くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

アナフィラキシーショックの誘引は食べ物や蜂や薬!初期症状や対応は?

病気の女性
「アナフィラキシーショック」という言葉、
初めて耳にする方や、
聞いたことはあるけれど具体的に何かはわからない、
という方も多いのではと思います。

これは、ひどい時には死にも至る可能性があるアレルギー反応のことです。

ここでは、アナフィラキシーショックを予防し、
万が一発症してしまった場合に
対応するための基礎知識をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アナフィラキシーショックとは?食べ物などの誘因とは?

日本アレルギー学会のガイドラインによると、
「アナフィラキシー」とはアレルゲンが体内に侵入することでからだの様々な箇所に、広範囲にアレルギー症状が発症し、
生命を脅かすほど重症化することがあるアレルギー反応のことです。

即時型のアレルギーを起こす食べ物全てにアナフィラキシーを起こす可能性がありますが、その原因として最も多いのは鶏卵です。

また、魚介類、ナッツ類、そばも、鶏卵と比べると
発症率は下がりますが、重症になる可能性が高いと言われています。

個人差も大きく、加工品をほんの少し食べただけでアナフィラキシーショックを起こす人もいれば、たくさん
食べた時だけ発症する人もいます。

そのほか、ペニシリンなどの薬剤、蜂などによる虫刺され、アレルギー注射、ラテックス(天然ゴム)なども原因となる可能性があります。

スポンサーリンク

アナフィラキシーショックの初期症状と経過

アナフィラキシーショックの初期症状には様々なものがありますが、
心臓の拍動が早くなって不安感が増したり興奮したりという呼吸器系の症状、
唇がしびれたりのどが喉がいがいがしたり、
くしゃみやまぶたのむくみなど粘膜の症状、
腹痛、下痢など消化器系の症状、
じんましん、皮膚が紅潮するなどの皮膚症状といった形で現れます。

急激な血圧の低下や、
意識がもうろうとしたり
呼吸困難という全身の症状として現れることもあります。

アナフィラキシー反応は、
アレルゲン物質を摂取・接触してから5分~10分以内に始まり、
1時間以上たって出現することはまれです。

急激に症状が進行するので、
対応は1分1秒を争います。

次に、アナフィラキシーショックが起こった時の対応を見ていきたいと思います。

アナフィラキシーショックへの対応

アナフィラキシーの症状を抑える薬として
速効性があるのがアドレナリンの筋肉注射です。

その他、じんましんやかゆみ、鼻水を押さえるための抗ヒスタミン薬や、
後から出てくる症状を予防するためのステロイド薬などの飲み薬を併用する場合もあります。

一度アナフィラキシーショックを起こしたことがある場合は、
緊急時に備えてアドレナリン自己注射薬を携帯しておくとよいでしょう。
(処方には専門の医師の診断が必要。)

自分でできる応急対応として、
まず、食べ物の場合は口内を水でゆすぎ
手でさわったりした場合は水でしっかり洗い流しましょう。

蜂に刺されて毒針が残っている場合には、
無理して取り除いたりせず、
すぐに最寄の医療機関に行って医師による適切な処置を受けるようにしましょう。

自分やご家族、お子様などがある食べ物で
アレルギーを起こす可能性があるならば、
そのことを周りの人に伝えて知ってもらうことがとても大事です。

避けられない場合もありますが、
できる限り自己予防し、
さらに周りの方々の協力も得て、
アナフィラキシーショックが起こらないようにしていきましょう。

スポンサーリンク

 - 健康・医療 , ,

  関連記事

頭を押さえる女性
貧血は何科を受診?原因と治療は?予防や改善に良い食事や飲み物は?

体の身近なトラブル、貧血。 身近だけれど、実はよく知らない! ということはありま …

かゆい幼児
幼児のあせも!頭に出来た場合は?予防や対策・治療薬やローション!

夏といえば汗をかく季節ですが、 あせもの季節でもありますよね。 幼児はあせもをか …

赤ちゃんと母親
産後うつ病の症状は?2つのチェックポイント!治療時の母乳は?

産後うつという病名をご存知ですか?赤ちゃんを産んだあとに、女性がかかるうつ病です …

医者と看護師
赤ちゃん・幼児・大人のとびひの原因は?プールやお風呂でうつる?

「とびひ」とは黄色ブドウ球菌または連鎖球菌が皮膚の浅いところに感染して水庖や膿庖 …

女性の疑問
子宮がん検診?生理痛や生理が遅れる・早まる・来ない場合?再検査?

子宮がん検診を受ける事は身を守る為に必要ですが、女性につきものの生理があります。 …

咳こむ女の子
冬の喘息の主な発作の原因は?運動やランニングでも誘発!マスクで予防

喉がヒューヒュー言ったり、 ひどく咳き込んでしまったり。 特に冬になると、喘息の …

頭を押さえる女性
貧血の種類や原因!それぞれの特徴的や症状やMCVの検査値は?

一口に貧血といっても、実は原因や症状によって様々な種類があるのをご存知でしょうか …

ダニ
マダニの感染症!潜伏期間や症状や治療?ライム症や重症熱性血小板減少症候群?

アウトドアや外へ出かけると気を付けたいマダニによる感染症。 身近におり、丁度外に …

スプレー
プロポリススプレーとは?使い方や効果・注意点は?

最近は大人でも インフルエンザの予防接種を 毎年欠かさず受けるという人が 増えて …

目・まぶた
目の下のピクピクの症状の原因や病気は?治す方法は?脳腫瘍の可能性も!

何だか疲れたなーという時、突然目の下がピクピクッと痙攣した経験はありませんか? …