くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

ナスの栄養やカロリー・効能は?きゅうりと比較!妊婦や子どもには?

ナスビ

夏野菜のナスは、
浅漬け、炒め物、揚げ物と
色々な料理と相性の良い野菜ですが、
何故か好き嫌いが分かれてしまう野菜でもあります。

ナスの苦みやエグ味が苦手とか、
噛んだ時の頼りない食感が嫌い、などが理由として
よく聞かれるようです。

ナス好きには良く分からない理由ですが、
ナスを無理に勧めると
「大した栄養もないし」と返答されることもあるそうです。

ではこのナスには、
一体どんな栄養成分が含まれているのでしょうか。

スポンサーリンク

ナスの栄養や、カロリーは?きゅうりと比較すると?

ナスのカロリーは、22kcal/100gです。

糖質は、
野菜としてはやや多めで 3.4g/100g です。

栄養素は高いとはいえません。

水分が90%以上を占めており、
食物繊維やカリウム、カルシウムを含んでいます

ナスを栄養面から見ると、
低たんぱく低カロリーで評価は高くありませんが
夏野菜には、
体を冷やす効能があるといわれており、
昔から高血圧やのぼせに
ナスを食べるといいといわれています。

同じ夏野菜のなかにはきゅうりがありますが、

きゅうりのカロリーは、
14kcal/100gです。

糖質は少なく、
1.6g/100gです。

きゅうりに含まれている水分量は90%以上で
こちらも栄養価は低く、
ギネスで「世界一栄養がない果実」として
不名誉な1位に挙げられているそうです。

スポンサーリンク

ナスの栄養にはどんな効果がある?

栄養面であまり高い評価をされていないナスですが、
その特徴は色です。

ナスの皮の黒紫色はアントシアニン色素で、
ナス特有のナスニンとよばれる成分です。

アントシアニンは、
赤ジソやブルーベリー、
紫サツマイモなどにも含まれています。

アントシアニンには抗酸化作用がありますので、
生活習慣病の予防に効果があるといわれています。

またアントシアニンは水に溶けやすい性質です。

調理の際、
ナスのアントシアニンを多く摂取するためには、
煮物よりも、揚げものや炒め物をお勧めします。

ナスは昔から、
ナスのヘタを黒焼きにして、
塩を混ぜて使うことで歯槽膿漏を予防するといわれたり、
ナスのヘタの切り口の汁を、
イボとりに使うなど民間療法としても用いられています

ナスの栄養は、妊婦や子どもには?

ナスには体を冷やす効能がありますので、
夏場の食材として多く摂りたい野菜ですが
妊婦にとっては、
体を冷やしてしまわないよう、
量を控えたほうが良い食材のようです。

「秋なすは嫁に食わすな」ということわざがあります。
秋茄子は嫁に食わすなはなぜ?意味は?語源は?嫁いびり?体が冷える?

少し意地悪な言葉に聞こえてしまいますが、
妊婦が体を冷やしてしまわないよう気遣った、
思いやりある言葉だったのです。

ナスは好き嫌いが分かれる野菜だといわれています。

ナス嫌いの子どもは、
その理由にエグ味をあげることが多いそうです。

水にさらす時間が不足すると
アクが抜けきれずにエグ味が残ってしまいますので、
しっかりと水にさらしたり、
塩もみをすることでアクを抜き、
さらに油を使って調理することで口当たりも良くなります。
ナス嫌いの子どもにはエグみを抜く調理方法を試してみてください。

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , , , ,

  関連記事

銀杏
殻付き銀杏の電子レンジや封筒を使った食べ方は?実はフライパンのほうが美味しい?

わりとクセのある銀杏は、あまり私たちの口へとなかなか運ばれないですが、料理の引き …

コーヒー
カフェインは交感神経を刺激、覚醒・血管拡張の効能!副作用の危険性も!

私たちの身近にあるカフェインは、 眠気覚ましや、 日頃の水分として摂取することが …

牛肉
茶色、緑色に変色した牛肉の原因は?大丈夫?賞味期限は?解凍、臭いは?

うっかり買い物して冷蔵庫に入れっぱなしの牛肉が数日後に変色してしまった! これっ …

油
アボカドオイルの美容効果は?スキンケア、肌、髪、手作り石鹸?

食べる美容液と言われるアボカドを凝縮したアボカドオイルがとても健康や美容によいと …

カリフラワー
カリフラワーの保存方法や期間!保存食はピクルス!大量消費のレシピ!

ブロッコリーに比べると地味な存在ですが、 カリフラワーの栄養素は がんの予防効果 …

カシューナッツミルク
カシューナッツミルクとは?作り方!カロリーや栄養、効能?眠気に?

ナッツ類は栄養価が高いことで知られていますが、 なかでもカシューナッツは 亜鉛を …

離乳食セット
離乳食の初期・中期・後期の野菜の進め方・注意点!いつか何を食べる?

離乳食を始めるのはいつからといえば 生後5~6か月になれば離乳を始められます。 …

さつまいも
さつまいもの栄養やカロリー!効果は?妊婦にはいい?かぼちゃ、ジャガイモの比較

さつまいもといえば、 ご飯のおかずとして、おやつとして、 天ぷら、焼き芋、大学い …

ピーマン
ピーマンのカロリーや栄養や効果は?種には?妊婦や子供には?

ピーマン嫌いの子供さんも多いですが、今回は、ピーマンの知られざる栄養価や効果効能 …

ニンジン
にんじんの保存方法は常温?冷蔵?冷凍?葉は?期間や保存食をご紹介

栄養満点で、いろんな料理に大活躍のにんじんですが、冷蔵庫に入れておいたら、いつの …