くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

男性の貧血の原因にはどんな病気がある?貧血予防や改善に良い食事は?

頭を押さえる男性

「貧血」と言えば女性に多いイメージです。

特に、20代の女性の内20%が貧血と言われています。

女性の貧血の原因は、鉄分不足がほとんどです。
一方、男性は鉄分不足による男性の
鉄欠乏性貧血は多くありません。
ここでは、男性の貧血について探っていきます。

スポンサーリンク

男性の貧血の発見には検査が欠かせない

男性には、そもそも鉄分を失う機会が少ないのです。

そのため、女性に多い
鉄欠乏性貧血になる確率は低くなります。

それでも、貧血であった場合、
重篤な病気が原因という可能性があるので
注意が必要なのです。

ですから、40代、50代で貧血と診断されたら要注意です。

では、男性が貧血になるのはどういった時なのでしょうか?

20代~30代の一人暮らし男性などは、
偏った食事・ダイエットなどで
鉄欠乏性貧血になる場合があります。
胃が弱って、鉄を吸収できなくなることで起こりうるのです。
鉄欠乏性貧血の場合には、
なども考えられます。

または体内での出血です。
その際は、肝臓や胃腸の病気が疑われます。
ビタミンB12や葉酸が不足しても赤血球の異常が起こり
貧血を引き起こします。

手足のしびれや舌の痛みを伴う萎縮
軽度の黄疸といった症状が出ます。

また、骨髄そのものに障害が起こり、
赤血球がうまく作られず貧血になる
ことがあります。
10代の子どもにしばしば発症します。

貧血は、
赤血球数、ヘモグロビン濃度、
ヘマトクリット値で決まります。
成人男性の場合、
赤血球1μl(パーマイクロリットル)中450万以下、
ヘモグロビン1dl中12g以下、
ヘマトクリットは35%以下の数値が出たら貧血と診断されます。

スポンサーリンク

男性の貧血で疑われる病気とは?

男性が貧血になった時疑われる病気には、
肝炎、肝硬変、肝がん、
胃・十二指腸潰瘍、
胃がん、大腸ポリープ、大腸がん
などがあります。

これら肝臓、消化器系の病気では貧血が合併症として現れます。
患部からの出血が原因と考えられます。

慢性腎不全の人には腎性貧血が見られます。

腎臓で作られる造血因子が減ることで、
赤血球も不足するために起こります。

男性には少ない病気ですが、
慢性関節リウマチでも軽~中程度の貧血になります。

原因は複合的ですが、
治療のための消炎鎮痛剤が
胃を荒すことが大きな原因
と言われています。

他にも赤血球が壊れやすくなったり、
うまく作られないといったことが考えられます。

悪性腫瘍、いわゆるガンでも貧血を起こします。
患部から出血する胃がんや大腸がん、
血液の腫瘍である多発性骨髄腫などで、
症状が顕著です。

男性の貧血を改善は食生活から!

上で書いてある様々な病気や、
慢性感染症による貧血や悪性腫瘍による貧血は、
お医者の治療でしか対処のしようがありません。

偏食やダイエットによる、
鉄欠乏性貧血
自身での予防・改善ができます。

貧血予防には吸収率の高い鉄のほか、
悪性貧血の原因となる
ビタミンB12や葉酸の不足も補うことが必要です。

これらを補うことで、
酸素を運ぶヘモグロビンの生産量が上がります。

貧血の予防にはサプリメントの前に
まず食事から改善したいところです。
鉄やヘモグロビンの材料となるたんぱく質や、
鉄の吸収を上げるビタミンCを摂取しましょう。

鉄もたんぱく質も多い食品には、
レバー、カツオなどの赤身の魚、
あさりや牛肉
などがあります。

ビタミンCを摂るなら、
緑黄色野菜やフルーツ
が良いでしょう。

ビタミンB12はレバー、
魚介類、チーズ
で摂取できます。

葉酸はホウレンソウ、アスパラガス、
ブロッコリー、納豆
などに含まれています。

レバーやホウレンソウ(緑黄色野菜)が貧血予防に非常に有効なことが分かりますね。

動物性食品と植物性食品を、
バランス良く組み合わせて食べることが大事です。

ご自身の症状やその日の食事に合わせて、
これらの中から足りないものを
サプリメントで摂るのも良いと思います。

ほかには体内で赤血球を作るためには、
ビタミンB群なども良いでしょう。

貧血予防を謳ったサプリメントには、
これからが網羅されているものもありますので、
うまくサプリメントを利用したいですね。

スポンサーリンク

 - 健康・医療 , , ,

  関連記事

大腸内視鏡検査
大腸検査までの流れ!前日の食事は?当日の食事制限や注意すること!

大腸がんは、胃がんと同じく症状が出たときにはかなり症状が進んでいます。 症状があ …

喉を押さえる男性
のどが痛い時ははちみつ・玉ねぎ・大根で対処を!授乳中や妊婦も安心

喉が痛い、そんな時にはこれを食べてみよう! エアコンを付けたまま寝てしまったり、 …

赤ちゃん授乳
赤ちゃんの脱水症状!ミルクを飲まない・おしっこが出ない時は要注意!

脱水症とは、 体のなかの体液が不足した状態のことです。 体液には水分や電解質が含 …

女性
肛門のかゆみの主な原因とは?市販薬は?何科を受診?

毎日お風呂に入って清潔にしているはずなのに、肛門がムズムズ痒くなることはありませ …

喉がかゆい
喉がかゆい!アレルギー?風邪?花粉?耳まで痒くなる原因や対処法は?

喉がかゆくて何をしてもおさまらない! 花粉症なのかアレルギーなのか・・・? 集中 …

水いぼ
大人の水いぼはウィルス?できやすい部位は?治療方法は?

水いぼは、主に子供にできるいぼです。 しかし免疫力が落ちた時など、 大人でも子供 …

点滴
がんの免疫療法の効果は?費用はどのくらい掛かる?がん保険は?

がんは日本人の二人に一人がかかり、死亡率も第1位の病気です。手術や抗がん剤治療、 …

赤ちゃん
ロタウィルスの予防接種は必要?副作用は?腸重積?費用は?授乳中は?

重症になりやすい「ロタウイルス」予防接種が任意であることから、受けさせるべきかど …

注射
にんにく注射の効果とは?持続期間は?副作用や後遺症は?点滴の違い

「にんにく注射」。名前は知っているけれど、実際どんなものなのかは知らない、という …

塗り薬
乾癬とは?原因は?何科へ受診?症状や治療方法や薬は?食事制限は?

皮膚トラブルの一つである乾癬の原因とその主な症状や治療法の他に、食事についてもご …