くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

こごみの栄養やカロリーは?ゆで方や食べ方を説明!!おすすめレシピ

こごみ

春になると、あちこちの山で山菜が顔を出します。

今日は、その中でも比較的癖がなく老若男女に好まれる「こごみ」をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

こごみは正式名を「クサソテツ」と言い、
地域によってもずれがありますが、
3月から6月くらいまで全国各地の野や山で採ることが出来ます。
葉先がくるくると巻いていて屈んでいるように見えることから「こごみ」と呼ばれています。

こごみには、一つの株から一本しか芽が生えてこない「赤こごみ」と、
一つの株から何本も芽が生えてくる「青こごみ」があります。

よく見かけるこごみは青こごみが多いですが、赤こごみは味がよく青こごみより収穫量が少ないので幻の山菜とも言われています。

こごみの食べ方 下処理の仕方は?ゆで方は?

こごみはゼンマイやワラビと同じシダ植物で、
あまりあくがないので他の山菜のように
しっかりとあく抜きをしなくても食べられます。

しかし、根っこの方は固くて食べられませんので、
こごみを採る時には根っこの方から触ってみて
柔らかくなっているところからナイフで切り取るようにして下さい。

1.流水でさっとゴミを洗い流します。
ゴミを全部洗い流そうと思ったら、
先のぐるぐる巻いている部分を開いて流さないといけません。
触りすぎると、頭の部分が折れてしまいますので
あまり神経質になりすぎなくて構いません。
茹でる時に大体のゴミは浮いてきます。

2.30~40秒茹でます。
茹であがったら、氷水に浸けてから水切りします。

柔らかいので、茹ですぎると食感が悪くなってしまいます。
こごみの保存方法や期間は、新聞紙に包み袋に入れて冷蔵庫で保存すると2~3日は持ちます。

また、軽く茹でてから冷凍保存したり、塩漬けにしたりすると長期保存できます。

スポンサーリンク

こごみの栄養・カロリーは?

こごみのカロリーは5グラム(1本)で1キロカロリーです。
主な栄養素は、不溶性食物繊維、ビタミン、ミネラル、カリウム、βカロチンなどです。

特にβカロチンは緑黄色野菜と同じくらい多く含まれていて、
動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病予防になり、
免疫力を高める効果もあります。

また、不溶性食物繊維は腸の動きを活発にし、
身体に有害な物質を吸収して便として排出してくれます。

こごみの食べ方のおすすめレシピは?

天ぷら

水洗いしたこごみを水切りして衣をつけて揚げます。

ゴマ和え・マヨネーズ和え

下処理したこごみをマヨネーズで和えたり、すりごま、醤油、砂糖で味付けしたりします。

炒め物

適当な長さに切ったこごみを、ベーコンと一緒に炒め塩コショウで味付けします。

その他、パスタや酢の物、スープやみそ汁の具、炊き込みご飯にしてもおいしくいただけます。

これから山菜採りのシーズンがやってきますが、こごみを採る時には
親の枯れたような葉っぱがのこぎりのように鋭くなっていますので、手を切らないように注意して下さい。

それから、株ごと全部採ってしまわずに、来年の為に何本か残してあげて下さいね。

山菜といえば、
山菜ウドの栄養は?あく抜きの方法や保存方法は?

ふきのとう味噌の簡単な作り方や使い方は?オススメの料理レシピは?

という記事も書いています。

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ , , , , ,

  関連記事

竹の子
竹の子のあく抜き方法!糠がない時は?重曹や生米、米のとぎ汁を活用

春の訪れを感じさせてくれる筍、もういただきましたか? 期間限定の旬の竹の子、せっ …

きくらげナムル
キクラゲの栄養素、成分の特徴とは?カロリーや効能は?妊婦には?

コリコリとした食感の「キクラゲ」中華料理などに入っているのを見かけますね。 キク …

みょうが
みょうがの栄養成分・カロリーは?どんな効果がある?妊婦さんには良い?

暑い季節、みょうがを素麺や冷奴の薬味として召し上がる方が多いのではないでしょうか …

牛乳
牛乳の飲み過ぎは太る?病気やアレルギーは?幼児や子供の量は?

牛乳は古くから健康や子供の成長にと 欠かせないものとされてきましたが、 「飲み過 …

里芋
里芋の保存方法は?冷凍は?農家では土の中?保存期間は?離乳食では?

和風の料理では煮物や汁物が有名ですが 最近はコロッケにしたり 唐揚げにしたりグラ …

スイートポテト
スイートポテトの作り方、トースターやオーブンで簡単!人気レシピ

秋には旬を迎えるさつまいも、芋掘りなどでもたくさん手に入ったりしますが、そんな時 …

味噌汁
味噌汁の塩分、厚生労働省の一日の塩分量は?高血圧や妊婦には?

身体にいい「味噌汁」ですが、塩分の摂り過ぎにならないか心配になりますよね。 実際 …

マカダミアナッツ
マカダミアナッツオイルの栄養・効果?使い方・食べ方?注意点は?

一昔前は「油は体に悪い!」といった風潮が大勢でしたが、 昨今では、健康に美容に良 …

いちじく
いちじくの食べ方!生で?皮ごと?皮の剥き方!甘露煮、ワイン煮も!

8月上旬~10月下旬が旬のいちじく。 傷みやすく、流通量もさほど多い果物ではない …

じゃがいも
じゃがいもが赤やピンク、緑色に変色!防ぐ方法や保存・対処方法は?

切って残ってしまったじゃがいもが変色してしまった事はありませんか? じゃがいもは …