くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

7月の誕生石のルビー由来や効果は?パワーストーンでは何がある?

ルビー

誕生石ってありますが、
どういった意味でその石が
当てはめられているかご存知ですか?

いわゆる宝石なのですが、
中にはパワーストーンとも言われていますが、
古くよりそうした天然石には
エネルギーが宿るといわれています。

では!今日は7月の誕生石の意味について
くわしく紹介したいと思います!

スポンサーリンク

7月の誕生石の意味、由来は?効果とは?

7月の誕生石には「ルビー(紅玉)」
「カーネリアン(紅玉髄)」といった
誕生石があてはめられています。

 

夏の暑い季節の太陽をイメージしている
赤やオレンジが魅力的です。

 

ルビーは、不滅の炎を表す意味と、
血の色を連想させる面で出血や
炎症の病から守ると考えられ、
不死身の力を授けるという意味もあります。

 

カーネリアンは、古来より護符として
その力は認められ重要視されていました。

 

邪気から身を守り、

真実を見抜く力を与えてくれる石とも。

7月にこの石が当てはめられた理由は
古く宝石商が定めたもので、

起源は新約聖書に記されている
エルサレムの城壁の土台に飾られている
宝石にちなんでいるという説が有力の様です。

スポンサーリンク

7月の誕生石の意味、ルビー以外には?パワーストーンは?

7月の誕生石はルビー以外に、
さきほど紹介したカーネリアンがありますが、

近年人気の”パワーストーン”では
インカローズが当てはめられています。

 

過去を癒し、未来をもたらす意味を持ち、

ロードクロサイトや菱マンガン鉱などとも呼ばれています。

 

由来などは誕生石よりも更に意味はこれといった
強くこの石はこの月のもの!という由来はなく、

誕生石やパワーストーンどちらにおいても
実際には由来や加護など全く関係がなく、
宝石商の販売策略であると言われています。

 

誕生石は国に寄っても様々異なり、
1912年米国宝石商組合で定めたものを基にし、
1952年アメリカ宝石小売商組合や他団体にて
改訂されたものが基準になっています。

 

日本では1958年全国宝石卸商協同組合が制定し、
その後、追加がなされて現在にいたります。

 

そのため、石を持つ事は自分の叶えたい気持ちや
力のバランスで組み合わせて持てばいいと思います。

7月の誕生石の意味、プレゼントには?相場は?

贈り物に送り主の誕生石入のプレゼントをしたい
と考えることもあると思いますが、
こうした天然石は定価やクオリティによって
価格の変動があります。

また、パワーストーンを取り扱うお店で
並んでいる様な石の一般相場は2万円程度ですが、
数百円で購入出来るものはクオリティが低いものです。

ただ、どう感じるかによるので
その価値は人それぞれです。

女性であればネックレスやリング、

ピアスなどが贈りやすいと思います。

ブレスレットはオーダーメイドなども出来るので
石の意味などを考えて選ぶのもいいですね。

8月の誕生石ペリドット
についての記事も書いています。

スポンサーリンク

 - 誕生石 , , ,

  関連記事

ペリドット
8月の誕生石のペリドットの石言葉は?意味や由来や効果をご紹介

皆さん自分の生まれの誕生石って持っていますか? 女性であれば1つは持っているので …