くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

びわの栄養やカロリーは?効能は?お茶も妊婦にうれしい効果が!

びわ

びわには、葉っぱにもエキスが含まれており、
果物単品としても、幅広く取り入れられています。
カロリーなど、ビタミンも
豊富なビワについてももっと知っていきたいと思います。

スポンサーリンク

びわの栄養成分は?びわの効能は?

びわには、β-カロテンという栄養成分をたっぷり含んでおり、
私たちの体内でビタミンAへと転換されます
髪の健康維持や、
視力低下の防止、
皮膚の再生など、
多くの面で活躍してくれるんです。

実は、葉っぱにも役割がありまして、
腰痛などの患部に当てると効果がある
とされていて、昔から民間療法に使われており、
最近では、ガンにも効果的ということが
明らかになってきているのです。

これからの季節、秋から夏場にかけても
食べごろの時期になります。

びわ茶などの品物もどんどん進出してくる
ことかと思います。

ほかにも、ポリフェノールもたっぷり含まれています。

栄養素の高いびわは、子供から大人にかけて
幅広く愛されている果物だと思います。

スポンサーリンク

びわのカロリーは?

びわのカロリーは可食部に関しては
約40キロカロリー
ぐらいです。

昔から薬効があるのは皆さんご存知かと思いますが、
マメ知識として、医者の庭には必ずと言っていいほど
びわの木が植えられていると謳われていたくらいなんです。

痛みをも和らげる効果をもつびわは、
実も種も葉にもどの部分に関しても、
役割がきちんとあるので、
全ての部位がとても貴重なんだと思います。

 

妊婦さんのために、
葉っぱのエキスを使って茶などの
いろいろなシリーズが販売されています。

今の時代、びわは結構高級な果物の一員だと思います。
収穫時期には必ず食したい果物の一種ですね。

びわの栄養・妊婦さんに良い?

もちろんびわは妊婦さんの味方です。
いま、妊婦さん用の茶なども多く販売されており、
体調の変化が著しい妊婦さんにとっても
万能薬と言ってもいいくらいなんです。

妊娠期間というのは、便秘になりやすかったり、
何よりも体調を崩してしまった時に、
薬が飲めないので、まさにその代わりの
役割を果たしてくれるのです。

このびわのエキスを使ったびわ茶は、
ノンカフェインなので、
妊婦さんの体にはもってこいの
成分がたくさん入っているんです。

びわ茶に関してはかなりの低カロリーなので、
とっても女性には好まれている飲み物となってきています。

赤ちゃんを構成してくれるカルシウムなども
含んでいますので、赤ちゃんの生成にとってもいいのです。

レモングラスの効能?妊婦さんには良くないの?

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , , , ,

  関連記事

エリンギ
エリンギの栄養!美容やダイエットには?妊婦や子どもにも良い効果が!

ダイエットのためのレシピで必ず「かさ増し」食材として登場するのがきのこです。 い …

トマト
チョッピーノスープとは?作り方やおすすめアレンジレシピは?

コストコで今人気のチョッピーノスープを知っていますか?チョッピーノスープはどんな …

油
食用油の賞味期限!未開封では?開封後はどのくらい?処分方法は?

食用油は、使うのを忘れて戸棚の中にしまってあったり、使っているうちにいつのまにか …

油
えごま油の効能や摂取量は?妊婦やうつ病・認知症にも嬉しい効果!

最近なにかと身体によい植物油が注目されていますが、 その中に「えごま油」がありま …

玉ねぎ
玉ねぎの保存方法!常温・冷蔵・冷凍?吊るし方のコツ!保存食は?

じゃがいもやにんじんと共に、ご家庭に常備されている方も多い玉ねぎ。みなさんはどう …

豆腐
豆腐の食べ過ぎは下痢や病気に?ダイエットは?妊娠中は?

カロリーが控えめで腹持ちもいいので、ついダイエットや健康の為にと食事に、豆腐を食 …

リコリス
まずい!リコリス菓子とは?その効能は!サルミアッキ?日本で買える?

海外旅行に行って家族や友達に お土産を買うというのは普通です。 お菓子は年齢・性 …

ビーツ
ビーツの栄養やカロリーは?効果は?妊婦には?にんじんと比較!

ビーツとは、英名でビートルート、テーブルビート、レッドビートと言い、和名はカエン …

ハンバーグとニンジングラッセ
にんじんのグラッセのレンジの簡単な作り方!保存方法や離乳食には?

ハンバーグなどの肉料理の付けあわせの定番に 人参のグラッセがあります。 にんじん …

ヤーコン
ヤーコン茶とは?入れ方、作り方は?栄養や効果は?副作用は?

ヤーコン茶とはどのようなものか、皆さんはご存知でしょうか? 初耳の方もいらっしゃ …