くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

明日葉の栄養や効果は?むくみ予防やセルライト除去に効果的!!

明日葉

普段、食事の栄養やバランスは気にしていますか?
カロリーやビタミン・食物繊維など、
気になっている方は多いのではないでしょうか。

なかには、カロリーは把握していても、
食材の栄養成分を把握するのはなんだか苦手で、
という方も少なくないのではないでしょうか。
一日の食事の中で足りなかった
栄養成分がよくわからなかった方、
「明日葉」はご存知でしょうか。

スポンサーリンク

明日葉とは?栄養豊富で食物繊維がたっぷり

”今日葉を摘みとっても明日には芽が出ている”
この生命力の強い性質が名前の由来です。

日本原産のセリ科の植物で、
房総半島から紀伊半島、伊豆諸島の
温暖な地域に自生しています。

ビタミン・ミネラル・食物繊維・
カルシウム・、鉄分・カリウム・カロテン・

多くの栄養成分をバランス良く、
しかも豊富に含んだパワー溢れる植物なのです。

食物繊維は、青汁の定番として
知られているケールの1.5倍
も含まれています。

スポンサーリンク

明日葉の特徴は?成分は?

明日葉の大きな特徴として
「カルコン」「クマリン」という成分があります。

明日葉を切ると、断面から黄色い汁がでてきます。
この中には「カルコン」という
天然ポリフェノールが含まれています。

明日葉の強い生命力に関連していると注目される、
明日葉にしかない稀少成分です。

カルゴンはメタボに効果的

カルコンは、抗メタボホルモンとも呼ばれる
アディポネクチンという超善玉ホルモンを生産します。

アディポネクチンは肥満の抑制に効果があります。

内臓脂肪が増加するとアディポネクチンが減少します。
この現象が、メタボリックシンドローム発症に
繋がることが明らかとなりました。

つまりアディポネクチンを増加させることは、
メタボリックシンドロームの予防となるのです。

クマリンはセルライト除去・認知症予防に効果的

「クマリン」の成分は、
セリ科の植物などに含有されています。

血液を固まりにくく、さらさらにするする作用がありますので、
脳梗塞や心筋梗塞の原因のひとつである
血栓を防いでくれます。

そして、血液の循環が良くなることで
リンパ液の循環や血流を改善し、
むくみが原因となって出来てしまう
セルライトを除去する働きにつながります。

抗菌作用や抗酸化作用があるので、
老化の原因といわれる活性酸素を除去し、
老化を防ぐ働きがあります。

またクマリンには、近年では
アルツハイマー型認知症の予防効果が期待されています。

その他の栄養素による効能は?

他の特徴として注目されるのが、
ビタミンB12です。

ビタミンのなかでも、
ビタミンB12を含有する植物は、明日葉だけです。

ビタミンB12は、
肉や魚介類、卵、乳類などの動物性食品には多く含まれますが、
原則、植物性食品には含まれていません。

このビタミンB12は、
欠乏により起きる病気として、悪性貧血が有名です。

多くの人に見られる症状としては、
ビタミンB12不足による慢性の疲労感です。

他には、神経の伝達、修復に必要とされ、
腰痛や肩こりの緩和に必要な成分です。

また、不足すると触角や痛覚の異常(無感覚)、
耳鳴り、物忘れなどが生じてきます。

明日葉の食べ方は?

明日葉は、
刻んでお味噌汁やスープに入れたり、
油で炒めたり、茹でたり、
様々な方法で調理することができます

栄養素は葉より茎に多く含まれているので、
葉だけではなく茎までまるごと
使って調理することがポイントです。

味には独特の苦みがありますが、
この苦味が気にならない方は、
ご家庭のミキサーを使って明日葉ジュース
作れば無駄なく手軽に明日葉の栄養をまるごと
摂取することができます。

ジュースにする場合は、明日葉の繊維が残らないよう
濾してから飲むと、口当たりよく、
より飲みやすくなります。

苦味が苦手な方や、もっと手軽に摂取したいと
お考えの方には、サプリメントや
明日葉の青汁はいかがでしょうか。

種類や形状もいろいろとありますので、
お好みに合わせて選ぶことができます。

明日葉を普段の食生活にプラスすることで、
不足しがちな栄養分を補えるだけではなく、
美容と健康にも大きな味方となってくれます。

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , ,

  関連記事

オートミール
オートミールとは?栄養やカロリーは?ダイエット効果?効能は?

アメリカ映画などで朝食としてよく見るオートミールですが、日本人には知ってはいても …

おせち料理とお雑煮
お雑煮の簡単なつくり方と地方のお雑煮紹介

今年ももう残すところあと少しとなりましたね。 ついこの間まで暑い暑いなんて言って …

みょうが
みょうがの栄養成分・カロリーは?どんな効果がある?妊婦さんには良い?

暑い季節、みょうがを素麺や冷奴の薬味として召し上がる方が多いのではないでしょうか …

ぬか漬け
ぬか漬けの食べ方、きゅうりや水なすは?サンマやニシンは?洗う?

ぬか漬けは古くから日本にある発酵食品であり、 ぬかによる美容効果や便秘解消といっ …

ズッキーニ
ズッキーニの栄養やカロリー!効果は?加熱は?妊婦や子供には?

ズッキーニは、日本ではあまり、なじみのないお野菜ですが、 その栄養成分やカロリー …

玉ねぎ
玉ねぎのアレルギーの症状は腹痛や下痢・吐き気・頭痛!生や離乳食では?

あらゆる料理に使われる「玉ねぎ」体にとてもよく血をサラサラにするということでも食 …

年越しそば
年越しそばの意味 由来は?いつ食べる?タイミングは?

1年の締めくくりの食べものといえば「そば」。 「年越しそば」ですよね。 大晦日の …

納豆
納豆の成分や栄養価・効果とは?挽き割りは?混ぜる回数で変わる?

納豆は栄養がある!といいますが、 実際栄養ってどんなものが含まれているか みなさ …

ブラッククミンシード
ブラッククミンシードとは?栄養成分やカロリー!効果は?食べ方!

「死以外には何でも効く」といわれる 万能薬、ブラッククミンシードの栄養や効能とは …

ブロッコリー
ブロッコリーの茹でる場合、生の場合の冷蔵・冷凍の保存方法!期間は?

ブロッコリーはとても栄養価の高い野菜です。 含まれている栄養素は 風邪の予防や …