くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

にんじんの保存方法は常温?冷蔵?冷凍?葉は?期間や保存食をご紹介

ニンジン

栄養満点で、いろんな料理に大活躍のにんじんですが、
冷蔵庫に入れておいたら、
いつの間にか表面がブヨブヨしてきたり、
逆に乾燥してしわしわになっていた、なんてことはありませんか?

比較的保存がきくので、
ついそのまま冷蔵庫やまたは常温で保存しがちです。
適当においておいてもある程度もつニンジンなら、
きちんとした方法をとれば、
きっと長期間保存できるに違いありません。
今回は、人参の保存方法についてご紹介します。

にんじんのカロリーや栄養・効果は?葉には?妊婦に良い?悪い?

スポンサーリンク

にんじんの保存の味方は新聞紙!

人参の保存方法は夏場と冬場でそれぞれ適したやり方があります。
ですが、どの季節でもにんじんの保存で気を付けることは「乾燥を防ぐ」ことです。

夏場は泥がついていたら落とし、
水気を拭いたら新聞紙で包みます。
新聞紙の代わりに、
広告チラシやキッチンペーパーを使うのも有効
です。
そしてそれを乾燥防止のために
ラップや保存用ポリ袋で
密封するようにして冷蔵庫で保存
します。

冬場はラップやポリ袋で乾燥しないように、
常温で保存
します。
泥つきの人参は、新聞紙でくるんで、
冷暗所で保存
しても良いでしょう。

季節に関わらず、人参は先から傷みます。
一度に1本使わない時は、先の方から使うようにしましょう。

残りの人参は、
先に傷む切り口にぴったりとラップで包んで冷蔵庫に入れておきます。

人参の葉も栄養があるので、ぜひ食べたいところですが、
葉を付けたままにしていると栄養素が葉にとられてしまうので、
すぐに切り落とすのがおすすめです。

また、にんじんも冷凍保存ができます。
1本そのまままま冷凍すると使う時とても大変です。
ですから、皮を剥いてスライスや細切りなど
調理しやすい形に切ってから、
冷凍用保存袋に入れ、冷凍するのが良いでしょう。
加熱処理して冷凍する場合は、皮を剥いて薄くカットしたら、熱湯に塩を入れて固めに茹でます。
粗熱を取って、ジップロックに入れて冷凍庫で保存します。

スポンサーリンク

にんじんの保存期間

人参は1本まるごと冷蔵保存した場合、
おいしく食べられる期限は5日~1週間です。
ですが、包んでいた新聞紙が湿ってきたら小まめに交換するなどをしていると、
2週間以上もちます
上手に保存したら、冷蔵でも2カ月近く保存できたという人もいます。

使いかけを冷蔵しておいたものは、
できれば1~2日で使い切りたいところですが、
遅くとも3~4日位で使い切るようにしましょう。

冷凍した人参は冷凍用保存袋にただ入れて冷凍するよりも、
金属のバットの上などで急速冷凍してから冷凍庫に入れた方が保存期間を長くできます。

これは、生の場合も、加熱処理してからの冷凍についても同じことが言えます。

また、どちらも冷凍のまま調理に使えますが、
電子レンジで加熱解凍してから使った方が、
余計な水分が出ずおいしく食べられるようです。
冷凍では1~2カ月が賞味期限です。

人参の葉は保存が難しいので、
切ったその日に調理するのが無難です。

保存しやすい、食べやすい!人参の保存食レシピ

保存がきく人参ですが、
そのまま保存すると嵩張るのは難点ですよね。
すぐに食べられる保存食に出来れば、便利です。

そこで、人参の保存食のおすすめのひとつは「干し野菜」です。
干し野菜にすると、嵩はぐーんっと減ってうま味が増して調理も簡単にしてくれます。

では、ドライ人参の作り方をご紹介します。

ニンジンは洗って水気を切ります。
厚いままだと上手に乾燥させるのが難しくなるので
薄切りにします。
湿度の高くない、よく晴れた日に干すだけです。

保存期間を長くしたい場合は、芯までカラカラにしましょう。
干し上がったら乾燥剤を入れて、密閉保存します。
すぐに使わない分はジップロックに入れて、
密閉すると冷凍保存もできますよ。

嬉しいことにニンジンの葉も干し野菜にできます
乾燥させて細かくすると
ドライハーブのようにスープなどに使えるので、
無駄なく便利に使えます。

人参が苦手という子どもも喜んで食べそうな保存食のレシピなら「にんじんジャム」がおすすめです

材料は、にんじん200g、リンゴ1個、ハチミツ大さじ6、レモン2分の1個の4つだけです。

にんじんとりんごとレモンの表皮を小さじ1杯分を
それぞれすりおろし、
レモンを絞っておきます。
にんじん、りんご、レモンの皮をまぜ合わせ、
そこにハチミツを加え弱火にかけます。
アクを取りながらまぜ、水気を飛ばしながら煮つめます。
トロリとしてきたら火を止め、
レモン汁を加えてまぜ合わせて完成です。
熱いうちに保存容器に容れて冷ましましょう。

リンゴ・レモンの代わりにミカンにして、はちみつを減らしてもおいしくできますよ。

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , ,

  関連記事

栗と紅葉
栗や天津甘栗の栄養成分や100グラムのカロリーは?美容効果は?

目次1 栗の栄養成分やカロリー2 天津甘栗の栄養やカロリー3 栗の栄養成分は美容 …

ブロッコリー
ブロッコリーの栄養やカロリー・効能!カリフラワーと比較!妊婦には?

茹でたものをお弁当の彩りに入れたり 野菜サラダに加えたりすると きれいな濃いグリ …

メロン
メロンアレルギーの症状!喉がイガイガ・蕁麻疹・咳、原因は?花粉症の関係

高級果物の定番として知られているメロンですが、食べると口の中がムズムズしたり、喉 …

生ハム
プロシュートとは?食べ方は?生ハムとの違い?パニーノ?

比較的手に入り易くなった「プロシュート」 ワインのお供やサンドウィッチなどにピッ …

とうもろこし
スウィートコーンの栄養やカロリー!!効果は?おすすめの食べ方を紹介

スウィートコーンはみなさんがよく知っているとうもろこしです。そのほかにもベビーコ …

キャベツ
キャベツのカロリーや栄養・効能は?効果的に栄養を摂取できる方法!

春夏秋冬、季節を問わず流通しているキャベツですが、このおなじみのキャベツについて …

数の子
数の子の塩抜きのやり方!冷蔵庫・常温?時短方法は?真水ではダメ?

数の子の塩抜きについてお教えします。 お正月のおせちに欠かせないメニューです。 …

年越しそば
年越しそばの意味 由来は?いつ食べる?タイミングは?

1年の締めくくりの食べものといえば「そば」。 「年越しそば」ですよね。 大晦日の …

ハンバーグ
ハンバーグの焼き方のコツとは?冷凍は?フライパン?オーブン?

ナイフを入れるとジュワっと肉汁が溢れる ふんわりしたハンバーグ。 お店の様な焼き …

離乳食セット
離乳食の初期・中期・後期の野菜の進め方・注意点!いつか何を食べる?

離乳食を始めるのはいつからといえば 生後5~6か月になれば離乳を始められます。 …