖水を作る場合は、
200ccの水に砂糖大さじ1を目安に作り、
5分ほど浸しておくとよいでしょう。

軽く水気を降り落としてから使えば、
変色を防ぎさらにそのまま使うなら艶やかになります。

お弁当などでバナナを半分入れるなどする場合は、
切り口に砂糖水を付けてぴったりとラップをして
持たせるとよいでしょう。

もしくは、漏れない様な容器に、
フルーツ缶とバナナを切ってシロップも加え、
フルーツポンチ風に持たせるのもおすすめです。

バナナの変色、戻す方法は?ドライヤーがいい?離乳食は?

購入してから数日経ち、皮が黒くシュガースポットどころじゃない
薄く黒くなったバナナを元に戻すという情報がネットで話題になりました。

お米を入れた袋にバナナを入れて空気を抜いて
1時間置き、その後取り出しドライヤーの冷風をあてると
黄色い元のバナナに戻るというものでした。

使われているお米がジャスミンライスというもので、
通常のお米よりも成分が異なるのか原理は不明とされ、
実際に本当なのかどうかもさだかではありません。

 

また、話題は変わりますが赤ちゃんの離乳食で
砂糖水を使うと虫歯の原因などに繋がりますので、
可能であれば赤ちゃん用のヨーグルトに混ぜて与えたり、
冷凍の場合にはレモン汁がよいでしょう。

バナナの食べ過ぎは太る?カロリーは?カリウムは?病気やアレルギーは?

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , , ,

  関連記事

栗と紅葉
栗や天津甘栗の栄養成分や100グラムのカロリーは?美容効果は?

目次1 栗の栄養成分やカロリー2 天津甘栗の栄養やカロリー3 栗の栄養成分は美容 …

葉が付いているかぶ
かぶの栄養やカロリー!妊婦や子どもによい効果も!大根と似ている?

春の七草「すずな」でもあるかぶ。日本人にとってもなじみ深い野菜の一つです。しかも …

水耕栽培
水耕栽培のやり方!キャベツやレタス・トマトやバジル、ミントは?

土を使わず植物を栽培する「水耕栽培」 お庭がなく土を使った栽培が出来ない環境でも …

ヨーグルト
L8020乳酸菌の効果!虫歯、歯周病、口臭予防!

皆さんの日常生活の悩みの中には、虫歯や歯周病などがありませんか? いくら歯を磨い …

海苔
焼き海苔・韓国のり、味付け海苔の栄養とは?カロリーは?食べ過ぎ?

身近な乾物「海苔」は、 古くより日本の食卓には欠かせないものですね。 あまり普段 …

おしるこ
おしるこの小豆からの圧力鍋での作り方!動画でレシピを紹介

甘くて美味しいおしるこ! 鏡開きの日や冬のイベント、 もちろんおやつにと食べる機 …

ブロッコリー
ブロッコリーの栄養やカロリー・効能!カリフラワーと比較!妊婦には?

茹でたものをお弁当の彩りに入れたり 野菜サラダに加えたりすると きれいな濃いグリ …

豆乳
豆乳のアレルギー アイスやプリンでは?加熱でシチューやグラタンは?

健康や美容といった面にとてもよいとされ、近年、よく飲まれている豆乳ですが、思わぬ …

大豆
大豆イソフラボンの効果!豊胸やニキビ改善や美肌にも!妊娠や更年期障害は?

大豆イソフラボンには、悪玉コレステロールを減少させて血流を促進するレシチンや、脂 …

冬瓜
冬瓜の栄養やカロリー効能は?ダイエット・妊婦や子どもには?

夏が旬の冬瓜ですが、なぜか名前に冬がついています。 夏野菜なのに「冬」。少し不思 …