くらしの豆知識

健康、季節の話題、生活、美容、暦などのちょっとした豆知識などの情報を提供

*

しらたきで簡単ダイエットレシピ!パスタやご飯と置き換え

しらたき 糸こんにゃく

しらたきは低カロリーでダイエットの味方です。
しらたき自体はほとんど味に特徴がないので、
いろんなアレンジが効きそうです。
そしてカロリーが低い上に、
量も嵩増しできて満腹感も得られそうです。

 

しかし、炭水化物を3食全てしらたきに置き換えてしまうと、

エネルギーの元となる糖質が不足し栄養失調になりかねません。
またしらたき(こんにゃく)を食べ過ぎは、
腸閉塞を引き起こす可能性があります。
置き換えるのは、1日1食程度にして、
健康的でおいしいダイエット生活にしましょう。

スポンサーリンク

炭水化物をしらたきで置き換える!

摂取カロリーをグーンっと減らすためには、
炭水化物を減らしたいですよね。
でも、ダイエット中でも炭水化物がどうしても我慢できない!
という人はしらたきで置き換えましょう。
炭水化物をしらたきで置き換える際にはポイントがあります。
それは、アク抜きをきちんとすることです。

 
アク抜き済みのしらたきも売っていますから、
こちら使えばあまり気にすることはありません。
もうひとつは、アク抜きしたしらたきを乾煎りすることです。
チリチリっと音がするまで、炒めましょう。
アク抜きと乾煎りをしっかりすることがおいしくするコツです。

 

こんにゃく独特の臭みが取れます。
食感もそれらしくなので、
ちゃんと違和感なく満足感を得られるはずです。
食感やのど越しを楽しいメニューのときは、
アク抜きをきちんとして乾煎りしない方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

簡単ダイエットレシピ!しらたきでパスタ

パスタ大好き!でもカロリーが高いから、
ダイエット中はパスタは我慢する、という人も多いと思います。
そこで、パスタの替わりにしらたきを使いましょう。

 

しらたきを食べやすい長さに切ったらアク抜き+乾煎りします。
一番簡単なのは、市販のパスタソースを使うことです。
お腹が空いたらすぐに食べられるので、
無駄に食べずに済むという利点もあります。

 

たらこスパゲッティもカロリーが低くできるので、
おすすめです。
マヨネーズとしらたきを炒めて、
それにたらこや明太子(ふりかけでも良い)を混ぜます。
あとは青じそやのりを乗せればできあがりです。

 

しらたきにすると、
普通のパスタでは高カロリーなカルボナーラやクリームパスタも、
安心して食べられるのもいいところです。
むしろ、しらたき自体にはあまり味がないので、
バターや生クリーム、マヨネーズなどで、
少し濃厚な味付けにしたほうがおいしくいただけます。

満足!しらたきでご飯

日本人はやっぱりお米ですよね。
お米を我慢するのはつらい!
そんなときは、「かさまししらたきご飯」です。

 

通常のご飯を炊くのと同じように、
お米を水を炊飯器にセットします。
しらたきはアク抜き+乾煎りをしっかりしたら、
お米とあわせて違和感のない細かさのみじん切りします。
これを先ほどセットした炊飯器に混ぜて、炊くだけです。
お米としらたきの割合は、
お米1合に対して、しらたき80~100gくらいがいいと思います。

 

しらたきの量を増やしても水加減は変わらないので、お好みで調整してください。
このご飯なら、
どんぶりものやオムライス、炒飯なんかも我慢せずに食べられますね。

 

または、しらたきご飯で雑炊にすると量もカロリーも抑えられます。
でも、だしが効いておいしく食べられるのがポイントです。
このしらたきご飯を毎度用意するのも面倒です。
冷凍保存できたらいいですよね。

 

しかししらたきは冷凍して解凍すると少し硬くなります。
解凍しても炊き立てのようなもちもちした食感ではなくなります。
とはいえ、ごはんと混ぜた場合は、少し硬いかな?という程度です。

 

もし気になる人は食感がある雑穀米などを混ぜて炊くと良いかもしれません。

しらた木の栄養やカロリーは?

しらた記のダイエットレシピ1と結び方

っていうページも書いています。

一つのレシピだとどうしても飽きやすくなるので、

白滝を使った色々なレシピを試してダイエットしてみてください。

スポンサーリンク

 - 食材・料理・レシピ ,

  関連記事

蜂
蜂の子の栄養!効果は?耳鳴りが改善?サプリメントでの副作用は?

蜂の子は、 古来より貴重なタンパク質の栄養源とされてきました。 世界各地で食され …

トマト
チョッピーノスープとは?作り方やおすすめアレンジレシピは?

コストコで今人気のチョッピーノスープを知っていますか?チョッピーノスープはどんな …

玉ねぎ
玉ねぎの栄養やカロリー、効果は?加熱したり、水にさらすとどうなる?

生でも煮ても、焼いても、炒めてもおいしい玉ねぎ。 料理の隠し味としても大活躍の、 …

竹の子
竹の子のあく抜き方法は糠!!鷹の爪は必要?保存方法や保存期間は?

春の訪れを感じる食材といえば筍(竹の子)。 天ぷらに、煮物に、筍ご飯もおいしいで …

トマトジュース
トマトジュースの効能とは?肌や育毛の効果?メタボ対策や血圧にも良い効果が!

トマトを使った健康法や美容法など 色々あり注目されている野菜ですが、 なかなかト …

コーヒー
カフェインは交感神経を刺激、覚醒・血管拡張の効能!副作用の危険性も!

私たちの身近にあるカフェインは、 眠気覚ましや、 日頃の水分として摂取することが …

生姜湯
生姜湯の効能は?風邪や喉の痛みへの効果は?飲む時間はいつ?妊婦は?

冷え性解消など身体を温める飲物として おすすめの「生姜湯」 生姜はそのまま食べる …

ぜんざい(善哉)
ぜんざいの100gあたりのカロリー!栄養や効能は?井村屋や赤福は?

和のスイーツの1つである”ぜんざい” 美味しいけどやっぱり気になるカロリー 和ス …

豆乳
豆乳ヨーグルトの簡単な作り方!玄米や乳酸菌、ケフィアでは?効果は?

ヨーグルトは牛乳だけに限らず、豆乳からも作れるのはご存知でしょうか? 大豆製品は …

アーモンド
アーモンドのカロリーや栄養や効果と注意点は?妊婦や子供には?

最近、健康や美容によいとしてアーモンドミルクが話題になっていますね。 その原料で …