くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

玉ねぎのアレルギーの症状は腹痛や下痢・吐き気・頭痛!生や離乳食では?

玉ねぎ

あらゆる料理に使われる「玉ねぎ」
体にとてもよく血をサラサラにするということでも
食卓にあがる頻度が多い時もありますよね!

しかし、どんなによいものでもアレルギーって
起こるもの・・・。

玉ねぎによるアレルギーも実は起こりえる事があるのです!
そこで今回はこの、玉ねぎによるアレルギーについて
取り上げ、解説したいと思います。

スポンサーリンク

玉ねぎによるアレルギーの初期は?症状は?下痢や吐き気は?

玉ねぎによるアレルギー以外にも、
こうしたアレルギー症状を引き起こす食材は多くあります。

玉ねぎによるアレルギーの原因は、
硫化アリル」によるものが多い様です。

ネギやにんにく、らっきょうやニラといったものにも
硫化アリルが含まれるので注意が必要です。

初期症状としては口の周辺や喉などといった
粘膜への症状が観られます

無論、下痢や吐き気を引き起こします

スポンサーリンク

玉ねぎによるアレルギー、生では?腹痛や頭痛は?

硫化アリル以外にも「アリシン」という成分で、
アレルギーではなく成分の摂り過ぎによる作用もあります。

その場合には、胃痛や腹痛といった症状を起こします。

特にサラダなどにして生で食べた場合に、
腹痛を起こすといった場合にはアレルギーではなく、
アリシンの摂り過ぎである可能性が大きいです。

 

アレルギーなのかどうか?という判断は、
なかなか素人判断では難しいので、
心配な様であれば病院でのアレルギー検査(血液検査など)
しっかりと行う方がよいでしょう。

また、素人で判断するには、具体的に玉ねぎを
どの様にして食べたのか?が重要になります。

基本的には加熱した玉ねぎでは成人の場合に、
アリシンでの発症はほとんど無いに等しいので、
生で食べたかどうか?というところにも注目すべきと思います。

また、生の玉ねぎを食べると頭痛がする
という方も少なくありません。

ニラやにんにくでも同様の作用をするのであれば、
食べない方がよいとも思われますが、
他では出ず、生のたまねぎにだけ起こるということであれば、

水にさらして食べてみて、
それでも無理な様であれば生のたまねぎはたべず、
加熱するか、アレルギー検査を行ってみましょう。

玉ねぎのアレルギー、赤ちゃんの離乳食には?

心配なのは、赤ちゃんへのアレルギーですよね!

赤ちゃんの場合、アレルギーではなくても
下痢を引き起こしやすい食材の1つです。

与える量も重要ですが、よく刻んだり、すりおろしたり、
加熱をしっかりと行うという事が重要になります。

玉ねぎは加熱するととても甘みが出るので、
離乳食にも使われることがあります。

初期の段階から使っても良い食材ですので、
加熱前から刻んだりすり潰してから使うと良いでしょう。

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , ,

  関連記事

大豆
大豆イソフラボンの効果!豊胸やニキビ改善や美肌にも!妊娠や更年期障害は?

大豆イソフラボンには、悪玉コレステロールを減少させて血流を促進するレシチンや、脂 …

スイートポテト
スイートポテトの作り方、トースターやオーブンで簡単!人気レシピ

秋には旬を迎えるさつまいも、芋掘りなどでもたくさん手に入ったりしますが、そんな時 …

アロエ
アロエヨーグルトの栄養やカロリーや効能は?妊婦は食べて大丈夫?

アロエヨーグルトといえば森永乳業ではありませんか? 緑色と白色のパッケージでお馴 …

バーベキュー
バーベキューのおしゃれな簡単・定番メニュー・変わり種は?

バーベキューではお肉や魚介類、野菜を焼くという事がメインですが、せっかくのバーベ …

うなぎ蒲焼
土用はいつ?丑の日の意味や由来は?ウナギ以外の6つの食べ物!

夏の暑い時期に迎える”土用の丑の日” ウナギの蒲焼きやうな重などこの日はウナギを …

カシューナッツ
カシューナッツのカロリーや栄養成分とGI値!健康・美容の効果!

日本人は食物繊維とカルシウムが不足しがちだと いわれています。 ナッツは食物繊維 …

ピーナッツ 落花生
落花生の茹で方や炒り方!レンジやフライパン圧力鍋で料理するコツ!

ピーナッツって、ビタミンEと、必須脂肪酸が豊富で抗酸化作用があり、美容や、疲労回 …

キャベツ
キャベツの保存食ザワークラウトの簡単な作り方と本格的なレシピ!

ソーセージの横に、脇役として盛られているイメージのザワークラウト。 「すっぱいキ …

いちじく
いちじくの食べ方!生で?皮ごと?皮の剥き方!甘露煮、ワイン煮も!

8月上旬~10月下旬が旬のいちじく。 傷みやすく、流通量もさほど多い果物ではない …

ブロッコリー
ブロッコリーの栄養やカロリー・効能!カリフラワーと比較!妊婦には?

茹でたものをお弁当の彩りに入れたり 野菜サラダに加えたりすると きれいな濃いグリ …