くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

キャベツの食べ過ぎで便秘?便秘解消?下痢や腹痛にいい?病気に?

キャベツ

キャベツはおやつ代わりにしたり、
ご飯と置き換えダイエットなどで、
ダイエットの味方としてもおなじみです。
キャベツを積極的に食べた時の効果と、
食べ過ぎた時のまさかの弊害についてご紹介します。

スポンサーリンク

まさか!?キャベツの食べ過ぎで太る?

ダイエットのためにキャベツを食べているのに、
食べたら太る!?なんて聞き捨てなりませんね!

キャベツを食べたから太る、というわけではありません。
ですが食べ過ぎたら、太る原因になりうる可能性が増す、
とは言えるかもしれません。

キャベツは食物繊維を含むので、
基本的には便通を良くします。
しかし一方でキャベツには水分や油分を吸収する働きがあります。

そのため体内の腸内の水分、油分が少なくなっている時に大量に摂取すると便を硬くして、便秘になるというわけです。

実は太る原因のひとつに、この便秘があります。
便秘になると、消化・吸収に時間を要する、
代謝の低下、皮下脂肪がつきやすくなる、
といったことが起こります。
このせいで太ってしますのです。

つまり、キャベツを過剰に食べると便秘になり、
太りやすくなる、ということです。
あくまでも食べ過ぎた場合ですので、
基本的にあまり気にすることはないでしょう。
ちなみに、大腸の働きが低下している時に、
食物繊維をたくさん摂ると腸に便が溜まります。
それとともにたくさんのガスも発生します。
キャベツを食べるとオナラが臭くなる、という人がいますが、
それはこのためだったのです。

スポンサーリンク

食べ過ぎで下痢や腹痛、そんな時キャベツがいい?

胃腸薬「キャベジン」からも想像できるように、
食べ過ぎによる下痢や腹痛、むかつきにはキャベツが有効です。

キャベツに含まれるビタミンUが胃腸の不調に効きます
ビタミンUは、胃腸の粘膜組織を作る上に壊れた組織を修復します。
粘膜細胞への血流を促進することで、胃酸を調節する機能があるのです

しかも、ビタミンUを摂取して2、3時間で粘膜が補強されます。
意外と効くのは早くて驚きですね。

キャベツのビタミンUは熱にも弱く、水溶性です。
生で食べるならキャベツの千切りがすぐに思い浮かびますが、
切って水にさらしてしまうのでビタミンUがうまく摂取できません。
ビタミンUが流れてしまうと、ただ大量の食物繊維を取ることになります。

そうなると消化が悪い上に、便通がよくなってしまい、
下痢になったり、症状が悪化したりするので注意が必要です。

食べ過ぎの不快感の解消にキャベツを摂取するなら、
ザワークラウト、塩もみキャベツ、絞ってジュースにするのがおすすめです。

常識!?キャベツは便秘解消の味方

便秘解消には食物繊維ですよね!
食物繊維には体内のコレステロールや老廃物を吸収して、便を出しやすくします。

「キャベツ○個分」などと例にされるくらい、
食物繊維を多く含むものとしてキャベツはとてもメジャーなもののひとつでしょう。

キャベツには100g当たり1.8gの食物繊維が含まれています。

実は、この量それほど多いとは言えません。
1日に必要な食物繊維は20~25gです。
キャベツをひと玉食べても足りません。

では、キャベツには便秘解消にはならないのかというと
そうではありません。

キャベツに含まれる豊富なビタミンが便秘解消を助けてくれるのです。

快便のためには、消化器官が健康でなくていけません。
先ほども触れた「ビタミンU」は胃腸を整えます。
そしてビタミンCは腸の中の善玉菌を増やして腸の働きを活発にしてくれるのです。

このように食物繊維と、ビタミンの胃腸を元気にしてくれるという間接的な働きによって、
キャベツの摂取は便秘改善につながるのです。

キャベツを食べ過ぎると病気になるって本当?

キャベツの食べ過ぎは病気なる、
という話を聞いたことがあるかもしれません。
そう言われるのは、キャベツ含まれるにゴイトロゲンが甲状腺腫を誘発するからです。

甲状腺腫は甲状腺ホルモン不足によって起こります。
ゴイトロゲンは甲状腺ホルモンを形成する「ヨード」の吸収を妨害してしまうため、
甲状腺腫を引き起こす、と言われるのです。

ですが、ある論文によると影響が出るのはヒトの体重1kgあたり毎日0.4mgの量だということです。
キャベツ10kgで1,000マイクログラム程度ですから、生活で少し食べ過ぎたくらいでは影響はありません

ただし、すでに甲状腺の病気がある人は、
控えたり、お医者さんに相談した方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , , ,

  関連記事

女王蜂
ローヤルゼリーの栄養の効能は?副作用は?後遺症が残る可能性は?

ローヤルゼリーは、 女王蜂のみが食べることのできる特別な食事で、 若い働き蜂が花 …

味噌汁
味噌汁の基本の作り方!一人分の簡単な作り方は?ジャガイモや大根は?

ほぼ毎日作るであろうお味噌汁、 料理を始めようとする方はここから始めますが、 「 …

味噌汁
味噌汁の保存、冷蔵庫や冷凍での保存方法や期間は?冬の常温は?

作り過ぎてしまった味噌汁、保存しておきたいけど保存方法がわからない。 また、作り …

チーズフォンデュ
チーズフォンデュの作り方、チーズの種類や量、予算は?子供の場合は?

チーズ好きにはたまらない!チーズフォンデュ。フォンデュ鍋がないし家では無理なんて …

ぬか漬け
ぬか漬けの食べ方、きゅうりや水なすは?サンマやニシンは?洗う?

ぬか漬けは古くから日本にある発酵食品であり、 ぬかによる美容効果や便秘解消といっ …

烏龍茶
ウーロン茶の栄養や効能は?ダイエットには?緑茶・紅茶の比較!

長い事健康茶としても人気の”ウーロン茶” さっぱりするからということで、 脂っこ …

カモミールティー
カモミールティーの効果、飲み過ぎの副作用?妊婦、授乳中は?時間は?

ハーブティには様々な効能や効果があると言われていますが、もっともポピュラーである …

ナスビ
ナスの栄養やカロリー・効能は?きゅうりと比較!妊婦や子どもには?

夏野菜のナスは、 浅漬け、炒め物、揚げ物と 色々な料理と相性の良い野菜ですが、 …

こんにゃく
こんにゃくの栄養やカロリーと効能?グルコマンナンとは?妊婦には?

海草とならび、低カロリーな食材として知られているこんにゃく。 さて、このこんにゃ …

しじみ
しじみの栄養やカロリー・効果!子どもや妊婦には?冷凍では変わる?

貝類の中でもなじみのある美味しいしじみ。 比較的手に入りやすく食卓のメニューに加 …