くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

なめこのカロリーや栄養や効能!他のきのこと比較では?妊婦には?

なめこ

ダイエット中も安心して食べられるし
料理の風味を足したり味に深みを出したりと
いろいろ便利な食材がきのこです。

最近はごく普通のスーパーでも
様々な種類のきのこを購入することができます。

料理の仕方もインターネットなどのおかげもあって
簡単に知ることもできます。

比較的お料理初心者さんでも
怖がらずに使えるイメージの
食材がきのこだと思います。

でもなめこは
その独特のぬめりが
ちょっと手軽に使えるきのこ、
というイメージではないかなと思います。

きのこは洗うべきではない、
というのが料理の常識と思っている人も多いでしょう。

実際のところきのこの種類によっては
さっと水洗いしたほうがいいものもあるのです。

なめこの場合はぬめりがあるので、
洗うべきかそのまま使うべきか
悩む人も多いと思います。

使うメニューに迷うこともあるでしょう。

そんななめこについて調べてみました。

スポンサーリンク

なめこの栄養価・カロリーについて!他のきのことの比較はどう違う?

他のきのこと同様になめこも低カロリーな食材です。

栄養成分としては
ビタミンB群・
葉酸・パンテトン酸・
カリウム・マグネシウム・
食物繊維・
ムチン・トレハロース・
コンドロイチン
などが含まれています。

様々な栄養素を含んでいるものの
「補給源」としては主役としての働きは期待できません

でも料理をつくるときの
素材に加えることで1回の食事で
とることのできる栄養素を幅広く
することが期待できます。

なめこの主成分は水分です。
そのためカロリーは
100グラムで15kcal
高くありません。

なめこの栄養価で他のきのことの比較で
目を引くのは
その名前の由来ともなった
独特のぬめり成分です。

この「ぬめり」には美肌成分としても
おなじみのコンドロイチンや
トレハロースといった成分が含まれています。

もともとカロリーの低い食品で
美肌成分が採れるのは嬉しいですね。

スポンサーリンク

なめこの栄養の効能・効果について

なめこのぬめりは「ムチン」とよばれる成分が
主となってできています。

これは人間の身体の
目の表面・胃腸の粘膜にもある成分で
胃壁を保護したり、粘膜に損傷がでたら
修復をしたりする作用があります。

また目にあるものは
目の乾きを防ぎ、ドライアイを予防してくれます。

コンドロイチンやトレハロースは
化粧品にも使われている
美肌成分として有名です。

なめこに含まれている
食物繊維は
水溶性(ムチン)と
不溶性(βグルカン)です。
βグルカンには
腸内の不要物質を排除してくれる
働きがあります。

ムチンにはその主成分である
多糖類が善玉菌の餌になることから
腸内バランスを整えるのにも役立ちます。

このようなことからなめこに期待できる
効能・効果としては

美肌・
便秘解消・
ダイエット・
消化促進・
むくみ解消などが
期待できると言うことができるでしょう。

なめこの栄養!妊婦・子どもへの効果について

なめこには
葉酸・食物繊維が
含まれていますから妊婦にとっても
妊娠中の献立にぜひ加えたい食材ということになります。

葉酸は胎児の成長にも
欠かせない栄養素です。

また妊娠中は
便秘になったり
むくみが気になったり
ということもありますから
それらの解消に便利な食材です。

なめこは飲み込みやすい食材
ということで離乳食としても
使いやすいものです。

小さく刻んでより飲み込みやすくして
使いましょう。

ムチンには粘膜保護作用がありますから
鼻や喉を守って風邪を引きにくくしてくれます

免疫力が落ちては困る
妊娠中や体力の安定していない
子どもにも食べたい・食べさせたい
食材と言えるでしょう。

なめこは
「さっと湯通しして冷水にとる」
「さっと流水で流す程度に洗う」などと
洗う・洗わないについていろいろと
意見があります。

パック詰めのものを使ったり
缶詰を使ったりする場合は
洗わなくてもOKだという意見もあります。

ぬめりに旨み成分が
含まれているためですが、
きれいにパッケージされている商品でも
栽培に使うおがくずなどが混じっていることも
あったりします。

そのため念のため
流水で洗ったほうがいいでしょう。

基本的にはパックなどの裏面に
書いてあるようにするのが
いいようです。

なめこの調理法としては
お味噌汁や大根おろしと和えたり
することが多いですね。

でもレシピを検索すると
炒めたり・煮たりということも
他のきのこと同じようにすることができます。

知人の家で食べたのですが、
なめこの天ぷらっていうのも結構おいしかったです。

個人的なおすすめは
冷たいそばにのせて食べる方法です。

ざるそば風に用意したそばに
納豆・なめこ・オクラ
などをのせて
大根おろしをかけ、
濃い目のそばつゆをかけて食べます。

さっぱりと食べられるのにおなかも満足できる
ボリュームがあるので食欲のないときに
お勧めです。

えのきの栄養やカロリー

エリンギの栄養や効果は?

まいたけの栄養は?

しめじの栄養や効能は?

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , ,

  関連記事

ゴーヤ
ゴーヤの栄養成分やカロリー・効能は?妊婦さんには体を冷やすけど良いの?

ゴーヤの原産地は熱帯アジアです。 主に南西諸島と南九州で多く栽培されてきましたが …

お茶・ティーポット
チャーガ茶の飲み方や口コミは?効果、効能は?副作用は?妊婦には?

チャーガ(和名:カバノアナタケ)は、白樺などのカバノキ科の幹に寄生するキノコです …

かぼちゃ
かぼちゃの栄養や効能は?カロリーは?ダイエットに効果あり?妊婦には?

  知っていますか? かぼちゃって、ダイエットにもよし。 冷え症にもよ …

チアシード
チアシードとは?栄養・カロリー!ダイエットに効果的な食べ方!危険?

スーパーフードと呼ばれ、 ハリウッド女優やスーパーモデルの間も食べているというチ …

ステーキ
ステーキの焼き方、焼き加減の種類!安い肉や冷凍肉の焼き方は?

美味しいステーキの焼き方ってご存知ですか? ただ単に焼くだけではそのお肉の旨味を …

豆乳
豆乳のアレルギー アイスやプリンでは?加熱でシチューやグラタンは?

健康や美容といった面にとてもよいとされ、近年、よく飲まれている豆乳ですが、思わぬ …

大学芋
大学芋の簡単にカリカリになるレシピ!揚げないカロリーを抑えた方法!

カリッとして甘い大学芋は、子供から大人まで好きな方もとても多いですね。 実際に家 …

生姜
酢生姜の作り方!黒酢生姜は?甘くないレシピや効果は?

酢生姜を使ったダイエットや、 冷え性解消方法が人気ですが、 実際どう作ったらよい …

プレッツェル
プレッツェルのおいしい食べ方とアレンジ!温め方やカロリーは?

ドイツの焼き菓子である「プレッツェル」 あまり馴染みのない方からすれば、 どう食 …

大豆
大豆イソフラボンの効果!豊胸やニキビ改善や美肌にも!妊娠や更年期障害は?

大豆イソフラボンには、悪玉コレステロールを減少させて血流を促進するレシチンや、脂 …