くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

ナスの栄養やカロリー・効能は?きゅうりと比較!妊婦や子どもには?

ナスビ

夏野菜のナスは、
浅漬け、炒め物、揚げ物と
色々な料理と相性の良い野菜ですが、
何故か好き嫌いが分かれてしまう野菜でもあります。

ナスの苦みやエグ味が苦手とか、
噛んだ時の頼りない食感が嫌い、などが理由として
よく聞かれるようです。

ナス好きには良く分からない理由ですが、
ナスを無理に勧めると
「大した栄養もないし」と返答されることもあるそうです。

ではこのナスには、
一体どんな栄養成分が含まれているのでしょうか。

スポンサーリンク

ナスの栄養や、カロリーは?きゅうりと比較すると?

ナスのカロリーは、22kcal/100gです。

糖質は、
野菜としてはやや多めで 3.4g/100g です。

栄養素は高いとはいえません。

水分が90%以上を占めており、
食物繊維やカリウム、カルシウムを含んでいます

ナスを栄養面から見ると、
低たんぱく低カロリーで評価は高くありませんが
夏野菜には、
体を冷やす効能があるといわれており、
昔から高血圧やのぼせに
ナスを食べるといいといわれています。

同じ夏野菜のなかにはきゅうりがありますが、

きゅうりのカロリーは、
14kcal/100gです。

糖質は少なく、
1.6g/100gです。

きゅうりに含まれている水分量は90%以上で
こちらも栄養価は低く、
ギネスで「世界一栄養がない果実」として
不名誉な1位に挙げられているそうです。

スポンサーリンク

ナスの栄養にはどんな効果がある?

栄養面であまり高い評価をされていないナスですが、
その特徴は色です。

ナスの皮の黒紫色はアントシアニン色素で、
ナス特有のナスニンとよばれる成分です。

アントシアニンは、
赤ジソやブルーベリー、
紫サツマイモなどにも含まれています。

アントシアニンには抗酸化作用がありますので、
生活習慣病の予防に効果があるといわれています。

またアントシアニンは水に溶けやすい性質です。

調理の際、
ナスのアントシアニンを多く摂取するためには、
煮物よりも、揚げものや炒め物をお勧めします。

ナスは昔から、
ナスのヘタを黒焼きにして、
塩を混ぜて使うことで歯槽膿漏を予防するといわれたり、
ナスのヘタの切り口の汁を、
イボとりに使うなど民間療法としても用いられています

ナスの栄養は、妊婦や子どもには?

ナスには体を冷やす効能がありますので、
夏場の食材として多く摂りたい野菜ですが
妊婦にとっては、
体を冷やしてしまわないよう、
量を控えたほうが良い食材のようです。

「秋なすは嫁に食わすな」ということわざがあります。
秋茄子は嫁に食わすなはなぜ?意味は?語源は?嫁いびり?体が冷える?

少し意地悪な言葉に聞こえてしまいますが、
妊婦が体を冷やしてしまわないよう気遣った、
思いやりある言葉だったのです。

ナスは好き嫌いが分かれる野菜だといわれています。

ナス嫌いの子どもは、
その理由にエグ味をあげることが多いそうです。

水にさらす時間が不足すると
アクが抜けきれずにエグ味が残ってしまいますので、
しっかりと水にさらしたり、
塩もみをすることでアクを抜き、
さらに油を使って調理することで口当たりも良くなります。
ナス嫌いの子どもにはエグみを抜く調理方法を試してみてください。

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , , , ,

  関連記事

おしるこ
おしるこの小豆からの圧力鍋での作り方!動画でレシピを紹介

甘くて美味しいおしるこ! 鏡開きの日や冬のイベント、 もちろんおやつにと食べる機 …

順菜 じゅんさい
じゅんさいの栄養やカロリーは?ローカロリーなダイエット食材!

ゼリー状の膜に包まれたじゅんさいは、 そのつるりとした食感が楽しい秋田の特産です …

豆腐
簡単に網を使う豆腐の水切り方法、キッチンペーパーは?レンジで時短!

最もポピュラーな食材「豆腐」 料理の方法によっては水切りが必要ですが、 水切り方 …

オートミール
オートミールとは?栄養やカロリーは?ダイエット効果?効能は?

アメリカ映画などで朝食としてよく見るオートミールですが、日本人には知ってはいても …

くるみ
くるみアレルギーの原因や症状・対策は?クルミオイルは?

香ばしく美味しい「くるみ」ですが、少しの量でもアレルギーを起こす事があります。 …

トルティーヤ
トルティーヤの作り方・カロリー!米粉・薄力粉だけでOK ?巻き方は?

エスニック料理の中でも、 手軽に食べることができるものにタコスがあります。 タコ …

キウイフルーツ
キウイのアレルギー?原因は?食べ過ぎ?花粉症の関係!赤ちゃんには?

手頃で食べやすく美容によい「キウイ」 輸入も進んで通年食べられるくだものですが、 …

ブロッコリー
ブロッコリーの茹でる場合、生の場合の冷蔵・冷凍の保存方法!期間は?

ブロッコリーはとても栄養価の高い野菜です。 含まれている栄養素は 風邪の予防や …

カプレーゼ
カプレーゼとは?意味は?カロリーは?おすすめの作り方や簡単・時短は?

イタリアンレストランやワインバーで前菜に載っている「カプレーゼ」。簡単に作れるう …

ヤーコン
ヤーコン茶とは?入れ方、作り方は?栄養や効果は?副作用は?

ヤーコン茶とはどのようなものか、皆さんはご存知でしょうか? 初耳の方もいらっしゃ …