くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

ゴーヤの栄養成分やカロリー・効能は?妊婦さんには体を冷やすけど良いの?

ゴーヤ

ゴーヤの原産地は熱帯アジアです。

主に南西諸島と南九州で多く栽培されてきましたが、
日照と気温、水があれば、
肥料や農薬はほとんど使わなくても収穫できるため、
全国的な広がりを見せ、
家庭菜園で手軽につくられることが多い作物です。

ゴーヤを使った緑のカーテンで断熱し、
省エネ効果とゴーヤの収穫を楽しむこともできます。

ゴーヤは家庭菜園などで多く収獲され、
度で食べきれないときなどは、
スライスしたものを冷凍して保存することもできます。

スポンサーリンク

ゴーヤの栄養成分とカロリー

ゴーヤは、
ビタミンCカリウムが豊富な夏野菜です。

カロリーは、
100グラムあたり17キロカロリーです。

主な栄養成分は、
ビタミンC、ビタミンB1、B2、
葉酸、カリウム、カルシウム、鉄、食物繊維などです。

ゴーヤの効能

ゴーヤの主な効能には、

◇ビタミンC 疲労回復効果
◇食物繊維 便秘予防効果
◇カリウム 利尿効果
◇葉酸 貧血予防効果

などがあります。

他にも、
ゴーヤの独特な苦み成分モモルデシンには、
胃液の分泌を促進する効果効能があります

ゴーヤは夏バテに効果のある優れた野菜なのです。

ゴーヤ1本のビタミンCは、
レモンの3個分以上といわれるほど豊富です。

夏の紫外線による日焼けが気になる時期、
日焼けによるしみの原因となる
メラニンの生成を抑える効果があるといわれているのが
このビタンミンCなのです。

しかもゴーヤのビタミンCは
加熱に強いという特性があります。

通常ビタミンCは熱を加えることで
壊れやすいといわれていますが
ゴーヤは茹でる、炒めるなどの調理でも
ビタミンCが壊れる心配がないのです。

ゴーヤを使う際は、
中のわたと種を取り除き
スライスすることが一般的かと思います。

さらに、
ゴーヤの苦みが苦手な場合は塩もみをして、
水にさらす下ごしらえをしているのではないでしょうか。

しかしこれは、
栄養的には実にもったいないことだったのです。

水にさらすことで栄養価は逃げてしまいます

それだけではありません。

実はゴーヤは果肉部分よりも、わた部分の方が、
1.7倍もビタミンCを多く含んでいるそうです。

そして種子に多く含まれているのが共役リノレン酸で、
これには体脂肪の燃焼を促進する効果があるとされています。

今まで食べずに捨てられていた部分に、
このような高い栄養価と効能があったのです。

スポンサーリンク

ゴーヤの効能・妊婦さんに良い?

妊婦がゴーヤを食べると、
体を冷やして子宮収縮してしまい流産してしまうという話を、
耳にされたことはないでしょうか。

ビタミン、カルシウム、葉酸、食物繊維など
妊婦にとって必要な栄養価を含んだゴーヤ
食べてはいけないのかと不思議に思えるのですが
ゴーヤのキニーネという成分には解熱効果があり、
体を冷やす心配があるためではないか、
といわれています。

 

妊婦が体を冷やすのは良くないと
よく言われていうことですが、
夏野菜には体を冷やす効果があると聞きますので、
そのためだったようです。

レモングラスの効能?妊婦さんには良くないの?

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , , , ,

  関連記事

味噌汁
味噌汁の栄養や具の組み合わせ!わかめ・豆腐・ほうれん草やサツマイモ

野菜不足解消に味噌汁をプラスすると思いますが、具材の組み合わせがマンネリ化するこ …

キャベツ
キャベツの保存方法や保存期間、保存食のザワークラウトのレシピは?

冷蔵庫の隅に干からびたレタスやキャベツが転がっていた、そんな経験はありませんか。 …

ルッコラ
ルッコラの食べ方!栄養やカロリーは?成分の効果は?

イタリア料理に欠かせないルッコラはサラダに入れると綺麗な緑色が彩りも良くなって見 …

パクチーのサラダ
パクチーは美肌や加齢臭改善、アンチエイジング、デトックスの効能が

最近テレビでも話題のパクチーは、一年草のせり科のハーブです。 「パクチー」はタイ …

ぬか漬け
ぬか漬けの食べ方、きゅうりや水なすは?サンマやニシンは?洗う?

ぬか漬けは古くから日本にある発酵食品であり、 ぬかによる美容効果や便秘解消といっ …

梅干し
梅干しの栄養成分は?効果やカロリー!おすすめ梅干し料理で熱中症予防!

私たちの食卓や、 コンビニのおにぎりなどにもよく使われている梅干。 昔から、風邪 …

数の子
数の子の栄養や効能、カロリーは?動脈硬化予防や、内臓脂肪を減少?

寒くなってくると唱えてしまう毎年恒例のこのフレーズ、「1年ってあっという間ねぇ」 …

くわい
おせち料理の慈姑(くわい)の意味や由来は?作り方や栄養や効果は?

くわいとは、どのようなものか皆さんはご存知でしょうか。 今回は、くわいの名前の由 …

しらたき 糸こんにゃく
しらたきの栄養やカロリーは?効果は?糸こんにゃくやマロニーの違い

お鍋や煮物など、冬の季節には登場の機会が多いしらたき。 味がしみ込んだしらたきっ …

女王蜂
ローヤルゼリーの栄養の効能は?副作用は?後遺症が残る可能性は?

ローヤルゼリーは、 女王蜂のみが食べることのできる特別な食事で、 若い働き蜂が花 …