くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

10月の時候の挨拶!履歴書添え状・案内状・招待状の季節の挨拶の例文!

紅葉

10月はまさに秋といえる時季です。
食欲の秋、芸術の秋、読書の秋、実りの秋、
などレジャーに趣味にと、充実する頃です。
大切なあの人に実りの秋を贈ったり、
スポーツ大会を催したりと、
なんらかのご案内やお手紙を出すことも増えるかもしれません。
ここでは10月に使える時候の挨拶をご紹介します。

スポンサーリンク

10月の時候の挨拶と結びの文 上旬・中旬・下旬

10月上旬に使われる時候の挨拶に使う語には
「清秋」や「仲秋」「寒露」などがあります。
「仲秋」は白露から寒露の頃に使われます。
白露は9月8日頃の露ができ始める頃、
寒露は10月8日頃を指します。

中旬には「清秋」「紅葉」などを使います。
「紅葉」は一般的に10月全般に使われます。
ですが、お手紙を送る相手の住む、
地域やその年の紅葉に合わせて使いましょう。

下旬には「錦秋」や「霜降」などを用います。
「錦秋」は紅葉が錦の織物のように美しい秋を意味します。
「霜降」は10月23日頃を指し、
霜が降りだす時期とされています。

他にも10月に使われる季節の挨拶の言葉には、
「秋麗」「秋雨」「夜長」などがあります。

これらの言葉に「~の候/~のみぎり/~の折」の
いずれかを繋げて、時候の挨拶とします。

親しい人へのお手紙では、柔らかな表現もできます。
上旬には、
「涼やかな秋空の下、」
「豊穣の秋が楽しみな今日この頃、」、

中旬には、
「秋も深まってまいりましたが、」
「実り豊かな秋となり、」、

下旬には、
「山々の紅葉が美しく色づきはじめたこの頃、」
「寒さがしだいにつのる今日この時期、」
などがあります。

10月全般には「秋たけなわの頃、」「秋たけなわ、」
などを用いることができます。

結びの文は、
「日毎に秋冷の加わる頃、くれぐれもご自愛ください。」
「澄み切った秋空のように、皆様のお気持ちが爽快でありますようお祈り申し上げます。」
などとして、お手紙を締めます。

スポンサーリンク

ビジネス場面における10月の時候の挨拶

ビジネスの場面では、
お手紙に限らずメールでも前文から書くと丁寧な印象になります。

ビジネスにおいては、かしこまった時候の挨拶が適しています。
また、履歴書を送る際に「添え状」「カバーレター」などと呼ばれる送付状を一緒に送ります。

この送付状に書く挨拶文としても使えます
時候の挨拶と挨拶文を合わせた前文の文例は、以下の通りです。

「爽秋の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。 」
「仲秋の候、貴社におかれましては益々ご清祥の段 心よりお慶び申し上げます」
「寒露の候、貴社におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。」
「紅葉の候、貴社におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。」
「霜降の候、平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。」

 同様に、結びの文には
「爽秋の季節、社業の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。」
「菊花薫る秋節、皆様の益々のご健勝を心よりお祈りいたしております。」
「灯火親しむ時節、皆様のますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます。」
などがあります。

結びの文にも季節感を入れ込む場合は、
これからの厚誼・鞭撻を願う文よりも、
相手の健康や繁栄、活躍を祈る文章を持ってきた方が馴染みのいい文になります。

案内状、招待状における10月の時候の挨拶の文例

10月は涼しく過ごしやすい時季です。
ゴルフコンペや芋煮会への案内状などを
出すこともあるかもしれませんね。

アウトドアなどの娯楽への招待状には、
堅苦しすぎない時候の挨拶が良いでしょう。
以下に、幾つか例を挙げます。

「うららかな秋晴れが続いておりますが、いつもながらお変わりなく何よりに存じます。」
「時まさに収穫の秋、皆様おかわりございませんでしょうか。」
「いまだ暑さが残ります今日この頃、ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。」

このような時候の挨拶に続いて、
イベントの概要と参加のお願いなどを書き挨拶文とします。
その下に、
日時、場所、会費などのイベントの詳細を記すと、
分かりやすい案内状になります。

11月の上旬・下旬の時候の挨拶・季節の挨拶は?ビジネスや招待状では?

スポンサーリンク

 - ビジネス, 季節 , , ,

  関連記事

スピーチ
スピーチの文字数の目安!1分間、90秒、2分、3分、5分、10分では?

友人、部下の披露宴や会社の朝礼、祝賀会などでスピーチをお願いされ、嬉しい反面「何 …

冬
向寒の候はいつからいつまで使う時候の挨拶?意味は?例文をご紹介!

季節を表す時候の挨拶ですが、実際に生活をする上での暦とは季節にずれがあるようです …

雪景色 寒
2月の上旬、中旬、下旬の時候の挨拶 ビジネスやお礼状、招待状での使い方は?

冬と春の間の2月、お手紙やお礼状などの時候の挨拶は どういったものがあるのでしょ …

ひまわり畑
夏至の風習!食べ物は?関東、関西、北海道では?タコを食べる由来!

日本各地では、夏至の風習があるのですが、それはあまり根強く残っておらず、知らない …

冬
寒の内の意味は?いつからいつまで?行事や俳句の季語の使い方を紹介

「寒の内」っていつのこと?その期間と意味やこの期間の行事などをご紹介 「寒の内」 …

立春
立春とは?いつ?意味は?子供向けの簡単な説明!立春大吉の由来は?

2月のカレンダーや手帳に書いてある「立春」という言葉。 真冬なのになぜ「春」って …

雪道
雪道の転ばない歩き方のコツは?滑らない歩き方や靴は?

雪の降る時期になると、よくテレビなどで滑っている方が映し出されますよね。 あれっ …

春の安曇野風景
立夏の候の意味は?いつからいつまで?時候の挨拶の例文を紹介!

日本の良いところと聞かれて四季があるところと答える人は少なくないようです。 たし …

ゆず,柚子
ゆず湯の作り方と効能

入浴剤でもいろんな香りと効能のあるものが気軽に手に入りますが、 日本には昔から「 …

かぼちゃ
冬至の食べ物といえばかぼちゃと小豆のいとこ煮!由来は?地域の違い?

冬至は、1年の中で一番昼が短く、夜が長い日です。 そして、冬至を境にだんだんと昼 …