くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

ゆで卵の殻の綺麗な剥き方!タッパーやコップを使う!息を吹きかける!

ゆでたまご

お弁当に、サラダに、煮卵、おでん・・・、と
いつも大活躍のゆで卵。
毎日のように作る、そして食べるという人も多いのではないでしょうか。
いつも作るのに、殻がきれいに剥ける日とうまくいかない日があったりしませんか?
「ためしてガッテン」といったテレビ番組やネットにも、
ゆで卵を綺麗に剥く方法はたくさん紹介されています。
そんなたくさんある裏ワザで簡単なものをご紹介していきます。

スポンサーリンク

簡単、綺麗に出来る!ゆで卵のむき方 コップやタッパーを使う!?

ゆで卵をつるんっとむく方法にコップを使った方法があります。
ガラスのコップにゆで卵を入れたら、
その中に卵がかぶるくらいの水を注ぎます
そして、コップを手で蓋をして10秒ほど振ります
こうすると細かくヒビが入るので、つるんっとむくことができます。

同様に、タッパーでも応用できます。
ゆで卵が一つの時はコップで、
何個かむく必要があるときは、タッパーでやるといいですね
卵の数に合わせてタッパーを用意します。
卵に対して大きすぎないものの方が良いです
タッパーに卵を入れたら、
タッパーの1/3くらいの量の水を入れ
横方向に10秒ほど振ります。
タッパーを使うと料理に何個もゆで卵を使いたい時もとっても楽ですね!
ただし、半熟卵などは割れる可能性もあるので、注意が必要です。

スポンサーリンク

道具いらず!息を吹きかける!転がす方法で綺麗なゆで卵の殻のむき方!

続いては、ほとんど道具も使わずに綺麗に剥ける方法です。
それは、息を吹きかけるだけ、というものです。
魔法みたいですね!
卵の上下の部分を1センチほど剥きます
そして、尖ってる方のむいた穴から息を吹きかけます
そうすると逆側からするっと剥けます。
吹きかける程度によっては勢いよく出てくるので、
キャッチの準備を忘れずに!
殻と白身の間に空気が抜けていくことで、簡単にむけるという仕組みです。

自分で食べるのなら構いませんが、
料理として出すには衛生的に心配です
食べる方も、普通はいい気はしませんよね。
そんな人には、似た論理で穴から水道水を掛ける
という方法もあります。

流水で息と同じく殻と白身の間に隙間をつくることで、
卵を剥きやすくします。

他にも、まな板といった台の上で転がし、
全体的にまんべんなくヒビを入れることで、
剥きやすくする方法もあります。
コツは、少し手のひらで押すようにしながらコロコロすることです。
これなら、平らで硬い台があれば良いので、
道具も必要なく、衛生的にも安心ですね。

ゆでる前のひと工夫!スプーンでひびを入れる?ゆで卵が綺麗にむける!

ここまでは、ゆで卵にしてからの剥き方を紹介してきました。
茹でる前にひと手間加えることで、
殻をむきやすくする方法があります。

それは、卵のおしりの部分(尖っていない方)を、
スプーンなどで叩いて、

ヒビを入れるのです。
このおしりの部分には、空気のある気室というのがあります。
薄皮と殻の間に空気があるので、
ここにヒビを入れても、白身がでてきてしまうことはありません。

ゆで卵の殻が剥きにくくなるのは、
二酸化炭素が膨張することで殻にくっついてしまうためです。
気室の部分にヒビを入れることで、
原因となる二酸化炭素が出ていくために剥きやすくなる、
というわけです。

ゆで上げたら、冷水に取ります。
二酸化炭素は白身が飛び出したり、
白身をぼそぼそさせる原因でもあったので、
これらも解消してくれます。

また、新鮮な卵よりも賞味期限が近づいたものの方がおいしく、
且つむきやすいゆで卵が作れますよ。

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ

  関連記事

プルーン
鉄分の多い食べ物、野菜やプルーン、納豆は?サプリメントは?

特に女性に必要な『鉄分』 食事からもしっかり摂取することも大切です。 鉄分が多い …

カシューナッツ
カシューナッツの食べ過ぎに注意!気持ち悪い!腹痛、便秘や下痢に!

ナッツ類は ビタミンなどの栄養価の高さで知られていますが、 カシューナッツは、 …

ピーマン
ピーマンのカロリーや栄養や効果は?種には?妊婦や子供には?

ピーマン嫌いの子供さんも多いですが、今回は、ピーマンの知られざる栄養価や効果効能 …

エリンギ
エリンギの栄養!美容やダイエットには?妊婦や子どもにも良い効果が!

ダイエットのためのレシピで必ず「かさ増し」食材として登場するのがきのこです。 い …

ハンバーグとニンジングラッセ
にんじんのグラッセのレンジの簡単な作り方!保存方法や離乳食には?

ハンバーグなどの肉料理の付けあわせの定番に 人参のグラッセがあります。 にんじん …

餃子
おいしい餃子の焼き方、フライパンにくっつく生餃子や冷凍のコツは?

手作りや冷凍などでもお馴染みの「餃子」 上手に焼く焼き方をご存知でしょうか。 「 …

キウイフルーツ
キウイのアレルギー?原因は?食べ過ぎ?花粉症の関係!赤ちゃんには?

手頃で食べやすく美容によい「キウイ」 輸入も進んで通年食べられるくだものですが、 …

大豆
大豆イソフラボンの効果!豊胸やニキビ改善や美肌にも!妊娠や更年期障害は?

大豆イソフラボンには、悪玉コレステロールを減少させて血流を促進するレシチンや、脂 …

味噌汁
味噌汁の基本の作り方!一人分の簡単な作り方は?ジャガイモや大根は?

ほぼ毎日作るであろうお味噌汁、 料理を始めようとする方はここから始めますが、 「 …

大豆
大豆の食べ過ぎは太る?適量は!下痢・便秘・腹痛・腰痛や甲状腺の影響も

体によい栄養満点食材「大豆」加工品も多く手軽に栄養を摂る事が出来るので、多く食事 …