くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

納豆を食べ過ぎると太る?体臭は?痛風や脱毛に!妊婦や赤ちゃんは?

納豆

好き嫌いはあるものの、
古くより日本の食卓にあがる「納豆」

発酵食品を食べる健康法などブームもあり、
毎日食べるという方も少なくなりません。

「1日にたくさん食べる!」という場合に、
納豆の食べ過ぎによる影響はあるのか?と
考える事はありませんか?

では、納豆の食べ過ぎによる影響や害について
ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

納豆を食べ過ぎると太る?

「納豆を食べ過ぎると太る」という事を耳にしました。

私自身も「えっ?」と思いましたが、
思えば大豆はとても栄養価が高い分、
カロリーもそこそこ蓄えている食材です。

たとえば・・・納豆100gでおおよそ200kcalあります。

ごはんは軽く茶碗1杯で160kcal程度なので、
100gの納豆を合わせて食べればそれなりのカロリーになります。

しかし、どうでしょうか?
100gもの納豆を1度の食事に摂る事はありません。

1パックでおよそ50g=100kcalということになります。

25分程度歩けば消費してしまうカロリーなので、
朝や昼間食べる程度であれば全く気にならないカロリーといえます。

夜食べる場合には、ご飯など炭水化物を控えて、
代替えするなら問題ない程度とも言えます。

スポンサーリンク

納豆の食べ過ぎは痛風に?害や病気、脱毛の原因?セレンとは?

生活習慣病予防に勧められる納豆ですが、
痛風の人は食べない方がいいとう話しを聞きます。

なぜ?と思うと思いますが、
実は案外知られていない痛風の原因物質
「プリン体」が多く含まれているのです。

プリン体は多くの食材に含まれており、
1日400mg程度と食事指導でも言われています。

納豆に含まれているプリン体は100gで113mg
1パックであれば56.5mg程度なので
毎日食べたとしても問題はありません。

なんでも「バランス」「~過ぎる」事はよくないこと!
納豆だけで起こりえる事ではありません。

しかし、納豆に含まれる「セレン」は注意が必要

セレンは本来、抗がん作用を持ち細胞の老化を防ぐ
といった効果をもたらすものですが、
過剰摂取することで、脱毛や吐き気、肝機能不全といった
中毒症状を起こすとされています。

その中毒症状を起こす1日の摂取量は、
約730μg~750μgとされています。

納豆100gで約235μgが含まれているので、
1パック約50g×5個程度食べると摂取量に相当します。

つまり、1日1~2パック程度なら
とくに気にすることはありませんが、
好きすぎて食べ過ぎる事は注意が必要になります。

納豆の食べ過ぎ、妊婦や赤ちゃんは?体臭は?

妊娠中や赤ちゃんの納豆の食べ過ぎは、
イソフラボンによる女性ホルモンのバランスの崩れや、
「トポイソメラーゼII阻害作用」による遺伝子異常が
示唆されています

 

大豆イソフラボンの1日の摂取目安の上限においては、
70~75mgとされているので、

1パックで平均29.4から36.8mg、
妊娠中は1パック程度に留めておくほうが無難ですね。

また、独特の香りをもつ納豆で、
体臭にも納豆の影響はあるのでは?と思われますが、
実際には体臭を抑える働きを持っています

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ

  関連記事

大豆
大豆イソフラボンの効果!豊胸やニキビ改善や美肌にも!妊娠や更年期障害は?

大豆イソフラボンには、悪玉コレステロールを減少させて血流を促進するレシチンや、脂 …

キウイフルーツ
キウイのアレルギー?原因は?食べ過ぎ?花粉症の関係!赤ちゃんには?

手頃で食べやすく美容によい「キウイ」 輸入も進んで通年食べられるくだものですが、 …

プリン
プリンが固まらない原因!蒸し器などで再加熱では?冷蔵庫では?

おやつに大好きなプリンを食べようと思ったら、ああっ!プリンが固まってない。 なぜ …

ハンバーグ
ハンバーグの焼き方のコツとは?冷凍は?フライパン?オーブン?

ナイフを入れるとジュワっと肉汁が溢れる ふんわりしたハンバーグ。 お店の様な焼き …

塩麹
塩麹の効能と栄養や成分、塩分や効果的な食べ方は?塩分は高血圧には?

今でも不動の人気「塩麹」家庭でも自作している方が多く、健康によいとされています。 …

プレッツェル
プレッツェルのおいしい食べ方とアレンジ!温め方やカロリーは?

ドイツの焼き菓子である「プレッツェル」 あまり馴染みのない方からすれば、 どう食 …

ぜんざい(善哉)
ぜんざいの100gあたりのカロリー!栄養や効能は?井村屋や赤福は?

和のスイーツの1つである”ぜんざい” 美味しいけどやっぱり気になるカロリー 和ス …

ジャガイモ
ジャガイモの芽の毒食べた!症状は?加熱で大丈夫?致死量とは??

じゃがいもは比較的保存期間も長く、色々な料理に活躍してくれる常備野菜の1つですが …

味噌汁
味噌汁の保存、冷蔵庫や冷凍での保存方法や期間は?冬の常温は?

作り過ぎてしまった味噌汁、保存しておきたいけど保存方法がわからない。 また、作り …

アボカド
アボカドの栄養と成分やカロリー!効能は?加熱や冷凍では栄養は?

アボカドはとても栄養価が高い果物といわれますが、どんな栄養が含まれているかご存知 …