くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

えのきの冷蔵・冷凍の保存方法や期間!なめたけ・塩漬けレシピ!

えのき茸

鍋や炒め物など、
えのきは多くの料理に使うことが多いと思いますが、
買ってきてすぐに使わない場合や、
使い切れなかった場合には
どの様な保存方法があるのでしょうか。

また、
どのくらいの期間保存することが可能なのでしょうか。

えのきの栄養の効果やカロリー!他のきのこと比較!妊婦や子どもには?

スポンサーリンク

えのきの保存方法は?常温、冷凍・冷蔵?

えのきの栽培は低温でされていますので、
冷蔵庫での保存が基本となります。

えのきを買ってきたら常温ではなく、
冷蔵で保存をしてください。

冬の寒い時期なら常温でも保存可能ですが、
室温が高くなると傷んでしまう原因となってしまいます。

また、
えのきを買ってきてすぐに食べない場合には、
冷凍で保存することができます

スポンサーリンク

えのきの保存期間は?期限は?

冷蔵保存の場合、
えのきの保存期間の目安は、
袋のままですと3日程度が期限となります。

袋から取り出して新聞紙などに包み、
ポリ袋へ入れたり、ラップで包んだ場合は
1週間程度の保存が可能となります。

袋から出す場合は、
えのきを水で洗ったりしないようにしてください。

少量のみ使いたい場合には、
使用するえのきの石突部分のみ切り離します。

もっと長い期間保存したい場合には、
冷凍保存して下さい。

その際は、
袋から取り出したえのきを洗わずに
石突を切り取りほぐします。

フリーザーパックなどに入れて
冷凍庫へ入れれば3~4週間程度の保存が
可能となります。

えのきは冷凍保存することで、
栄養価と旨味が増えます。

すぐに使わない場合は、
冷凍保存する方法が良いようです。

えのきの保存食のレシピは?

保存食 なめたけレシピ

えのきの代表的な保存食「なめたけ」のレシピです。

 1.えのきは石突を切り落として
  半分の長さに切りそろえます。
 2.昆布だしで、えのきを煮ます。
 3.えのきに火が通ったら醤油とみりんを加え、
  アクが出たら取り除きます。
 4.弱火で3分程度煮詰めれば完成です。

ごはんなどにいかがでしょうか。

保存食 塩漬けレシピ

長期保存が可能な「塩漬け」です。

 1.えのきなどのきのこ類を、
  食べやすい状態に切り分けます。
 2.きのこの重量の20%程度の塩を用意しておきます。
 3.きのこを軽く茹でて水気を切ります。
 4.煮沸消毒した瓶などの保存容器に、
  きのこと塩を入れ混ぜます。
 5.使いたい時に取り出して軽く水洗いすれば、
  色々な料理に使うことができます。

できれば、
容器から取り出す際の箸なども都度煮沸しておくと
より安心して保存できるかと思います。

保存食 えのき氷のレシピ

「えのき氷」のレシピです。

旨味がありますのでストックしておけば、
色々な料理に使うことができて大変便利です。
また、
美容効果も期待できるそうなので重宝しそうです。

 1.石突を切り落としたえのきを半分に切り、
  ミキサーに入れます。
 2.適量の水を加えて撹拌します。
 3.ペースト状になったら鍋に移して火にかけます。
 4.沸いてきたら弱火にして20~30分
  焦げないように混ぜて煮ます。
 5.水分がなくなってきたら火からおろします。
 6.粗熱をとり製氷皿など
  後で取り出しやすい容器に移して冷凍します。

冷凍した状態のまま、味噌汁や煮物など
色々な料理に手軽に加えることができます。

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , ,

  関連記事

くるみ
くるみアレルギーの原因や症状・対策は?クルミオイルは?

香ばしく美味しい「くるみ」ですが、少しの量でもアレルギーを起こす事があります。 …

カシューナッツ
カシューナッツのカロリーや栄養成分とGI値!健康・美容の効果!

日本人は食物繊維とカルシウムが不足しがちだと いわれています。 ナッツは食物繊維 …

青汁
青汁で便秘解消!ダイエットには?飲む時間・便秘になる場合?

青汁は体によく便秘によいと耳にしますが、 実際のところどうなのかわからずに 手を …

水を飲む女性
水の飲み過ぎによるデメリットや症状、胃痛やむくみ!太る?猫では?

水というとカロリーもなく、 特に飲み過ぎる事で害はないだろうと思われがちですが、 …

にんにく
にんにくの食べ過ぎの症状下痢、腹痛、貧血、臭いおならの対処方法は?

「にんにくを食べるとスタミナがつく」とはよく言われていること。 確かに、にんにく …

玉ねぎ
玉ねぎの栄養やカロリー、効果は?加熱したり、水にさらすとどうなる?

生でも煮ても、焼いても、炒めてもおいしい玉ねぎ。 料理の隠し味としても大活躍の、 …

牡蠣貝
牡蠣の食べ過ぎ?適量は?病気や下痢や腹痛などの症状は?アレルギーは?

”海のミルク”とされ栄養価の高い「牡蠣」 好みはありますが、好きな方ならオイスタ …

マンゴー
マンゴーの栄養やカロリーは?冷凍すると栄養価は?妊婦には?

最近、よくスーパーで見かけるようになった南国フルーツ。 マンゴーを思い浮かべる人 …

油・オイル
オリーブオイルの栄養や効能・カロリーは?適量は?優れた健康・美容効果!

最近テレビなどで取り上げられている、 オリーブオイルダイエットや健康維持法。 実 …

三つ葉
三つ葉の保存方法は?冷凍?乾燥?保存期間や保存食は!

三つ葉は、今やいろいろなものに使われる葉物野菜となりました。 色もきれいで香りも …